実習指導者研修は受けるべき?臨床指導者のプロを目指すために必要な資格とは?

スポンサーリンク

f:id:pilattu0730:20170705000511j:plain

看護学生の憧れの的、それが臨床指導者。

 

でも、実際やってみると大変だし、人に教えるって難しいなって感じますよね。

 

教員免許を持っているわけでもないし、そもそも人に教えるノウハウなんて習ってない!

 

そうなんですよ。教える方法を改まって教わったことがないから学生指導は難しいと感じてしまうんです。

 

 

それなら、教わったらいいと思いませんか?

 

各都道府県の看護協会や看護大学、大規模病院が主催する実習指導者研修というのがあります。

 

わたし「Yuki」も今を去ること5年前、この研修に参加しました。

 

今まで受けた研修の中で一番身になっているし、楽しかったし、受けて良かったと思っている研修です。

 

今日はこの研修を受けると、どんないいことがあるかをご紹介していきますね!

実習指導者研修とは?

f:id:yuki-1224_love30:20170615190642j:plain

実習指導を担当する看護師になるために、特別な資格がいるわけではありません。

 

多くの病院では、それなりに経験年数のあるスタッフが交代で担当していると思います。

 

しかし、実習指導というのは実はとても重要です。

 

どんな新人看護師が誕生するのかは、実習で決まるといっても過言ではありません。

 

本来は業務の片手間にやっていいものではないのです。

 

その重要性から、より質の高い実習指導者を育てようと誕生した研修が、実習指導者研修です。

 

実習指導者研修は、開催する団体により少しずつ研修内容や期間が異なります。

 

今回は、わたしが受けた実習指導者研修を中心にご紹介していきますね。

 

研修目的

看護教育における実習の意義及び実習指導者としての役割を理解し、効果的な実習指導ができるよう必要な知識・技術を修得する。

 

各主催団体によってその目的は少しずつ異なると思いますが、ベースとなっているのは厚生労働省が出している「保健師助産師看護師実習指導者講習会の実施要綱」です。

 

いつどこで開催されているのか

場所

各都道府県の看護協会、看護大学、大規模病院などで行われています。

 

受講資格

現在実習指導に携わっている人、もしくはその予定の人が対象です。

 

経験年数を3年以上や5年以上と規定しているところもあります。

 

期間

開催時期はその開催団体によって異なります。

 

実習指導者講習会の実施要綱で、その講習時間は240時間と定められています。

 

それを毎日朝から晩までの構成にし、40日にまとめているところもあれば、3クールに分けていたり、合宿タイプや週末のみの開催などスタイルは様々あります。

 

費用

無料のところもあれば3万円前後の費用が掛かるところ、1講義単位での授業料をとって部分的に受講することも可能にしているところなど様々です。

 

おそらく、合宿タイプはもう少し費用が掛かると思われます。

 

実習指導者研修で学べること

f:id:yuki-1224_love30:20170623105811j:plain

気になるその研修内容ですが、ベースは同じでも開催団体の特色によって少しずつその内容は変わってくるようです。

 

私が受けた研修では、主に以下の内容について学びました。

  • 教育原理
  • 教育心理
  • 教育方法
  • 教育評価
  • 看護論
  • 看護教育課程
  • 実習指導の原理と方法
  • 実習指導の評価
  • 実習指導の実際
  • 看護師二年課程通信制の教育制度

 

こうやって並べてみると興味をそそられませんが、結構、講義では看護とは違う教育を専門とする大学の先生の講義とかが多くて新鮮でした。

 

私が初めて「アサーション」という言葉に出会ったのもこの講習を受けたときでした。

 

アサーションとは自分の思い、感情、状況などをその場にふさわしい形で伝えてみようとすることです。

 

これって言葉にするとなんだそんなことと思われるかもしれませんが、じゃあやれてんのかい!って言われたら、なかなかできてないのではないでしょうか。

 

わたしはつい、いつも自分より他者を優先してしまい、自分のことを後回しにしてしまいます。

 

これには相手から攻撃されたくない、対立を避けたいという思いや自分を大切にする重要性を感じられていないということがあります。

 

しかしこれでは、例えば攻撃的な相手から強い要望があったときに言いなりになってしまいます。

 

そうではなく、自己肯定をしながら相手も否定しない伝え方を学ぶことで、自分の意見を正しく相手に届けることが出来るんです。

 

この研修では実習もある⁉

f:id:yuki-1224_love30:20170623105846j:plain

必ずというわけではありませんが、カリキュラムの構成によってこの研修では実習があります。

 

「実習」という響きだけでも拒否反応を起こしてしまうのが看護師ですよね。

 

わたしもこの実習というのは嫌で嫌で仕方がありませんでしたが、やってみたら他施設のことを知れたので、なかなか面白かったです。

 

なぜ実習があるのか

この実習の目的は、学生の心理を知ることにあります。

 

自分たちが学生であった頃の気持ちなんて、もう忘れているわけですよ。

 

だから、実習をやることであの頃の気持ちを再び思い出し、今自分の病棟に来ている学生さんたちの心理を理解しようというのがこの実習の狙いです。

 

そしてもう一つ、他施設での実習指導方法というのも経験することが出来るので、どんなふうに実習指導をしているのかを知る機会にもなります。

 

気になるその実習の内容とは?

一体どんな実習をやるのかというと、私が受けた実習では看護学生として自分が所属している病院とは異なる病院で3日間実習をします。

 

その病棟の指導者さんにも看護学生として扱ってもらいます。

 

受け持ち患者さんを1人決めてもらい、1日の行動計画発表から始まって、指導者さんと共にケアをしたり、カンファレンスをしたりとにかく学生と同じ行動をします。

 

とは言え、指導者さんもやりにくいですよね。

 

だって、相手はそれなりに経験年数のある看護師ですから。

 

指導をするって言ったってそんなツッコミどころのあるプランなんて立ててくるはずもないですから、取り立てて指導するところもないですよって感じです。

 

でも、勝手の違う別の病院ですから、例えば清拭一つにしたってどこにタオルがあって使い終わったらどこに片付けるのかとかいちいち聞かないと分からないし、方向音痴な私はいつも迷子になってました(笑)

 

記録に関しても、1日の行動計画の用紙と簡単なアセスメントシートの用紙が指定されていてそれを毎日手書きで提出です。

 

さすがにもう徹夜するほどではありませんが、手書きですし、それなりに時間はかかりました。

 

実習をやってみた感想

たった3日間だったのに、とても長い3日間でした。

 

普段は少なくても6人とか日勤で看てるのに1人ですよ。

 

すぐやることなくなっちゃいます。下手にうろうろしてると患者さんからスタッフだと思われて声掛けらるし。

 

その病棟に居てもなんとなく手持無沙汰で、ふわふわくらげのように浮遊している感じとか、指導者さんにいつ話しかけようかとタイミングをうかがう感じとかは本当に懐かしく感じました。

 

そうそう、こんな感じだったなぁって思いました。

 

学生の頃に感じていたことを思い出すという意味では、とても大成功な実習だったと思います。

 

一部では、ある程度経験年数のある看護師が学生の真似事して何になるんだって意見もありましたけどね。

 

この研修を受けるメリット・デメリット

f:id:yuki-1224_love30:20170623110130j:plain

私がこの研修を受けて良かったと感じたことや、大変だったことをまとめてみます。

 

よかったこと

幅広い知識を得ることが出来た

講師として来てくださる先生方は、看護師だけではありません。

 

教育学や心理学の大学の先生や、教育政策研究所の総括研究官という肩書の方など、多岐にわたります。

 

聞き飽きた看護のフレーズとは、ちょっと違う視点から学ぶ教育学や心理学は非常に面白かったです。

 

こうした知識やスキルは学生指導だけでなく、新人教育や患者指導の場面でも役に立ちます。

 

時には日常生活でも使えるなと思うものも。学校の先生になるのも悪くないかもなぁ…なんて少し思ったりもしました。

 

学生気分が味わえた

毎日、朝から夕方まで授業の日々。こんな毎日は、看護学校での生活以来のことです。

 

気分は学生でした。仕事のように残業があるわけでもない。

 

毎日決まった時間には終わって帰れる。これだけでもどれだけ幸せだったことか。

 

しかも、毎日勉強してそれでお給料もらえてるんだから、なんてありがたいんだ!と思うと同時に、お金貰って勉強してるんだから、ちゃんと学ばなくちゃというプレッシャーも少しはあったり、なかったり。…いや、あったり。

 

他施設の看護師と出会えた

いろんな病院から看護師が集まってくるので、とてもいい情報交換の場にもなりました。

 

わたしは5年目の時にこの研修受けたので、同じ研修生の中では一番経験年数が浅く、皆さん先輩ばかりだったので、余計にいい刺激を受けました。

 

他施設の看護師と世代を超えて友達にもなれたりして、今でもその人たちとはつながっていますし、プライベートでフェスに一緒に行ったり、飲みに行ったりする遊び友達になりました。

 

違う施設の人だからこそ、素直に言えたり相談できたりすることもたくさんあって、そういう仲間を作ることが出来る場としても、この研修は価値があると思います。

 

通常業務から離れ、気分転換になった

いつもの慌ただしい日常と違い、毎日規則正しいリズムで生活できるし、時間に追われることもない。

 

患者さんの事、同僚の事、医師の事、全部一旦忘れて目の前の学習だけに集中できる環境は本当にありがたかったし、とてもいい気分転換になりました。

 

命を預かる緊張感も忘れて、こんなに楽しい毎日を送れたのは何年ぶりだろう!って感じでした。

 

夜勤からの解放というのも大きかったですね。

 

毎日、夜寝て朝起きる生活をしていたら、体調もすこぶるよかったです。

 

夜勤なんて、やっぱり寿命を縮める働き方でしかないですね。

 

大変だったこと

事前課題や宿題が出る

授業だけの時は、宿題が出るといっても数枚のプリントを事前に読んで来いとかそれくらいでした。

 

でも、実習中は学生と同じような記録も書かなくてはいけないし、後半はずっとグループワークによる演習なんですが、それが時間内だけでは到底終わらなくてみんなでファミレスとかで作業をしたりとかしてましたね。

 

まぁ、それはそれで楽しい思い出でもあるんですけどね。

 

満員電車での通学

わたしの場合、通学に1時間くらいかかっていましたし、しかもものすごい満員電車。

 

もう駅員が各ドアの前でスタンバイしていて、毎回ドアが閉まる前に人を押し込むレベルの満員電車でした。

 

わたしは当時、病院の敷地内にある看護師寮に住んでいて、通勤ゼロ分生活だったのでこれは堪えました。

 

毎朝の通勤だけはずっと憂鬱でした…

 

研修の合間で病棟勤務に戻った時の患者把握

わたしが受けた研修では、全スケジュールを3クールに分けて行うスタイルだったので、2週間くらい研修に通っては2週間病棟で働いて、また2週間くらい研修に通う…というスケジュールでした。

 

そうすると、研修と研修の間に病棟勤務に戻ると、急性期の病院なんでまぁ、患者の大半が入れ替わっているんですよね。

 

浦島太郎状態で、患者さんの把握が大変でしたね。病棟勤務に戻った初日が夜勤とか鬼かと思いましたよ。

 

実際の指導の場で役立てたこと

 

f:id:yuki-1224_love30:20170623110957j:plain

この研修を受けてわたしが学んだことから、病棟で取り組んだことはいくつかあります。

 

わたしが大切だと思ったことは、実習環境を整えるということです。

 

それは実習に必要な物品を確保するというようなハード面だけではなく、病棟スタッフ全体で実習指導を受け入れていくというようなソフト面においても改善してく必要があると考えました。

 

また、学生さんとの人間関係の作り方についても、意識して変えていかなくてはいけないと感じました。

 

そうしたことを踏まえて、私が病棟で取り組んだ4つのことをご紹介します。

 

病棟全体で学生指導を受け入れる雰囲気づくり

それまで問題だったのが、実習指導に関わる人以外のスタッフの無関心さでした。

 

わたしがいた病院では、実習指導に関わるスタッフは固定されていて、それ以外のスタッフが実習に関わることはほとんどありませんでした。

 

そうすると指導の質は保てても、病棟全体で学生さんを受け入れるという雰囲気作りがうまくいきませんでした。

 

そこでまずは、学生さんの挨拶の時には全員手を止めて、学生さんの方を向いてもらうということを徹底してもらうように声掛けしていきました。

 

実習が始まる前には、どういう実習で何人の学生さんが来て、どの患者さんを担当しているかということを病院内のメールでみんなにお知らせしたりもしました。

 

休憩室では、学生さんがこんなことをやったよという話もするようにしていきました。

 

そうすると、次第に実習指導に関わる人以外のスタッフから、さっき学生さんがこんなことしてたよと報告してくれたり、廊下で困っている学生さんに声をかけてくれたりするようになりました。

 

実習に必要なアイテムを確保する

学生さんが使う用の物品にはすべて学生用というシールを貼り、置き場も別にしました。

 

そうすることでスタッフが勝手に使うということがなくなり、学生さんも自分たち専用の物品が揃っていることで安心して使うことが出来ます。

 

普段はIC部屋として使っている面談室を、学生の記録室として実習中は使用してもらうようにしました。

 

こうすることで病棟内で身の置き所がなく、ふわふわと漂う学生さんというのがなくなり、居場所を確保することができるようになりました。

 

これも学生さんにとっては安心感につながります。

 

ウェルカム意識を伝える

実習が始まる前にウェルカムボードを作成し、そこに一人一人の名前を書いて「ようこそ○○病棟へ! 」みたいな看板を学生さんのロッカーに貼ったり、週初めの月曜日にはロッカーに「今週も頑張ろう!」というようなメッセージを貼ったりというように、実習指導者一同で学生さんを歓迎しているという意思を伝えるようにしていました。

 

待ちの姿勢をやめる

指導をするときにも、研修で学んだことから意識していることがあります。

 

学生さんの名前を覚えて、ちゃんと名前を呼ぶようにすること。

 

こちらから関係を作っていく努力をするんです。その一つとして名前を覚えて呼ぶことで学生さんは自然と心を開いてくれるようになります。

 

学生さんからのアクションを待つのではなく、こちらからアプローチしていくことも意識しました。

 

昔は指導者は学生から声をかけられるまで待っていたり、カンファレンスでも意見が出るまで沈黙になっても、待ち続けていました。

 

しかし、それでは学生は委縮するばかりでいい効果は得られません。

 

ただでさえ、コミュニケーション能力があまり高いとは言えない、まだ未熟な学生ですから、こちらから声をかけたりカンファレンスで話を振ってあげたりすることが大切です。

 

その方がカンファレンスも意見が出て盛り上がったりするんですよ。

 

まとめ

冒頭でもお伝えしましたが、実習指導者が学生指導を難しいと感じるのは教育について学ぶ機会が無かったからです。

 

そのために指導方法も、いつも手探りで根拠を持った指導が行えていなかったのです。

 

実習指導者研修では教育を基礎から学び、今の若者の特徴にあった指導の方法を学ぶことが出来ます。

 

なので、これから学生指導をする上でとても役に立つ研修であることは間違いありません。

 

今のところ、この研修を受けたからといって何かのライセンスになるということではありませんが、病院によってはこの研修を受けた人が実習指導に携わるもの、と定めているところもあるようです。

 

そして、この研修で学べることは学生指導のみならず、様々な場面で役に立つ知識ばかりなので、看護師としてのレベルアップにも役立つこと間違いなしですよ。

 

あなたも学生指導に悩んでいるのなら、実習指導者研修、受けてみてはいかがでしょうか。