読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師の仕事は大変!でも、やりがいもすごく感じる、6つの理由とは

スポンサーリンク

f:id:pilattu0730:20161010135208j:plain

 

こんにちは。美容外科ナースのりえです。

 

わたしは病棟勤務は3年半で退職し、現在、美容外科で働いているのですが、病棟勤務…

 

思っていた以上に大変でした。

 

何が大変かって、夜勤があって、身体的にもハードだし、自分のミスが患者さんの命にかかっているという、責任の重大さ

 

これがすごくつらかったですね。

 

わたしはもともと、かなりおっとりしている性格で、接客も好きです。

 

なので、内科で安定している患者さんが多い病棟は、比較的ゆったり、患者さんとの関わりを楽しむ感じが好きでした。

 

そんなある日、突然の移動命令が!!!

 

外科病棟への移動でした。

 

外科病棟も、症状の軽い患者さんはいますが、術後の重症の患者さんが多く、夜勤の前は、重症の患者さんを受け持つルール。

 

わたしは3年目で、すごく仕事ができる!というタイプでもなかったので、夜勤で輸液ポンプがシャンデリアのように並び、ドレーンもいっぱい、モニターに人工呼吸器…

 

なんて患者さんを、一晩自分が責任をもってケアできるか?という、不安とプレッシャーにかられるわけです。

 

夜勤の前は、

 

急変がありませんように…

穏やかに終わりますように…

無事終わりますように…

 

って、ワラにもすがる思いで祈ってました(笑)

 

でもね。いろいろ大変なことはあったけど、やっぱり、病棟看護師、好きな部分もあったんですよ。

 

めでたく美容外科の就職が決まって、清々する!なんて思うかと思ったら、なんだかさみしい気持ちになったのは、いまでも覚えてる。

 

それは、看護師って、大変なことも多いけど、すごくやりがいのある仕事だから。

 

今日はそんな、看護師の仕事のやりがいについて、書いてみますね。

 

 

看護師の仕事にやりがいを感じる、6つの理由

f:id:pilattu0730:20161010134402j:plain

患者さんの回復がうれしい

 

動けなかった患者さんが動けるようになったり、元気になって退院していくときは、すごくうれしくて、幸せな気持ちになりました。

 

やっぱり、看護師って夜勤もあるし、昼も夜もずっと、患者さんと関わるわけです。

 

検温に行ったり、配膳したり、薬配るときだって、何かしら声をかけるでしょ?

 

そうすると自然と話がはずんだり、患者さんも会うとうれしそうにしてくれたりして、どんどん親近感がわいてきてしまうんですね。

 

時にはつらい状況に立ってしまった患者さんが、ぽろっと弱音を吐いてくれたり。

 

看護師って、患者さんにとって、一番身近な存在だから、患者さんの思いに触れることが多いんです。

 

そうやって、いろんな思いで病気やケガと闘って、よくなっていったのを見ていると、余計に感情が動かされるんですよね。

 

一時は亡くなってしまうかも、という状況だった患者さんが、退院したりすると、本当によかったな…って、ジーンとしたものです。

 

あの感動は忘れられないな。

 

 

できなかったことができるようになる瞬間が、すごくうれしい

f:id:pilattu0730:20161010135435j:plain

 

新人時代。何もかもがわからないうえに、とろくさくて、いっぱい先輩に迷惑をかけました。

 

初めは、検温を時間内に回るのですら、大変で、夜勤の時にうまく回れなくて、悔しくて泣いたっけ。

 

点滴も注射も、ルートをつけるのですら戸惑った自分が、いつのまにか普通に検温して、患者さんとのコミュニケーションを楽しんでる

 

採血が得意になって、一発でとることができて、たくさん回れたり。

 

緊張して泣きそうになりながらついた回診も、なんとか怒られずに、無事回れるようになったり(笑)

 

新しい手技や処置を覚えたり。夜勤でスムーズに回れたり。

 

すっごく小さなことで、看護師としてはできて当たり前のことなんだけど、自分にとってはすごくむずかしかったから、できるようになったときはすごくうれしかったなあ。

 

リーダーも看護研究もイヤだったけど、やりがいはすごく感じました。

 

きっと、大変でイヤだなって思ったことほど、できるようになると達成感がすごいんですよね。

 

もっと長くいたら、また違った成長をして、やりがいを感じられたんだろうなって思います。

 

 

自分の成長を認めてもらったり、評価されるとうれしい

 

上と少しかぶりますが、自分ができるようになったことで、先輩やほかのスタッフに認めてもらったとき。

 

これもすごくうれしかったです。

 

迷惑をかけてばかりだった自分が、仕事をこなせるようになり、メンバーの一員として、普通に仕事をこなせるようになったこと。

 

リーダーをするようになったことも、責任は感じましたが少し成長を感じて、達成感を感じました。

 

こわい先生が、報告をちゃんと聞いてくれるようになったり。

 

こわい先生って、必ずいて、新人ってとろくさいからやっぱり冷たくされるんですよね。

 

その先生が、ほかの先輩たちと同じように、話を聞いてくれた時はうれしかったなあ。

 

 

お給料が入るとうれしい

f:id:pilattu0730:20161010135730j:plain

 

これはみんなそうだと思いますが。

 

お給料が入ると、1か月がんばったぞ~!って、気になりますよね。

 

若かりし頃は「いつも仕事がんばってるから」って、ついつい散財しちゃってました。

 

ストレスかな。

 

看護師の友達は結構、そうやって自分にご褒美するのが好きですね。

 

旅行、飲み、おいしい食事、エステ…などなど、お金のかかるストレス発散方法が多い気がします(笑)

 

独身の場合は特にそうでしたね。

 

 

夜勤が終わった瞬間のやり切った感が、半端ない

 

夜勤って、めっちゃ疲れるんですよ。

 

だって、2交代だと勤務時間が長いし、3交代だと日勤からの夜勤なので、どちらにしても長い

 

それに、数々の精神的プレッシャー!

 

夜勤はスタッフの人数が少なく、自分の受け持つ患者さんがかなり多くなります。

 

重症患者さんも自分の担当にもれなくなるので、1人で責任をもって看護をする!というプレッシャーがすごいんです。

 

なにか見落としがあったら、ミスがあったら、本当に命取り!

 

だから、いかに早く、ミスがなく回るかがずっと課題で、メモのつけ方を工夫したり、時間配分を考えたり、重大なことは2度、3度確認したりとすごく気を使ってました。

 

自分の仕事はうまく回っていたのに、思うようにいかないのが夜勤。

 

やれ、入院だ、急変だ、ほかの病棟の応援だ!と想定外のことばかり起こりました。

 

でも。

 

想定外だらけでバタバタして、大変で、休む間もなく、一心不乱に仕事して、気づいたら朝…っていう瞬間。

 

日勤のスタッフが「おはよう~」ってきた瞬間、ああ、やりきったな~ってすごく思うんですよね。

 

一緒に夜勤だった先輩やスタッフと

 

「大変だったね~」

「いろいろやってもらってありがとうございました」

「いやいやこちらこそ、ありがとう!」

 

なんて言ってる瞬間が、仕事してる!っていうか、生きてる!って感じがして、なんだかすごく充実してました。

 

もちろん何もない、静かな夜勤のほうが好きなんですけど、不思議ですね…

 

 

でも、やっぱり…患者さんのありがとうが、一番うれしい

f:id:pilattu0730:20161010134847j:plain

 

もう、一番はこれです。

 

別にありがとうって言われるために、仕事をやってるわけじゃないですよ?

 

でも。

 

自分が何気なくやったこと。ささいなことでありがとうって、笑ってもらえると、すごく、すごくうれしくなるんです。

 

わたしが働いていて、一番うれしかった言葉は、

 

「ありがとう。あんたがいてくれてよかったよ」

 

「あなたが担当でよかった」という言葉。

 

やっぱり、わたし、自分に自信がないから、そうやって誰かのために何かして、誰かが自分に価値を見出してくれるのがすごくうれしいんですよね。

 

大変だったとか、疲れたとか、そんな気持ちもふっと軽くなる。

 

これはいまの美容外科でもそうで、

「あなたがいるからくるんだよ」って通ってもらったり、「いたんだ~!久しぶり~!」って、うれしそうにしてくれるだけで、こっちが幸せな気分になるんですよね。

 

ありがとうって、大事だな。

 

わたしも何かしてもらったとき、うれしいときはありがとうって素直に言える人間でありたい。

 

 

看護師って、大変だけど、やっぱり素晴らしい仕事!

f:id:pilattu0730:20161010134622j:plain

 

看護師を目指しているみなさん、やめたくなってしまったみなさん。

 

看護師って、大変だけどすごくやりがいがあって、ステキな仕事ですよね。

 

わたしは、7年たったいまでも、病棟で働いていた時のことを思い出します。

 

なんだかんだ、好きだったのかな。

 

あのとき、つらかったり大変だったことはたくさんあったけど、あの経験が自分の人生にとって、大切な宝物であることは間違いないし、あのときがんばったことが、いまの自分の自信になっています。

 

人と接する仕事って、難しい面もあるけど、それ以上に、受け取ったり、感じるものも多いですよね。

 

あなたは仕事を、自分の人生を豊かにするものとして、やりがいを感じながら働けていますか?

 

正社員であれば、一日のうち、3分の1は仕事の時間となり、これから先の長い人生、3分の1は仕事に費やしていくことになります。

 

だったら、これから先の長い時間、イヤイヤ仕事をするよりも、自分の人生をよりよいものにする時間と考え、やりがいをもって仕事をしてみたらどうでしょうか?

 

看護師は人の役に立ち、自分も成長できる、素晴らしい仕事です。

 

やりがいって、すぐにポンと見つかるものではないと思うけど、自分の好きなこと、やりたいことに向き合い続けたら、きっと見つかると思うんです。

 

かといって、がんばりすぎて自分がつらくなってしまったら、元も子もありません。

 

自分の声に耳を傾けながら、自分自身をもっと大切にして、仕事も人生も、もっともっと楽しみたいですね!

 

せっかく看護師はいろんな科があって、働き方も選べます。

 

自分の人生、自分で決めましょ!

 

 

自分に合った求人がないか、無料で探してみたい方はこちら↓

 

「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんなあなたに[ナースではたらこ]

 

 

詳しい記事はこちら↓