いまのわたしにできること

正看護師と准看護師の違いとは?待遇・給料・就職先はこんなに変わる!

スポンサーリンク

f:id:pilattu0730:20170808153308j:plain

こんにちは。りえです。

 

「いまのわたしにできること」では看護師お悩み相談室をLINE@でゆるーくやっているのですが、思っていた以上にたくさんのご相談があります。

 

今回は准看護師の資格を持ち、正看護師の資格を取るために看護学校へ通っているBさんから、こんなお問い合わせをいただきました。

 

f:id:pilattu0730:20170808152248p:plain

 

初めまして。准看の資格を取得し現在、正看の学校へ通っている者です。

 

テスト前ですが全くやる気が起きず、もう准看だけでもいいかなと思い始めています。

 

どう思われますか?がんばって正看とったほうがいいでしょうか…?

思わずわかる~!!!とうなずいてしまいました。

 

看護師の専門学校ってなかなか大変で、通っている間に何度も辞めたくなるんですよね。

 

今日は正看護師と准看護師で待遇や給料、就職先がどう変わるか?と、実際にわたしが正看護師をとってよかったかどうかを包み隠さずお話ししますね!

正看護師と准看護師の違いとは?

f:id:pilattu0730:20170808153131j:plain

どちらも試験を受けなければいけないのは同じですが、正看護師と准看護師ではこのような違いがあります。

 

まず、正看護師になるには看護学校卒業後、国家試験を受けて合格する必要があります。

 

資格の発行をするのは厚生労働大臣。

 

対して准看護師になるには准看護学校卒業後に、都道府県知事が行っている試験に合格する必要があります。

 

准看護師の資格は都道府県知事が発行しており、国家試験ではありません。

 

さて、それをふまえて実際に働くとなるとどんな違いがあるんでしょうか??

 

待遇・業務の違い

正看護師も准看護師も「療養上の世話・診療の補助」を行うというのに違いはありませんが、法的には准看護師は医師や看護師の指示を受けて業務を行うこと、とされています。

 

一方、現場では正看護師も准看護師もほぼ同じように仕事をしていることが多いようです。

 

看護業界はまだまだ人手不足の現場が多いので、仕方がないのかもしれませんね。

 

しかしほぼ同じ業務をしているにもかかわらず、准看護師では管理職に就くことが難しい職場も多いようです。

 

給料

管理職に就けない、昇給に差があることなどから正看護師と准看護師の給料の差は年間で60~70万ほどにもなると言われています。

 

月にすると5万円程度でも、10年続けば600~700万円。

 

ほぼ同じ業務を行っているのにこれだけ違いが出てしまうと、准看護師から正看護師を目指したくなる気持ちもわかります。

 

実際、准看護師として働いてから正看護師を目指す人も多いです。

 

中にはわたしの働いている個人クリニックの美容外科のように、准看護師でも給料・待遇が同じ職場もあるようなので、自分の働きたい職場によって選択してもいいかもしれませんね。

 

とはいっても大部分の職場では、資格による給料の差を設けているようです。

 

就職先

給料の差はあるものの、同じ業務ができる正看護師と准看護師。

 

勤務先の制限はあまりないといえるでしょう。

 

ただ、一部の大学病院では正看護師しか採用していないといったところもあるようです。

 

クリニックや介護施設などでは区別をしていない職場が多く、夜勤や残業が少ないなど働きやすい職場が多いので、そういった職場を選ぶといいかもしれませんね。

 

つらい思いを我慢してまで、正看護師をとってよかったのかどうか?

f:id:pilattu0730:20170808152835j:plain

さて、正看護師と准看護師の違いを述べてきましたが、辛い思いを我慢してでも資格を取ってよかったかというと、答えはイエスです。

 

正直にいうと准看護師の学生時代3年間(わたしは高校が衛生看護科でした)と、正看護師の専門学校時代2年間、どっちが大変だったかというと間違いなく正看護師のほうが大変でした。

 

どちらも辞めたいと何度も思いましたが、専門学校時代のほうが頻繁でした。

 

准看護師も実習や日々の宿題、試験勉強と辛いことは多かったですが、正看護師のそれと比べたらまだ余裕がありました。

 

実習や記録ひとつとったってより高度なレベルを求められるし、実習も准看護学校では見学が多かったのが実施させていただく機会が増えたり。

 

国家試験もぱっと勉強して、受かる試験ではありません。

 

それでも正看護師を取ったことで給料や待遇を気にすることなく就職できたり、看護師として自信を持って患者さんと関わることができたり。

 

選択肢が増えるのはいいことだな、と思います。

 

ただでさえきつい看護師の仕事。なのに給料が月に5万円も差がついているのに、同じ業務をする病院だったらもっと早く病棟勤務が嫌になっていたかもしれません。

 

でも個人の美容外科に勤めたら、准看護師も正看護師も給料が同じことを知ってちょっと悲しくなったのは内緒です。

 

結論:本人が我慢できるのであれば、正看護師の資格はあったほうが有利!

f:id:pilattu0730:20170808152940j:plain

Bさんはもう2年制の看護学校に通っていて、今1年生だそうです。

 

今から看護師学校に入るのならまだしも、もう通っているのであれば資格を取ってしまうことをわたしはおすすめします。

 

ただ本人が本当に辛い、あわないと思っていれば別ですが、連絡をくれた感じが背中を押してほしいって感じがしたんですよね。

 

勉強や実習が辛い、辞めたい。やる気が出ない。

 

でもがんばって資格は取っておいた方がいいよね?っていってるように聞こえたんです。

f:id:pilattu0730:20170808152314p:plain

給料がこれだけ変わるってわかったら、ちょっとやる気も出るんじゃないでしょうか?

 

看護師の資格は取るのは大変ですが、一生使えていろいろな職場で使える宝物のような資格です。

 

病院でも、施設でも、健診センターでも、イベント救護でも、美容外科でも…すごいですよね!

 

だから、友達との学校生活を楽しみながら息抜きしながら、がんばってみるのもいいんじゃないでしょうか?

 

2年間がんばって看護師免許という国家資格を取った経験は、きっと無駄にはならないしあなたの自信になってくれるはずですよ。応援しています!