読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病棟看護師を辞めた後は?一目でわかるよかったこと、後悔したこと

看護師 看護師-転職

スポンサーリンク

f:id:pilattu0730:20160605222742j:plain

 

こんにちは。

悩みに悩んで、病棟看護師を辞めて、今は美容外科看護師としてゆるりと働いている、りえです。

 

f:id:pilattu0730:20170207235511j:plain
病棟看護師って、夜勤もあって本当に辛い。もう辞めたい!…でも、本当に今の職場を辞めちゃっていいのかな?

 

辞めたい気持ちでいっぱいになりながらも、いざとなると勇気が出ない…

 

そんな看護師さんは少なくないはずです。

 

夜勤もあって、忙しいのに残業だらけ。もう疲れちゃった。

 

でも、お給料もそれなりにはもらっているし、看護師の仕事なんてどこもこんな感じなのかな。

 

辞めて転職したところで、いい職場に出会えるとも限らないし、一から覚え直すのも大変だしなぁ…

 

…こんな風に辞めたいと思いつつも、転職して後悔しないかどうかが不安で、ためらってしまうこと、ありますよね。

 

この気持ち、わたしもそうだったので、すごくよくわかります!

 

でも、実際にえいっ!と転職してみたら、一度も後悔することはありませんでしたし、思った以上にいいことがいっぱいでした。

 

今回はわたしが病棟看護師を辞めて、よかったこと、後悔したこと(強いて言うなら)についてお話ししますね。

 

 

 

病棟看護師を辞めてよかったこと

夜勤がなくなり、規則正しい生活になった

f:id:pilattu0730:20170122014225j:plain

 

わたしが看護師を辞めたい!と思っていた1番の理由が、夜勤でした。

 

2交代も3交代も経験したことはありますが、どちらにせよトータルの勤務時間は長いし、本来であれば寝ているべき時間に起きて、仕事をするのがすごく苦痛だったんです。

 

若さでがんばって起きていられるとはいえ、深夜2時を超えれば、さすがに眠気はMAX。

 

なのに、ミスの許されない仕事で、気を張っていなければいけないことや、眠気も吹っ飛ぶほどバタバタした夜勤もあり…

 

終わった後は、いつも抜け殻のようになってしまっている自分がいました。

 

睡眠時間が不規則だと寝つきも悪く、疲れも取れません。

 

病棟勤務をしているときはいつも疲れていたし、日付や曜日の感覚はもちろん、時間の感覚すらなかったです。

 

同じ時間に起き、同じ時間に眠る。

 

こんな当たり前のことが、すごく幸せに感じました。

 

睡眠の質が良くなると、寝つきもよく、熟睡感も得られ、安心して眠れることで疲れもとれるようになってきました。

 

23歳のときより、32歳になる今のほうが体が楽って、ある意味すごいですよね。

 

睡眠って本当に大切!と実感しました。

 

 

気を張らなくてよくなって、やさしくなった

f:id:pilattu0730:20170122014408j:plain

 

‘看護師は気が強い‘なんてよくいわれますが、実際、急変の多いバタバタした病棟だと、常に気を張っていなくちゃいけません。

 

ゆったりした病棟で働いていたって、インシデントなんて起こすわけにもいきませんから、普通の職業より気を遣うはずです。

 

そうすると、イヤでも気が強くなっていっちゃうんですよね。

 

それに加えて、忙しさや疲れでイライラ。

 

気が立ちやすくなるのは、仕方ないかもしれません。

 

わたしも今の夫とは、病棟時代から付き合っているのですが、当時はすぐ怒ってましたし、カリカリしてました。

 

ゆったりした美容外科に転職し、子供まで産んで、別人のように優しくなったねっていわれてます。

 

職場環境は、自分の性格まで変えてしまうのだと実感しました。

 

 

夜勤を辞めてお肌がキレイになり、自信が持てた

f:id:pilattu0730:20170122014601j:plain

 

今では信じてもらえませんが、わたし、実はアトピーで昔はお肌のトラブルに悩まされていたんです。

 

肌が汚いことを気にしつつも、ファンデーションをつけると荒れてしまうので、何もつけられない状態。

 

手洗いや消毒を頻繁にするため、手は年中あかぎれ

 

20代前半の乙女だったわたしは、すごく悩んでいたし、自分に自信もなかったです。

 

いつもお肌がきれいな友達を見て、いいなぁって、ため息をついてました。

 

アトピーにいいという、酵素風呂や刺激の弱い化粧品を使ってみたり、気を使っていても、ちっともよくならず。

 

今思えば、夜勤で睡眠バランスはガタガタだし、食事はインスタントラーメンやコンビニ弁当でよくなるはずがないんですけどね。

 

そんなわたしが夜勤を辞めたら、お肌がキレイになって、ほめられるくらいになったんです!

 

「りえ、お肌すべすべだね!なにやってるの?」

 

って聞かれることも多くて、今ではすべすべお肌が自慢なくらい(笑)

 

美容外科でお肌にいいという、プラセンタに出会ったせいもありますが、睡眠って本当に大切なんだな、って実感しました。

 

当時23歳のわたしより、32歳になる今のほうが、お肌がキレイでなんだか幸せそう!って、なんだか不思議な気分です。

 

お肌に悩む女子には、夜勤なしのお仕事を心からおすすめします!!

 

 

自分の時間や気持ちにゆとりができ、将来や自分のことを見つめ直せるようになった

 

f:id:pilattu0730:20170207235511j:plain
疲れた~!忙しい~!将来のこととか、めんどくさいから考えなくっていいや。

 

仕事がきつくて忙しいことを言い訳に、当時のわたしは、なーんにも考えずに、ただただひたすら、自分の欲を満たすためだけの行動をしてました。

 

寝る、飲みに行く、カラオケ、買い物、エステ。

 

そりゃ、お金もたまりません。

それに、心はいつも満たされなくて、なんだかずっとさみしかった。

 

でもね、本当は見て見ぬふりをしていたのかも…って思いました。

 

f:id:pilattu0730:20170207235511j:plain
師長さんって、50代後半なのに、夜勤もして一生懸命働いてすごいなぁ…仕事ができて、かっこいいなぁ。

 

心から尊敬していたけれど、実際に自分がそうなりたいかと言われると、なりたくありませんでした。

 

若い今ですらきついのに、年を取ってからも夜勤をする未来を、想像したくなかったのです。

 

でも、辞める勇気なんてない。

 

だから、先のことなんて考えずに、ただひたすら耐えて、働いて、ストレス発散するかのようにお金を使う…

 

そんな、どこかむなしい生活でした。

 

美容外科看護師として、ゆったり働けるようになり、自分の心と時間に余裕が生まれてきてからは、将来のことを楽しみに生きる余裕ができました。

 

本を読んだり、ブログを始めたり、ブログで知り合った人と話をしたり。

 

そんな時間が楽しくて、次第に前向きになり、行動力までついてきました。

 

今までだったら絶対に、無理だ…

ってあきらめていたような、ウォーキングインストラクターの資格取得に挑戦してみたり。

 

そうしたら、なんだか自分の未来にワクワクするようになったんです。

 

子どももできて、自分の時間自体は減っているはずなのに、不思議ですよね。

 

年齢だって、重ねてるはずなのにね。

 

今、仕事でいっぱいいっぱいで人生が楽しくない、つまらない…

 

そう感じているあなたは、ぜひ仕事をゆるくして、自分自身をもっと大切にしてあげてみてください。

 

わたしも長い間、ほとんどの時間を仕事に注いできたけれど、仕事のための人生じゃないなって、すごく感じたからです。

 

もう過ぎてしまったことだけど、 自分のプライベートも、もうちょっと大事にしてくればよかった。

 

そんな後悔が残っているからです。

 

 

‘看護‘と一度離れたからこそ、‘看護‘が好きだったんだと実感できた

f:id:pilattu0730:20170122014909j:plain

 

正直、病棟で働いていたときは、勤務形態のきつさや忙しさから疲れが取れず、友達に口を開けば辞めたいって、愚痴ってました。

 

でも、落ち着いて考えてみると、病棟で働いていてうれしいことも、いっぱいあったんです。

 

‘すっごく忙しかったけど、チームワークばっちりだった日の夜勤‘や、‘苦手な処置、リーダー業務がスムーズにできた時‘の達成感は、ほかの仕事では感じられないものだったし、何といっても患者さんに「ありがとう」って笑ってもらえたり、「あなたが担当でよかった」って言ってもらえると、すっごくうれしくて

 

美容外科で働くようになり、今までのように‘看護らしい看護‘が減った分、病棟看護師としての関わり方を懐かしく思うことがよくあります。

 

離れてみたからこそ、わたし、‘看護師の仕事‘、好きだったんだな…

って思うんです。

 

やっぱり、せっかく一生懸命とった資格だし、こんなに辞めたいって思う自分は落ちこぼれだ!ってずっと悩んでいたので、

 

f:id:pilattu0730:20170207235511j:plain
もうちょっと、自分に合った環境の職場だったら、また働けるかも!

 

そう思えたのが、なんだかうれしかったです。

 

今悩んでいるあなたも、一度離れてみることで改めて看護師の仕事が好きだったなって、思えるかもしれませんよ。

 

 

病棟看護師を辞めて後悔したこと(強いて言うなら)

f:id:pilattu0730:20170122015109j:plain

 

f:id:pilattu0730:20170207235511j:plain
病棟看護師、辞めなきゃよかった~!(泣)

 

実は、そんな風に後悔したことは一度もありません。

 

やっぱりわたしは、フルタイム・夜勤ありでの病棟の勤務は、心の底から合わないと感じていたし、辞めたことでその苦痛から解放されたからです。

 

でも、強いて言うなら。

 

美容外科という、畑の違う場所に就職してみて感じたのは、技術や知識は使わなければやはり衰えていくということです。

 

人間、勉強をしなければ忘れていきます。

 

ブランクが長ければ長いほど、忘れますし、カンを取り戻すのは難しくなるでしょう。

 

幸い、注射や点滴、採血、OPE介助、清潔不潔の取り扱いなどは、美容外科でも日常に行っている業務なので、技術が衰えることはないです。

 

でも、専門的な疾患や処置などは正直なところ、どんどん記憶が薄れていきます。

 

全く別の仕事に変えてしまって、数年たってしまうのは、やはりブランクが心配だなと思いました。

 

 

結局、看護師を辞めることって、どうなんだろう?

f:id:pilattu0730:20170122015233j:plain

 

多分、この記事を読んでくださった方は、それが一番気になると思うんですね。

 

今の職場で、看護師として働いているけど、辛い。疲れた。

 

なんだか、仕事だけのために生きてるみたい。

 

この状態は、ちょっと悲しいなって思うのです。

 

せっかく生まれてきて、人生一度きりなのだから、仕事でいっぱいいっぱいで他を楽しむ余裕がないのはもったいない。

 

でも、看護師はブランクがあると、元に戻れなくなっちゃうんじゃないの?

さっき、そういってたでしょ?って、思いますよね。

 

だからこそ、わたしが一番おすすめするのは、看護師の資格でできる働き方に変えてみることです。

 

多くの人は、今の病院の忙しさや、勤務形態や給料、人間関係などに不満を感じています。

 

看護自体がキライな人って、少ないと思うんですね。

 

まずは不満に思っている点・イヤな点を紙に書き出してみて、その条件が緩和される職場にするだけで、だいぶ満足感が得られるはずです。

 

例えば、夜勤がイヤならクリニックにする、訪問看護師になる、美容外科で働く…

 

バタバタした職場がイヤなら、科を変えてみたり、デイサービスや透析など比較的ゆったりした場所で働いてみる。

 

たとえ看護自体がイヤだな~と思っても、看護師の資格があれば、保育園や美容外科、医療機器メーカーなど、ちょっと気分を変えて仕事をすることもできます。

 

看護師以外の仕事についてみたものの、給料が低く、また看護師に戻らざるを得ない!と感じる人はすごく多いそうです。

 

でも、いくら看護師でも何年もブランクがあいていたら、条件のいい職場はおろか、一向に面接に受からない…なんてこともあるのだとか。

 

そんな風に後悔することのないように、病棟看護師に疲れてしまったら、まずは看護師の資格を活かした転職を考えてみましょう。

 

 

看護師が転職するのなら…必ずやっておくべきこと

f:id:pilattu0730:20170122015423j:plain

 

いくら看護師業界で、好待遇と言われている美容外科や透析でも、当たり外れはあります。

 

いい職場で働くためには、情報収集は必須です!

 

給料ひとつとっても、昇給の有無や、手当、残業代、ボーナス。

 

実際の仕事内容やスタッフ同士の人間関係。離職率も知っておくといいでしょう。

 

どんなやりがいがあるかも重要ですね!

 

ここまで詳しく調べておけば、転職に失敗する可能性は、ほぼ無くなります。

 

自分ではなかなか聞きずらいこともあるので、転職サイトに登録し、コンサルタントさんにどんどん悩みを相談し、情報を聞き出していきましょう。

 

実際、わたしも7年間務めた今の職場は【ナースではたらこ】という転職サイトで、情報収集しました↓

 

「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんなあなたに[ナースではたらこ]

 

 

 わたしの転職体験を詳しく知りたい方はこちら↓

無料でこんなにいいサービスがあるなら、もっと早くに使ってみればよかったと感じました。

 

もちろん、すぐ転職する人だけが対象ではなく、いいところがあれば転職したい!なんて緩い感じでもOKなんです。

 

登録も簡単で、1分でできちゃうので、忙しいあなたはぜひ、活用してみてくださいね↓

 

 

 

看護師の資格は、一生使える宝物

 

病棟看護師って大変だけど、実は看護師の資格って、一生使える宝物です。

 

自分の想像以上にいろんな場所で必要とされ、きちんと評価してくれる職場もたくさんあるんです!

 

患者さんの力になりたい!そう思い立ち、一生懸命勉強して資格をとったことを、もっとほめてあげていいんじゃないかな?

 

そう思います。

 

病棟看護師は、やりがいがあって大好き!楽しい!

そう思えるあなたは楽しんでこれからも続けるべきだし、とてもステキで、幸せなことだと思います。

 

でも、少しでも病棟看護師がつらい、疲れた。看護師ってむいてないかも…

そう思ってしまっているあなたは、もっとあなたに合った職場をすぐに探してみるべきです。

 

人生は一度きりです。

 

仕事ばかりの人生だったことに気づいて、なんでもっと早く行動しなかったんだろう…と、後悔しても時間は戻りません。

 

あなたに合った職場を、コンサルタントさんに相談しながら、真剣に考えてみませんか?