りえおすすめ転職サイトランキング
看護師

それでも看護師はなぜ辞められないのか?

先日、ニュースで看護師の4割がパワハラを、2割がセクハラを受けた経験があるという調査結果が発表されていました。

8割以上がサービス残業をし「人員不足で仕事がきつい」という理由で、同じく8割近くが「仕事をやめたい」と感じているそうです。

自治体病院の看護職員の4割がパワハラを、2割がセクハラを受けた経験があるとする調査結果を、自治労連が13日、公表した。
8割以上がサービス残業をし、4人に1人は有給休暇の取得が5日未満だった。(中略)
7割以上が仕事にやりがいを感じていると答えた一方、「十分な看護が提供できている」としたのは15%にとどまった。8割近くが「仕事を辞めたい」と答え、最も多い理由は「人員不足で仕事がきつい」だった。

5月13日 朝日新聞デジタルより引用)

もう10年ほど前になりますが、私も病棟看護師として3年半働いていた過去があります。

当時、夜勤ありの交替勤務でクタクタになりながら勤務していたことを思い出し、10年たった今でも看護の現場は改善されず、つらい思いをしている看護師が多いことに悲しくなりました。

私は3年半病棟で働いたあと、美容外科で8年働き、その後フリーランスとして生きています。

なんだか看護師の資格を捨ててしまったようなものなのですが、だからこそ当時を振り返ってみると、看護師には特有のマインドがあった気がするんです。

パワハラ・セクハラが横行し、仕事もきつい。

それなのに看護師はなぜ、なかなか辞められないのか?

看護師が心身ともに健康に幸せに生きていくために、必要なものは何なのか?を考えてみました。

今仕事がきつくてつらい。でも辞める勇気もない…

そんな看護師さんのヒントになれば、うれしいです。

パワハラ・セクハラ・仕事のキツさの実態について

病院によっても程度の違いはあるとは思いますが、人員不足のところほどこういった問題は多いと思います。

  • 医師が怒鳴る、無視する、ネチネチと文句を言う、看護師を好みによって態度を変える
  • 医師や患者さんからのセクハラ
  • 先輩からのいじめ
  • 交替勤務による疲労に加え、責任が重く、人員不足で忙しい。
  • その結果、仕事が終わらずサービス残業
  • 有給は希望で取れず、捨てるもの

当時の私は幸いにもスタッフには恵まれ、心の支えとなっていましたが、その他の環境は上記のようなものばかりでした。

もちろん仕事自体にはすごくやりがいを感じているのですが、それ以上にしんどいことばかりで、ほぼ毎日やめたいって言いながら働いていたな…と思います。

仕事が大変なのに、看護師を辞められない理由

看護部長、師長など上司が辞めさせてくれない

本人が辞めたいと思っても、なかなか辞めれないのが看護師。

その大きな理由は、上司からの反対です。

人員不足で辞めさせたくないという理由のほか、大きい病院で看護師として働くことに誇りを持っている人が多いため、善意でとめる場合も多いようです。

師長
師長
3年は総合病院で働きなさい。じゃないと使い物にならないわよ

3年働いたら

師長
師長
せっかくのキャリアがもったいない

私や私の友達もそうでしたし、看護師のお悩み相談でも「辞めたいのに辞めさせてもらえない」という相談がよくきていたので、看護師という仕事はすんなり辞めさせてもらえない業界なんだと思います。

看護師特有のマインドが邪魔をする

看護師特有のマインド。それは、責任感の強さと優しさです。

もともと看護師を目指す人は、自分よりも人のことを優先してあげるような優しい人が多いです。

おまけに看護学校の厳しい実習に耐え、課題やテストなど勉強地獄に耐え、ようやく看護師の資格を手にしたのです。

ちょっとつらいけど、みんながんばっているし…私ばっかり、辞める訳にはいかない

人のためを思う優しさとガマン強さがアダとなり、ストレスで体調を壊したり、うつ状態になる看護師はとても多いです。

看護師の仕事は好き

看護師なんてもう辞めてやる!!!

そう思ってもなかなか辞められないのは、看護の仕事は好きだからという人は少なくないはずです。

患者さんが、元気になって喜んでくれたのがうれしい。

大変だけど、人の命を救う一員として働けるのは、やりがいがある。

理由はそれぞれですが、7割以上が仕事にやりがいは感じているというデータからもうなずけます。

看護師以外の選択肢が思い浮かばない

学生時代から看護師を目指し、一直線に看護師になった。

だから看護師以外の仕事なんて、想像もできない!なんて人は多いと思います。

実は私もそうでした。

りえ
りえ
せっかく苦労して資格をとったし、看護師以外の選択肢なんて自分にはないんだ

そう無意識で、自分の選択肢を狭めていたんです。

でも美容外科看護師に転職し、その後フリーで働いている私としては、看護師に縛られて自分の可能性をみようとしないのはもったいないと思う。

看護師が向いている人ならいいけれど、看護師以外が天職!って方も、中にはいると思うんですよね。

看護師として働かないと、自分には価値がない気がする

看護師として働いていてよかったのは、お給料がそれなりにもらえることと、人からすごいねっていわれること。

職業を聞かれて「看護師です」っていうだけで、みんなからすごいね!えらいね!っていわれるのはあるあるだと思います。

そうやっていわれると、やっぱりうれしいですよね。

でも、いつのまにか「看護師としての自分じゃないと価値がない」って思い込んじゃう人が多いんです。

以前、看護師のお悩み相談を受けたときに「今の職場はすごくつらいけど、看護師を辞めちゃったら、お母さんにガッカリされちゃう。認めてもらえなくなっちゃう」って話してくれた方もいました。

看護師である自分だから、認められてる」って思う方、中にはいるんじゃないでしょうか?

看護師が心身ともに幸せに生きていくために、必要なものとは?

看護師が幸せに生きていくためには、職場環境の改善はもちろん必要!

でも実際10年経っても、看護師の劣悪な職場環境は変わっていないんですよね…

そんな中、看護師が自分で健康な体と心を守っていくには、どうすればいいか?を考えてみました。

自分の人生の決定権を自分に戻してあげること

体調や精神を病んでしまう看護師の特徴は、自分の選択肢を人に任せてしまっていること。

私も当時、病棟で働いていたときはそうだったから、すごくよくわかります。

「自分は辞めたい。」

「でも親に反対されたから。師長にだめっていわれたから。スタッフに迷惑をかけるから。」

「だから辞めることはできない。」

そんなことは、絶対にありえないんだってこと。

人のことを思いやる気持ちは、とてもステキです。

でも、気づいてほしいんです。

自分の人生の決定権は、自分にあるんです。誰かにあげてしまっていいものじゃないんです。

もちろん、辞めずに働く!でもいいと思う。

だけど「自分じゃない誰かが言ったから、こうする」じゃなくて大切なのは「私がこうしたいから、こう思うからこうする!」って決めること。

過去の私がそうだったから言えるのですが、自分よりも誰かの意見や考えを優先するようになると、どんどん自信がなくなります

どんどん自分がキライになっていきます。

そうなると外見やスキルを磨いても磨いても、自信なんてつかないし、心が満たされなくなっちゃう

今からでも自分の意見を少しずつ、優先してあげてくださいね。

人生の決定権を他人にゆだねてしまっていた、過去の私のネガティブっぷりが気になる方はこちら↓

自分を生きること

ずっと自分の意見よりも誰かの意見を優先して、従って生きていると、そのうち自分の意見すらわからなくなってきます。

自分の意見っていわれても、よくわからない…自分がどうしたいかわからない

そんなときは人に軸を合わせすぎて、自分のことがわからなくなっているんです。

これを放おっておくとうつになったり、体調を壊したりして、自分からストップがかかります。

そうなる前にできること。それは自分を感じてあげることです。

今までムシしてきた自分を、お客様をもてなすように大事にしてあげましょう。

「今何したい?何食べたい?どこいきたい?今どんな気分?」

自分自身の心の声をたくさん、たくさん聞いてあげましょう

だんだん自分がどうしたいか、何をしたいのかが思い出せてきて、楽しくなってきますよ。

自分の価値を自分で認めてあげること

看護師を辞めちゃったら、お母さんにガッカリされちゃう。認めてもらえなくなっちゃう

こんなふうに「看護師じゃない自分には価値がない」って思っている人は案外多いのかもしれません。

私も看護師時代「お母さんは、病棟で働いてる私だからほめてくれるんだ」「せっかく資格をとったのに看護師として働かないなんて、落ちこぼれだ」って勝手に決めつけて、苦しんでいました。

でも本当はどんな職業だって、何してたってあなたの価値は変わりません

だって私も看護師すら辞めちゃったけど、みんな今の私のほうが好きって言ってくれるもの!

私は何をしていてもどんな職業だとしても、価値がある

そう胸を張って言えるようになったら、すごく気持ちが楽になりますよ。

自分を幸せにすることが、1番まわりも幸せにできる

看護師になる人は優しいから、いつのまにか看護をするうちに自分よりも周りを優先するようになりがちです。

自分よりも、患者さんに・スタッフみんなに・医者に・他の病院内の職種の人に・患者さんの家族に…

そうやって、たくさんの人に「迷惑をかけないようにがんばらなきゃ!自分を律するのは当たり前!」そんな教育がされている世界でもあります。

でも本当にそうなのかな?って私は思うんです。

確かに協力や助け合い、責任感は大事。だけど看護の世界は自分の身を削ってまで、他者を優先しすぎている気がして。

看護師の仕事は、なくてはならない仕事です。

でも体や心を壊してまで、人を優先することはないのです。

あなたが看護師であることを喜んでくれている人はきっと、あなたが看護師であること以上にあなたが健康に、幸せに、楽しく生きることを願ってるはず。

だからあなたが本当に生きたい生き方を選んでいいし、自分の感覚で幸せを選んでいいんだよ!って思います。

どんな仕事を選んだとしても、幸せそうに仕事をしている人は、周りにまで幸せを分け与えちゃうから。

もし、今つらくて悩んでいる看護師さんがいたら、ヒントになればうれしいです。

すでに疲れてしまって自分のことがわからない、自信がない、自分のことが好きじゃない…

そんな方は、私の恋愛コンサルの記事を読んでみてください。

ネガティブな思い込みをなくし、新しい自分をインストールすることで「自分を好きになり、自信をつける方法」を「恋愛コンサル」と称してお伝えしています。

人生全体をHAPPYに!

大好きな自分を思い出すだけで、魔法みたいに現実が変わっちゃう不思議な恋愛コンサルやってます↓

大好きな人からありのままの自分で愛される♡愛され女神コンサル♡

人生の決定権を他人にゆだねてしまっていた、過去の私のネガティブっぷりが気になる方はこちら↓