いまのわたしにできること

脂肪吸引は部分痩せに効果的?メリットデメリット、危険性まで徹底解説!

スポンサーリンク

f:id:pilattu0730:20171029000820j:plain

こんにちは。美容外科看護師歴7年目のりえです。

 

がんばって体重を落としても、なかなか難しい部分痩せ。

 

女子の部分痩せしたいランキング1位は太もも、2位はお腹、3位はお尻なんだそうです。

 

確かにこれらの部位って、ダイエットしてもなかなか減らず、なぜか落としたくない胸ばかり減ってしまって、胸だけでなく気持ちまでショボーン…

 

あるあるですよね。

 

そんなときにふと、脂肪吸引のCMをやっているのをみて「わたしも脂肪吸引やってみたーい!」って思ったことありませんか?

 

でも、脂肪吸引って効果あるの?痛いの?本当に減るの?元に戻らないの?危険なんじゃないの?

 

今日は美容外科看護師のわたしが、脂肪吸引の知られざる裏側と知っておくべきことについてお話ししますね。

脂肪吸引とは?

脂肪吸引とは、美容外科で行われる「皮下脂肪を細い専用の管を使い、取り除く手術のこと」を言います。

 

その部分だけピンポイントで脂肪を取ることができるため、部分痩せしたい人や自分ではなかなか痩せられない人に人気がある手術です。

 

脂肪吸引って本当に部分痩せに効果があるの? 脂肪吸引のメリットとは?

f:id:pilattu0730:20171029001058j:plain

脂肪吸引のメリット、実はこんなにあるんです!

 

部分痩せに効果的で、リバウンドがしにくい

何と言っても一番のメリットは、部分痩せに効果があるというところでしょう。

 

ダイエット経験者はお分かりだと思いますが、運動や食事制限って、全体的に体重やサイズを落とすことはできても、なかなか部分痩せするのは難しいんですよね。

 

筋トレやマッサージをがんばってみたけれど、太ももとお尻だけどーんとしていて、下半身デブが気になる…とか、お腹だけぽっこりしてるのが目立つ…、二の腕がもう少し細くなったらうれしいけど、自分では手が届かない…

 

そんな’あともうちょっと’をなんとかしてくれるのが、脂肪吸引なんですね。

 

なんでそんなことができるのかというと、脂肪吸引は痩せたい部位の脂肪を直接取ることができるからなんです。

 

しかも、しっかりとした技術のあるクリニックでやってもらえば、脂肪細胞自体をきちんと取ってもらうことができるのでリバウンドもしにくいんですよ。

 

もちろん、脂肪吸引をやったからといって暴飲暴食したら太りますよ?(笑)

 

でも、脂肪吸引をやった部分は脂肪細胞の数自体も減っているので、他の部位と違って太りにくくはなります。

 

実際、患者さんで脂肪吸引後、しばらくして全体的に太ってしまった方をみたことがあるんですが、脂肪吸引をやった部分(その方は太ももでした)はほっそりしていたので、びっくりした経験があります。

 

せっかくお金をかけたので、できたらキープしてほしいのが本音ですけどね。

 

自分では痩せにくい部位にも効果がある

上記と同じ原理なんですが、自分ではなかなか痩せられない部分が痩せられるというのはメリットですよね。

 

ダイエットは長期間に及ぶのに対し、脂肪吸引は1日で手術自体は終わるので、何年も悩んでいたコンプレックスがすぐに解消できるのも魅力です。

 

楽チン簡単!面倒な運動や極度な食事制限は不要 

脂肪吸引は手術を受けることでその部分が劇的に変化するので、長期間の運動や食事制限に悩まされなくていいんです!

 

運動って、面倒だし好きじゃない… 続けられない…

 

だってここだけ細くなればいいんだもん…

 

そんな意志の弱いあなたには、ぴったりの方法かもしれません!

 

あなたが用意するのはお金だけ…(笑)

 

お金をかけて楽に痩せるか、お金をかけずに努力するか。

 

あなたの好みで決めましょう。

 

脂肪吸引は危険?脂肪吸引のデメリット

f:id:pilattu0730:20171029001114j:plain

でも、脂肪吸引って危険だって聞いたことあるけど大丈夫?

 

そう、脂肪吸引は大変技術がいる施術なので、施術する医師によっても大きく結果が変わりますし、それによって起こるデメリットもいくつかあるんです。 

 

ここでは考えられるデメリットを上げていきますね。

 

命に関わる危険性がある

死亡例は多くはありませんが、日本国内でも死亡事故が起きたことがあるということは知っておくべきでしょう。

 

内蔵を傷つけたり、感染症がひどくなって死亡してしまった例もあります。

 

手術中の麻酔のコントロールがうまくいかなかった例もあります。

 

脂肪吸引の手術は広範囲になるため、痛みも強く、全身麻酔ですることが多いです。

 

医師の技術不足が原因となることもありますが、全身麻酔をかける大きな手術である以上、絶対安心ということはありません。

 

元々の体質や持病が原因で大きな事故になることもあり得るので、持病などがある方はやめておいた方が無難です。

 

吸引部位がボコボコする可能性がある

最近では脂肪吸引の技術が上がってきているので、キレイに仕上がることも多いのですが、医師の技術不足だったり、場所によっては吸引した部分がボコボコして、手触りや見た目が悪くなる場合があります。

 

せっかくお金をかけてキレイになるために手術を受けたのに、ボコボコして肌が出せない…なんてなったら悲しいですよね。

 

安いからといって、あまり手術経験のないクリニックで施術を受けるのはやめましょう。 

 

術後がかなり痛い

f:id:pilattu0730:20171029001705j:plain

麻酔するから大丈夫なんでしょ?と思ったあなた。甘いです。

 

全身麻酔をして手術をするため、手術中の痛みはわからないのですが、辛いのは術後の痛みです。

 

横になっている時はまだいいのですが、トイレに行ったり帰るときに動くとかなり痛いそうです。

 

脂肪吸引の痛みのピークは、だいたい3日間くらいです。

 

それ以降はだんだん和らいできて、強めの筋肉痛のような痛みなんだそう。

 

2週間程度たつと、ほぼ痛みは無くなってきます。

 

なので手術後3日間くらいの痛みの強い時期は座薬、それ以降は内服薬、というように痛み止めを処方してくれる病院が多いです。

 

この時期は無理せず、痛み止めで痛みを乗り切りましょう!

 

また圧迫をすることで痛みが軽減したり、腫れも軽減することができます。

 

術後の部位によって、サポーターを巻いたり、ガードルをはいたりするクリニックも多いようです。

 

手術後の吐き気やだるさ

特に女性に起こりやすいと言われているのが、術後の吐き気やふらつきです。

 

麻酔の薬の影響や、出血による貧血傾向や、圧迫によって起こります。

 

クリニックでは吐き気どめの薬で対処してくれると思いますが、つらいと思います…

 

数日以内に収まるので、ゆっくり過ごしましょう。

 

小さな傷が残る可能性がある

f:id:pilattu0730:20171029001850j:plain

切らない脂肪吸引、というキャッチコピーは多いですが、実際は小さく傷を作ってそこから管を入れて脂肪吸引します。

 

できるだけ傷が目立たないように、陰毛で隠れるところや、膝裏の関節のシワの部分などを切ります。

 

5mm弱といった小さな傷ですが、治るのには期間もかかるということは知っておいた方がいいでしょう。

 

ちなみに傷は細い糸で縫うのですが、5日から7日程度で抜糸するクリニックが多いです。

 

抜糸自体はほんの数分、痛みもほとんどないので安心してくださいね。

 

内出血が消えるまで時間がかかる

脂肪吸引が終わった!さあ、痩せてキレイになったぞ〜!と想像する人もいるかもしれませんが、実際は傷があったり、内出血があったりでとてもすぐに露出できる状態ではありません

 

内出血は手術中の出血が多かったり、体質によって出やすい人もいます。

 

打ち身などの時によく見る、青紫〜赤紫っぽい内出血は脂肪吸引をした部分に広がり、だんだん色が薄くなって、黄色がかった色になり消えていきます。

 

2週間から1ヶ月程度で消えます。肌を露出する予定の直前にはやらない方が無難ですよ。

 

値段が高い

1部位、10数万円〜高いと100万以上かかるクリニックもあります。

 

値段はピンキリで、ダメージが少なかったり、仕上がりがキレイだったりといった方法によって大きく変わってきます。

 

エステなどに通い続けることを考えると、変わらないかもしれませんが、どのクリニックを選ぶかは自分次第、といったところですね。

 

脂肪吸引を受けるなら、知っておいてほしいこと

f:id:pilattu0730:20171029001212j:plain

脂肪吸引は全身麻酔を使うことから、命の危険性もあり、仕上がりも大変技術のいる手術です。

 

とはいっても美容外科のホームページなどを見ると、すごくキレイな仕上がりで、いいなあって思っちゃいますよね。

 

わたしが脂肪吸引を受けるか決める時点で知っておいて欲しいと思うのは、以下5点です。

  • 持病のある方、健康に不安のある方は施術は受けないこと
  • 既往歴、飲んでいる薬などは必ず医師に伝えること
  • アフター写真は仕上がった時に写真なので、その経過に行くまでに必ずダウンタイムが存在すること(経過の写真も見せてくれたら安心ですね)
  • 3日から1週間程度は休みを取ると安心!
  • 取れる脂肪の量は決まっているので、無理をしない。取りすぎは危険!

 

脂肪吸引をするなら、こんな美容外科を選びましょう!

f:id:pilattu0730:20171029001430j:plain

  • 細かい手術、治療が得意なところと大きな全身麻酔の手術が得意な病院があるので、脂肪吸引の実績の多いクリニックで受けること
  • 術前の血液検査や術前説明のしっかりしたクリニックを選ぶこと
  • 必ず何箇所か無料カウンセリングを受け、信頼できるクリニックを選ぶこと
  • 術前、術後写真がしっかりある(内出血の様子など途中経過の写真が見れるとさらに安心できますね)

お金をかけるか、手間をかけるか?ダイエットする方法も人それぞれだと思います。

 

実際、わたしも手術を見てちょっと怖いなあと思いつつも、若い頃は患者さんがあまりにキレイに細くなっていくのを見て、ちょっとやって見たいなあと思ったことがあります…

 

でも、お金をかけて短期間で確実にキレイになりたい!そう思って脂肪吸引を選んだけれど、実際思っていたのと違った、こんなはずじゃなかった…

 

そんな結果になってしまったら、とても悲しいことです。

 

せっかくお金を出すのなら、満足できる施術が受けられるように、どれくらいでキレイになって、どんなデメリットがあるかまで、よーく考えて決めてくださいね。