読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二重埋没法の腫れを最小限に!現役美容外科ナースが教える対処法まとめ

スポンサーリンク

f:id:pilattu0730:20161124133922j:plain

 

どうも。美容外科看護師歴、7年目りえです。

 

「目は口ほどに物をいう」なんて言葉があるくらい、目の印象って強いですよね。

 

「ぱっちりしたかわいい二重にしたい」

「芸能人みたいに大きな目になりたい」

 

そんな乙女心を抱える女性は多いはず。

 

二重の埋没法は、美容外科で一番人気があるといっても過言ではないほど、人気がある治療なんです。

 

それもそのはず。

 

「メイクを一生懸命したり、毎日アイプチをするのって、大変。」

「スッピンと化粧した顔が、違いすぎる…」

 

そんな悩みも二重手術をしてしまえば、一瞬で解消します。

 

二重の手術には「切開法」と「埋没法」とありますが、人気があるのは断然、メスを使わない、お手軽な埋没法!

 

でも、埋没法を受けてみたい!と思っても、術後の腫れや痛みが気になって、なかなか決断できない人もいるかもしれません。

 

どんなふうに手術するの?失敗しないの?など、不安はいっぱいですよね。

 

ですが、安心してください!

埋没法は美容整形の中では、基本中の基本!

 

  • 手術件数が多い
  • 施術時間がすごく短い
  • 痛みや腫れが少ない
  • ガラっと印象を変えることができる
  • 万が一、気に入らなかった場合にも、半年以内であれば糸を外せば元に戻せることが多い

 

こんな理由から、すごく満足度が高い治療なんです!

 

今回は美容外科ナースのわたしが、みなさんの不安を解消するべく、埋没法で腫れを少なくする方法や、対処法、上手な先生の選び方なんかをまとめていきたいと思います。

 

みなさんの不安な気持ちが、少しでも緩和されたらうれしく思います。

 

 

整形したってバレたくない!なるべく腫れを少なくする方法とは?

f:id:pilattu0730:20161124134346j:plain

手術の方法によって工夫できること

 

まず、腫れは二重の幅に関係することを知っておきましょう。

 

一重の人が奥二重にするくらいの狭い幅で止める場合よりも、ぱっちりとした広めの二重にするほうが、より腫れが目立ちます。

 

また、幅が狭いほうが埋没法の持ちもよくなります。

脂肪が厚いまぶたの人は、どうしても二重が戻りやすい傾向があります。

 

施術前に希望の幅とあなたの目にあった幅を先生にしっかり相談して、ラインを決めてくださいね。

 

ほかにも糸の止め方でも違いが出てきます。

 

施術する病院によって、いろいろな呼び方があるのですが、しっかりと糸を止める方法のほうが、より腫れが出やすくなります。

 

まぶたの厚さによって、しっかり止めるかどうか選ぶといいでしょう。

 

 

手術の最中にできること

 

いよいよ手術!

どうしても緊張して、力が入ってしまいますよね。

 

でも、手術中にまぶたにぎゅっと力を入れてしまうと、腫れや内出血の原因になります。

 

はじめの局所麻酔だけチクッとしますが、痛いのは1分ほどで終わります。

ゆっくり大きく深呼吸をしながら、寝ているような感じで目に力を入れないようにするといいですよ。

 

 

手術の後に気を付けること

 

・冷やす…

 

手術後はアイスノンなどの保冷剤を使って、5~10分を何回かに分けて冷やしてあげると腫れがひきやすいです。

冷やす期間は2、3日で大丈夫です。

 

 

・頭を高くして寝る…

 

朝起きると、顔がむくんで目が腫れぼったい…なんてこと、ありますよね?

寝ると腫れが出やすいので、枕を高くして頭を心臓より高い位置にして寝るとむくみにくくなります。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

ほかにも夜水分をとりすぎたり、塩分を取りすぎたりするとむくみやすくなります。

飲酒も顔がむくむ原因になるので、控えるといいでしょう。

 

 

 

・少なくても48時間以内は目元を触らない…

 

どうしても目が腫れていていつもと違うと、つい気になって触りたくなってしまうと思います。

幅もすごく広く感じるし、心配ですよね。

でも、ここで目を触ると腫れが長引く原因になります。

 

コンタクトはやめて、メガネにする。メイクはするときだけでなく、落とすときにも負担になるので、やめておく。

 

隠したい気持ちはわかりますが、埋没法の後は予定を入れずにおうちでゆったり、腫れがひくのを待つのがベスト!です。

 

 

・少なくても48時間以内はお風呂やサウナ、飲酒など体の温まる行為は避ける…

 

術後48時間以内に体が温まる行為をすると、内出血が出やすくなってしまいます。

 

内出血は出てしまうと、引くまでに1週間から2週間ほどかかってしまうので、極力でないように気を付けましょう。

 

【腫れを少なくするポイントまとめ】

 

  • 二重の幅は狭い方が腫れは少ない
  • しっかり糸を止める方法だと、腫れが強く出る
  • 手術中はゆっくり大きく深呼吸をして、寝ているような感じで目の力を抜く
  • 術後に冷やす
  • 頭を高くして寝る
  • 48時間以内は目元を触らず、体の温まる行為は避ける

 

ちなみに、手術翌日の朝はむくみもあるため、腫れが強くなるのはよくあることです。

 

起き上がって普通に生活していると、重力でだんだん元の状態に戻ってくるので安心してくださいね。

 

 

万が一!腫れ、内出血が出てしまった場合は?

f:id:pilattu0730:20161124135530j:plain

 

そうはいっても、腫れや内出血が出てしまった!

 

外出しなければいけないなんてときは、あせりますよね…

そんなときは3日目以降なら、メイクで隠してしまいましょう。コンシーラーを使ってから、茶系などの濃い色味のアイシャドウをすると目立ちにくくなります。

 

ほかにもうちにくる患者さんは、だてメガネやサングラス、マスク、帽子、前髪をパッツンにするなど、いろんな工夫をしています。

 

手術直後はメイクができませんが、通りすがるくらいであればそんなに目立つことはないので、こういった方法でもごまかせそうですね。

 

人によっては片目ずつ手術をして、眼帯で隠し、腫れがひいてからもう片方の手術をするなんて方もいらっしゃいます。

(まわりには「ものもらいになった」というそうです。)

 

一気にやった方が楽だとは思いますが、もし片側ずつやりたい方は、施術してもらう病院で同じ料金で片側ずつやってもらえるどうか、確認してみてくださいね。

 

 

気になる!上手な先生の選び方

f:id:pilattu0730:20161124135815j:plain

 

できれば上手な先生にやってもらいたい…誰もが思いますよね。

 

でも、どんな先生にお願いすればいいの?

 

先生の選び方はとても難しいですが、なるべく納得して治療を受けるコツはあります。

 

 

賢い美容外科選びのコツについてはこちらの記事で詳しく書いています↓

 

 

それは美容外科医としての経歴が長く、埋没法の経験が80~100件程度はある先生を選ぶこと。

 

そしてカウンセリングが丁寧で、こちらの希望をしっかり聞いてくれる先生を選ぶことです。

 

実際に施術をした患者さんを見ていると、埋没法で異常がないのに不満が出る理由として、幅やラインのイメージが違うということが多いです。

 

カウンセリングの時点で先生とうまくコミュニケーションがとれていれば、希望のラインに近づけやすい。

 

それに、腫れていてまだラインがきれいに出ていないという場合がほとんどなので、必ず腫れは落ち着いてくることを上手に説明してくれる先生でないと、不信感が生まれる場合があります。

 

相性のよさそうな先生をみつけるためにも、時間がある方は2、3件は無料のカウンセリングに行き、しっかり比較をすることをおすすめします。

 

わたしのおすすめの美容外科は、全国各地にあり、二重手術の症例件数が年間2万3千人近くもある湘南美容外科クリニック です。

 

湘南美容外科クリニック は、アジアで一番多く二重の手術を行っているメディカルグループで、症例実績も多いです。

 

そのため、症例写真や体験談も豊富なので、カウンセリングを受けることで術後の腫れや、経過などのイメージがつきやすいはずです。

 

もちろんカウンセリングは無料でやってくれますし、手術の料金も良心的なので、はじめてのカウンセリングを受けてみるのにぴったりのクリニックだと思います。

 

はじめての手術はとくに緊張すると思うので、じっくり話を聞いてみて自分が納得した先生にお願いしましょうね。

 

 

埋没法を受けてみた方の体験談

f:id:pilattu0730:20161124142306j:plain

 

今まで一重なのがずっと嫌でした。

毎日手間もかかってうんざりしていたので、埋没法での手術を受けてみようと思いました。

先生は私の理想の二重ラインになるように、多少むくみが続く、などの注意点を教えてくれた上で、デザインを決めてくれたので、今自分の理想の二重に形になっていて本当に嬉しいです。

 

毎朝アイプチをして、目が腫れていたり上手くいかない時は1日ブルーだったり、人に素っぴんを見られるのが怖い毎日でした。
手術当日は前日眠れないぐらい怖かったのですが、いざ手術を受けてみると、「え!こんなものなの!」というぐらい全然痛くなくて、もっと早く手術を受ければ良かったと思いました。
術後の痛みも全然無く、まだ少し腫れが残っていますが、埋没法をしてから会う人会う人に「可愛くなったね!」と言われる事が多くなり、素っぴんで人に会うのも怖くなくなりました。

湘南美容外科クリニック HPより

 

もっと体験談を見たい方はこちら↓

メスを使わない「プチ整形」あなたも二重まぶたにしませんか?

 

 

まとめ

f:id:pilattu0730:20161124143118j:plain

 

埋没法はお手軽な手術ではありますが、まったくダウンタイムがないわけではありません。

 

なじんでラインが本当に完成するには1ヶ月くらいかかりますし、腫れは3日程で半分程度、1〜2週間程度でだいぶ落ち着く方が多いです。

 

腫れや内出血などが出やすい、出にくいという個人差もあるので、最低3日、できたら1週間程度は余裕を見て、大切な予定などは控えておくといいと思います。

 

せっかく思い切って手術をしても、予定を詰め込みすぎて、腫れがひくのが待てない…

なんてことにならないように、しっかり余裕をもってチャレンジして、安心してかわいい目元をGETしてくださいね。

 

あなたもぱっちりかわいい目元で、悩みやメイクの手間から抜け出しましょう!

 

カウンセリング無料の湘南美容外科クリニック で、無料カウンセリングを受けてみる↓