読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師の夜勤って、本当につらい。その理由と対策とは?

看護師 看護師-転職

スポンサーリンク

f:id:pilattu0730:20161029155327j:plain

 

看護師って、本当に大変な仕事ですよね。

 

実は、看護師を辞めたいと思ったことがある人の割合は、75%にものぼるそうです。

 

実際、転職率が高いのも、看護師の仕事の特徴ですよね。

 

看護師がつらい理由のひとつに、夜勤があげられます。

 

つらいと思いつつも、なんとかがんばっている看護師さんも多いのではないでしょうか?

 

わたしも過去に、夜勤をしていたことがありましたが、つらくて夜勤前に泣けてきてしまったり、気分が落ち込んでしまうこともありました…

 

今回は、夜勤がつらい理由と、わたしが夜勤を乗り切るために工夫したことなどをお話ししたいと思います。

 

ちなみにわたしは、現在は夜勤のない病院に転職し、精神的にも体力的にも、とてもゆったり、楽しく働けています。

 

わたしが転職して幸せになった話はこちら↓

 

 

わたしが転職するときにすごくお世話になった【ナースではたらこ】はこちら↓

 

「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんなあなたに[ナースではたらこ]

 

 

 

 

 

看護師を辞めたい…夜勤がつらい理由

f:id:pilattu0730:20161029155744j:plain

勤務体系がつらい

 

わたしが一番つらかったのは、これでした。

2交替にしても、3交替にしても、どっちにしてもつらいんですよね。

 

【2交替】

日勤と夜勤があります。


例えば、日勤が8:30~17:30で、夜勤が16:30~9:00など。

 

2交替制は、夜勤がだいたい16~17時間労働。

 

夜勤で2回分の勤務を連続してやるようなイメージです。そのため、勤務時間がかなり長いんです。


仮眠時間が最低2時間と決められてはいますが、夜間の緊急入院、急変などがあると仮眠どころか、休憩すらとれないこともあります。

 

落ち着いていて何事もない日は、本当にうれしいんですが、やっぱり勤務時間が長い分、何かしら事件が起こる確率が高かったような。

 

朝がきて、日勤のスタッフが出勤してくると、本当にほっとしたのを、今でも覚えています。

 

 

【3交替】


日勤、準夜勤、深夜勤があります。


例えば、日勤が8:30~17:30。

準夜勤が16:30~0:30。

深夜勤が0:30~9:00など。

 

勤務時間は規定は8時間ですが、忙しい科にいたときは、ほとんど2時間ずつくらいは、サービス残業してました。

 

そして、一番つらいのが、日勤が終わってから数時間後に、深夜勤務に入らなければいけないこと。

 

例えば日勤後、たいてい残業で、19:00、20:00に家に帰ってきて、ご飯を食べてお風呂に入って、仮眠して、出勤。

 

次の勤務までに4時間くらいしかないのが、すごくつらかったです。

 

夜勤って体力も使うし、日勤で疲れてるから、しっかり寝ておきたい!

 

とは思うのですが、もし寝過ごしてしまって、勤務に間に合わなかったらどうしようって不安がすごくて、うまく眠れないんですよね。

 

実際、3年半のうち、1、2回起きれなくて、冷や汗かいたことがあったような…

 

新人時代にそんな失敗をしてしまったので、そこから深夜前に寝るのが怖くなってしまいました。

 

仕方なく疲れた状態で夜勤へ。終わるころにはこれまた、へとへとでした。

 

こんなふうに、夜勤って、どっちにしてもちょっと無理したシフトになっているし、体力的にしんどいんです。

 

 

責任が重くのしかかってくる

f:id:pilattu0730:20161029155929j:plain

 

わたしの働いていた病棟は、3人夜勤で、患者さんを割り振って看護をしていたんですが、日勤に比べて受け持つ患者さんの数が多いわけです。

 

そりゃあ、日勤に比べて検査やリハビリ、入浴介助なんかのケアはないですよ?

 

点滴なんかも少なめにはなっているんですが、それにしても、日勤の3倍くらいの人数の患者さんを受け持ちながら、重症患者さんの管理ももれなくついてくるので、まだまだ新米のわたしには荷が重かったです。

 

看護師の仕事は、薬を間違えたり、点滴を間違えたら、一大事。

 

疲れていた、眠かった、間違えたなんて、言い訳にはなりません。

 

命にかかわる仕事なので、プレッシャーがすごいんですね。

 

なのに、ちゃんと時間でやらなければいけないことも決まっているし、呼吸器やモニターがついていて、輸液ポンプ・ドレーンなどがずらっと並んでいるのを管理するのも、すごくプレッシャーでした。

 

だって、なんかあったら医師に報告しなければいけないけど、自分が見落としてしまったらどうしようって、思うじゃないですか。

 

早く回らなければいけないけれど、もれなく、確実に!

先輩にも迷惑ばかりかけられないし!

 

なんて思ったら、気が休まる時がなくて。

 

実際、病院内でインシデントが起こったりすると情報として回ってくるのですが、やっぱりインシデントが多いのは夜勤の最中でしたね。

 

病棟で夜勤をしている間、朝よ、早よ来い!って何度、思ったかわかりません。

 

 

急変や急な入院でバタつき、残業になることが多い

f:id:pilattu0730:20161029160254j:plain

 

「今日は静かですね…」

 

この言葉を発した直後にバタつくことが多々あり、いつのまにか禁句であることを学んだ新人さんも、多いのではないでしょうか。

 

落ち着いていた状況を一気に覆すように、一本の「入院です」のTELや、ラウンド中に呼吸が止まってしまっている患者さんを発見してしまい、そこから目が回るような忙しさになることは、日常茶飯事ですよね。

 

そんな時に限って、ナースコールが多かったり、点滴が漏れたり、おむつがもれてしまっていたり、指示された点滴が病棟になかったり…

と問題は重なるわけです。

 

無我夢中で一つずつ仕事をこなし、やっとひと段落した頃には、勤務終了時間はとっくにすぎていて。

 

申し送りもおわって、ほっとあたりを見渡すと、書きかけのカルテや片付けが山積み。

 

プレッシャーから解放されて、ぼーっとした頭で考えると、余計に記録が進まない。

 

気づけばサービス残業、というのも日常茶飯事。

 

やっとすべてを終わらせたときって、本当に抜け殻のようになってますよね…

 

 

夜勤のメンバーを選べない

f:id:pilattu0730:20161029160723j:plain

 

夜勤のメンバーって、実はひそかに、かなーり重要だったりします!!!

 

だって、2交替なんて十数時間も一緒に働くんですよ?

しかも少人数で。

 

わたしは幸い、スタッフに恵まれており、いじめたりする先輩もおらず、親切にしてもらったことがすごく多いです。

 

でも。やっぱり、ちょっと聞きずらいなとか、気を使っちゃう人もいるじゃないですか。人間だもの。

 

人によって、すごく仕事を手伝ってくれたり、この人がいれば神!的な日もあれば、中には仕事をあまりしてくれない方もいらっしゃったりするわけで。

先輩だといえないしね。

 

逆に、こっちが足手まといと思われても申し訳ないので、はい!はい!

と、てきぱき動こうと心がけてはいましたね。実際、動けていたかどうかは別として。

 

やっぱり女の職場、嫌われたくはないです…

 

結構、いい子ちゃんでがんばっていた気がするな。今思えば、それもストレスだったのかなあ?

 

でも、めちゃくちゃ忙しくて大変だった夜勤が、割とスムーズに動けて、無事終わった時の一体感って、半端ないですよね。

 

夜勤でうまく動けるようになってから、信用されるようになっていく気がするな。

 

そう考えると、本当に夜勤の影響って大きいんです。

 

 

不穏患者さんとの付き合いが難しい

f:id:pilattu0730:20161029161306j:plain

 

ただでさえ、人数が少ない夜勤。

 

何事も起こらないように、気を付けてラウンドしてはいても、事件は突然起こる。

 

寝たきりで歩けないはずの患者さんが、なぜか床をはって出てきてしまっていたり、点滴を抜いてしまって、辺りが血だらけになってしまっていたり。

 

発見時には、ひゃ~っ!って叫びたくなります。

 

夜中なのに、ナースコールを何度も押してしまったり、大声を出したり。

 

ご本人は悪気はないのだけれど、寝ている患者さんもいるので、なかなか難しい。

 

それよりもドキッとするのが、意識がなくて抑制をしなければいけない患者さん。

 

挿管チューブや、OPE後のドレーンなど、抜かれてしまったら、絶対にまずいものたち。

 

なにがなんでも死守せねばならないのだけど、抑制がとれてしまい、今にも抜かれそうになってしまっていると、本当にひやっとしました。

 

あんなにしっかり固定して、ダブルチェックまでしたのにー!とか、抑制って仕方ないんだけれど申し訳ないなとか、いろんな感情が渦巻きます。

 

 

言葉で説明できないような、不思議なことが起こることがある

f:id:pilattu0730:20161029161258j:plain

 

新人時代。

夜勤に入ったばかりのころは、本当に夜勤がこわくて仕方ありませんでした。

 

別にわたしは霊感なんて全くないし、どちらかというと鈍いほうだと思う。

 

でも、病院って、亡くなった人もいるし、やっぱり真っ暗い中、懐中電灯ひとつで一人でラウンドするのはこわかったです。

 

それでもいつのまにか、だんだん慣れてきて、何も考えないようにして、回れるようになりました。

 

だけど、夜勤をしていると、たまにあれ?おかしいな?ってことがあったりするんですよね。

 

実際に見たわけではないけれど、なぜかだれもいないはずの個室からナースコールが鳴ったり、窓が開いていたり。

 

夜勤だから、3人しかいないはずなのに、誰に聞いても、わたしじゃない、ってなる。

 

単なる思い過ごしか、って思うしかないけれど、そこは重症の患者さんの入る個室だったりするので、やっぱりこわかった。

 

信じるか信じないかは、あなた次第です…どこかで聞いたようなセリフ。

 

 

夜勤をうまく乗り切るコツ

f:id:pilattu0730:20161029161526j:plain

 

憂鬱な夜勤。どうしたらうまくのりきれるのか、まとめてみました。

 

睡眠は90分間隔でとる

 

夜勤前の睡眠をとるときは、スッキリ目を覚ますために、90分間隔を意識しましょう。

 

1時間半、3時間、4時間半…と言った感じですね。

 

寝過ごさないように、うるさめの目覚ましと携帯と、ダブルでアラームをセットして、ひとつは近くに、ひとつは遠くにおいてました。

 

体を起こすまでがつらいですからね。

 

 

周りのスタッフをうまく頼り、1人でがんばりすぎない

 

がんばらなきゃ!と思うばかりに、1人で仕事を抱え込むのはやめましょう。

 

がんばる姿勢はもちろん大切ですが、助けを借りなければいけない場面では、しっかり困っていることを伝えて、助けてもらうことが大事です。

 

特に、新人時代やまだ他のスタッフと仲が親しくない場合、つい、頼みづらくて仕事を抱え込んでしまいがちです。

 

結果、足手まといになったり、困っていることが伝わらず、あの子って何考えてるのかわからない…なんて言われてしまったりして、つらい思いをすることもあります。

 

素直に頼って、かわいげのある人材を目指しましょう!

 

頼られるとかわいがられることって多いですしね。愛嬌って、本当に大事です!

 

 

 メモの取り方を工夫する

 

夜勤で悩むのが、限られた時間で、うまく自分の担当の患者さんを回る方法だと思います。

 

わたしはなるべく早めに病棟に入り、情報収集の時間を十分にとったり、メモをとるときに、患者さんの名前とやることを、時系列で整理してとるように心がけていました。

 

一目で何時に何をすればいいのかが分かるようにすると、動きやすいです。

 

てきぱき動いている先輩に、ラウンドのコツを教えてもらうのもいいと思います。

 

「〇〇さんのように、てきぱき回れるようになりたいんですが、うまく回るコツってあるんですか?メモの取り方をこんな風に工夫しているんですけど、うまくいかなくて…」

 

なんて、聞かれたら、普通の先輩は親切に教えてくれるはず。

 

いろいろ試行錯誤、試してみてくださいね。

 

 

とはいっても、夜勤が本当につらい、合わないと感じている人は無理をしないことが大切です

f:id:pilattu0730:20161029161616j:plain

 

やっぱり、何事も、初めからうまくできる人なんていません。

 

今では、てきぱき仕事をしていてかっこいい先輩だって、新人時代なんてあったのだろうか?と疑いたくなるような師長さんだって、新人時代は悩み、いろんな失敗を重ねてきたはずです。

 

だから、失敗を重ねつつ、経験を増やしていくしかないんですよね。

 

今、がんばったことはきっと後から役に立つはずだし、いつかいい思い出に変わるはずです。

 

でも。

 

がんばってみたけれど、いろいろ試してみたけれど、やっぱり夜勤がつらくてつらくて仕方がない。

 

  • なんだかやる気が出ない。
  • 仕事に行けなくなってしまった。
  • なぜだか泣けてきてしまう…

 

そんな方は無理してがんばろうとするのは、やめましょう。

 

人間らしくいられなくなってまで、今の職場にこだわる必要って、ないと思うんですね。

 

仕事は、今の職場だけではありません。

夜勤だって、やらなければいけないわけじゃないし、病棟勤務だって、やらなくてもいい。

 

看護師の資格を持っていれば、日勤だけの仕事や、派遣、クリニック、保育園などなど、いろんな働き方ができます。

 

あなたは仕事をするためだけに、うまれてきたのでしょうか?

 

そうではないはずです。

 

仕事は、自分の人生を楽しく生きていくため、プライベートをより楽しむために、するべきなんじゃないでしょうか?

 

それに、人生の半分を仕事に費やすと思うと、イヤイヤ仕事をするより、楽しくてやりがいを感じられる仕事につけたら幸せなことですよね。

 

そうなるためには、待ってるだけじゃ、ダメだと思うんです。

 

  • 自分が得意なこと
  • 好きなこと
  • 楽しいこと
  • やりがいを感じられること
  • 苦手なこと
  • いやなこと
  • どうしてもやりたくないこと

 

あなたはこれを真剣に考えたことがありますか?

 

わたしは市民病院で働いていて、夜勤がつらくて仕方なかったし、病棟会や勉強会などで休みが休みでなくなるのがいやでした。

 

ほかにやりたいこともあったし、給料も不満だったし、ほかの病院ってどうなんだろう?もっと自分に合った、職場があるんじゃないのだろうか?って思い始めたんです。

 

そう思って、勇気を出して看護師の転職サイトに登録して、担当のAさんにいろいろ相談してみて、人生が変わりました。

 

わたしが実際、使ってみてすごくよかったのはこちらのサイトです↓

 

 

 

わたしが転職して、人生が変わった話はこちら↓

 

 

今の職場のこんなところが不満で、ここをこう変えたい。

 

こんな働き方で、給料はこのくらいが理想。

 

そんなことをいっぱいお話しして、自分に合った職場を探してもらったんです。

 

おかげで今は、楽しく働けているし、給料もアップして勤務時間も少ない!

 

そんな理想がかなってしまったんですね。おかげで、今年、勤続7年目。

 

まさか、自分がこんなに長く働ける職場が見つかるとは…

 

でもね、あなたも自分にあった職場を見つければ、きっと長く働けるし、楽しく働けると思うんです。

 

だって、看護師の落ちこぼれだって思っていたわたしが、看護師免許を生かして、楽しく働けているんだから。

 

仕事は人生のうち、大きなウエイトを占めます。

 

だからこそ、今、不満やつらさばかりで、人生が楽しくない…というあなたは、勇気をもって、もっと自分がイキイキ働ける仕事を探してみてください。

 

自分で行動を起こさなければ、何も変えることはできません。

 

ちなみに、わたしがお世話になった【ナースではたらこ】は、すぐに転職しなければいけないわけでもなく、「今の職場に不満があって、いいところがないか探している」という感じでも、すごく親身になって、あなたに合った職場を探してくれます。

 

そして、「やっぱり、今の病院でがんばることにする!」となったら、しつこく連絡をしてくることもありません。

 

しつこくてイヤな気分になるのもいやだし、これって、すごく大事ですよね。

 

今の働き方に少しでも疑問や不満があるのであれば、ぜひ、情報収集してみてください。

 

人生、短いです。

 

迷っている時間がもったいないです。

 

もっとあなたに合う職場が見つかって、イキイキすごせるようになりますように。

 

【ナースではたらこ】で自分に合った職場を探してみる↓

 

 

 

わたしが転職して、人生が変わった話はこちら↓