いまのわたしにできること

看護師の再就職の強い味方!復職セミナーとは?

スポンサーリンク

f:id:pilattu0730:20180214115518j:plain

もう一度看護師として働きたい。

 

でも長年のブランクがあると、果たして自分は看護師として働けるだろうか?と不安になりますよね。

 

そんな時、受けてみたい復職セミナー。

でもいつ・どこでやっているの?いくらくらいかかるの?どんな内容をやってくれるの?

この記事ではそんな疑問にお答えして、復職セミナーに対する情報をご紹介したいと思います。

 

 

看護協会主催の復職セミナー(例:東京都看護協会の場合)

f:id:pilattu0730:20180214111747j:plain

看護協会主催のセミナーが、最もポピュラーかもしれません。

各都道府県の看護協会でそれぞれ毎年開催されています。

 

対象

保健師・看護師・助産師・准看護師のいずれかの資格を有し、現在離職していて東京都内に就職を考えている人

内容

最新の医療・看護の講義と模型や医療機器を使った演習、病棟実習

希望者は病棟実習のほかに訪問看護の実習や介護施設での実習、就職相談も受けられるそうです。

費用

全て無料で受講でき、実習時の傷害・賠償保険も無料で加入できるそうです。

日数

1日コース、5日コース、7日コースから選べて1日コースは講義のみですが、5日コースと7日コースには、それぞれ演習と病棟実習が体験できます。

 

無料だし、講義と演習で実技を学んだあとに、実際の病棟で実習も出来るので有意義な体験が出来そうですね。

 

万が一の保険加入もついていて安心です。

 

受講者は一番多いのは40歳から45歳の方で、離職期間は1年未満から20年以上までと幅広く、半数以上の人が受講後1年以内に再就職を果たしているそうです。

 

病院単位で開催されている復職セミナー

f:id:pilattu0730:20180214111848j:plain

各病院でも復職セミナーに力を入れている病院もあります。

病院ごとに内容もそれぞれ異なってきますし、日数も違ってきます。

 

対象

ほとんどの病院が保健師、看護師、助産師、准看護師のいずれかの資格を有し、現在離職中で就職先が決まっていない人という条件を出しているようです。

 

内容

病棟見学のみの就職説明会と大して変わらないのでは?と思う内容の病院から最近の医療の動向などの講義、薬剤についての講義や採血や輸液に関する実技演習をやってくれるところなど、病院それぞれに内容は異なってきます。

 

病院によって病棟見学や実習だけでなく、訪問看護や老健などの施設も併設されている病院であれば、そういった施設での研修も併せて行っている病院もあります。

 

自分がどういうところに再就職したいかイメージを持っていれば、より自分に合った内容のセミナーを探せそうです。

 

費用

無料のところもありますが、1000円くらいの参加費がかかる病院もあります。

病院によっては、お昼ごはんや白衣も支給してくれる病院もあるようです。

就職相談も出来るし、自分でこんなところに再就職したいというイメージがある人は病院の雰囲気もつかめるのでおススメです。

 

日数

各病院によって違いますし、病院によっては1日コースから1週間コースまで選べるような形をとっている病院もあります。

 

病院によってセミナーの質も様々ですし、一概には言えませんが、病院の雰囲気を掴むためには一番いいと思います。

 

就職先として具体的な病院の目星がついているなら、そこの病院の復職セミナーにまずは行ってみるというのもいいかもしれません。

 

単なる就職説明会より病院内での実習があるので、もっと病院の中の実態を知ることが出来るかもしれません。

 

企業が開催する復職セミナー

f:id:pilattu0730:20180214111907j:plain

転職サイトの運営会社や派遣あっせん業の会社が企画運営している復職セミナーもあります。

 

りえオススメの転職サイトはこちら↓ 

対象

他のものと同じで、看護師や助産師などいずれかの資格を持っていて、現在就業していない人。なおかつ再就職を考えている人となります。

 

内容

企業が持つ人脈などを駆使して、各専門家を講師に招いた本格的な講義が聞けたり、もちろん最新の医療機器の取り扱い方や実習なんかもあります。

講師がその分野のエキスパートたちなので、より専門的で深い話が聞けるかもしれません。

 

費用

無料のものも多いですが、会員制でまずは会員登録をするところからということもあります。

転職サイトの企業であれば、そのまま就職先も紹介してもらえるので、一石二鳥かもしれません。

 

日数

1日だけの講義スタイルのものが多いかもしれません。

病棟実習というよりも、より専門的な知識を学ぶ場という感じです。

 

企業がやっているセミナーの強みは専門職による専門的な講義です。

現場の雰囲気を体感するよりも、まずは知識を高めたい!という方は企業が行っている復職セミナーにまずは行ってみるといいかもしれません。

 

いくつかの専門分野の講義を受けて、自分が興味を持てる分野を探して行くというのもいいですね。

 

復職セミナーは再就職の第一歩

f:id:pilattu0730:20180214112015j:plain

看護師としてもう一度働きたいと思っても、医療の現場は大変だし責任も伴うし、ブランクがあればあるほど、なかなか踏み出す勇気が出せなかったりしますよね。

 

そういう時、復職セミナーはその勇気を与えてくれる一つの手段になると思います。

 

あなたはできないわけではなく、ただ忘れてしまっているだけで思い出せば出来るようになります。

 

眠ってしまっている感覚や知識を呼び起こし、そこに今の現場の新しい知識を少し足せば立派にまた働くことが出来ます。

 

そのことに気付かせてくれるのが、こういった復職セミナーだと思います。

 

ただなんとなく、もう一度看護師として働きたいなぁと考えているのなら、まずは一度こういったセミナーに参加してみると、具体的にどんな職場がいいかや、どういう形態がいいかなど、より現実的なことを考えられるようになると思います。

 

せっかく持っている資格ですから、どんな形でもその資格を活かして自分の生活を充実させましょう!

 

りえオススメの転職サイトはこちら↓