読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログで自分を出し切れないあなたに試してほしい4つの対策

ブログ ブログ-ブログ論

スポンサーリンク

f:id:pilattu0730:20161216233715j:plain

ブログでイマイチ自分を出し切れていない気がする…ってこと、ありませんか?

 

わたしもブログを始めて半年くらいは、ずっとそんなことを思ってました。

 

周りにはバズってばかりの友人や、決め台詞があったり、ファンが多いブロガーさんがいて、キラキラ輝いて見えて。すごくうらやましかった。

 

 

それに比べて自分は、普通。

まじめな文章が多いし、こういった記事が多い中で‘自分らしいブログ‘とか、‘ブログで素をさらけ出す‘って、何なんだろう?って、ずっと悶々としてた。

 

悩んだ挙句、過去にこんな記事も書いてます↓

 

この記事もおすすめ!

でも、ブログを始めて8か月。

ひたすらブログを続けていくうちに、いつのまにかそんな感情がなくなっていることに気付いたんです。

 

 

きっかけはお問合せフォームを設置し、メッセージが来たこと

f:id:pilattu0730:20161216234511j:plain

 

最近やっと、お問合せフォームを作ったんです。

(PC版だけなので、スマホ版も作らなければ!作ってすぐに2件もお問い合わせをいただきまして、感謝しております。)

 

そこでメッセージを送ってくれた、nanaさんからの質問がきっかけでした。

 

りえさんファンのnanaです。イタズラじゃないです。

りえさんが苦労したことも全部包み隠さず書いているこのブログがとても好きです。

今のわたしのブログは、まだ全開じゃないような気がして、りえさんのように堂々と苦労したことなんかもかけるような度胸を据えたブロガーになりたいなと思って、心がけていることなどを聞きたいなと思っていました。
~以下略~

 

nanaさん鼻歌でも歌いながら行くさというブログを運営している、浜崎あゆみさんが大好きなニュージーランド在住のブロガーさん。

ペコちゃんに似ているらしい…♡

 

nanaさんから質問をもらったことで、自分があんなに悩んでいた‘ブログで自分を出し切れない‘という悩みが、いつのまにか解決していたことに気付いたんですね。

 

恐れ多いのですが、りえさんの文章が好き。思いがすごく伝わってくる。

最近、そう言ってもらえることが増えたのも自信がついた原因だと思います。

 

今日はブログで自分を出し切れない!と悩んでいたわたしが、実際にやってみて効果があったことを4つ挙げてみたいと思います。

 

参考になったら幸いです。

 

 

①ツイッターで自分の素をさらけ出す練習をする

f:id:pilattu0730:20161216234816p:plain

 

ツイッターのフォロワー数を増やすには、ツイッターの内容はかなり大事!

すごいブロガーさんはよく言っていますよね。

 

わたしもそれはすごく思います。でも、いつもがんばってる風とか完璧なツイートをしてても、なんか違うなって思ったんですよね。

 

わたしはbotのような、完璧な文章を毎回つぶやくよりも、人間味のあるツイートが好きだなあって。

さすがにバカだのアホだの、言葉選びは気を付けますよ?

 

でも、ブログよりもゆるーく、もっと自分をさらけ出してもいいんだって思ってから、自分の思いを気軽につぶやけるツールとして使ってます。

 

前向きなことは多めに、たまに落ち込んだりも(笑)

 

 

こんなことをしてても意外と、フォロワー減ったりしないんだ、とか、温かい言葉をかけてもらったりしてうれしくなったり。

 

ツイッターって短い文しか書けないけど、自分を表現する練習になっていいです。

 

それに、ツイッターで記事のシェアだけじゃなく、何かをつぶやくことで絡んでくれる人が増えると楽しいし、自分の思いも伝えやすくなります。

 

いつもかまってくださるみなさん、ありがとうございます!!

 

 

②思い切って、過去の失敗談や身近な人に知られたくない事実をブログにあげてみる

f:id:pilattu0730:20161216235227j:plain

 

あなたは身近な人に知られたくない失敗・過去などはありますか?

 

わたしはたくさんありますよ~。

 

現に、記事出すまでは‘知られたくない恥ずかしい事実‘って、思ってましたもん。

むしろよくここまで書けるねとか言われるし、恥ずかしいネタありすぎやろ!的な?(笑)

 

それではお見せしましょう、ジャーン!

 

わたしの人生で一番の失態を書いた記事①↓

 

 

わたしの幼少期からのコンプレックスを書いた記事②↓

 

 

わたしの恥ずかしい青春時代パーリナイな記事③↓

 

 

だけどね、なぜかブログに書いて、みんなに読まれちゃうと開き直れちゃうんですよ。

 

普通に生活してたら、絶対に言いたくないことなはずなんだけど、こうやってブログに書いちゃうと、「ホント300万の詐欺とかネタだよね~!」って笑えるようになるから不思議です。

 

これは本当にびっくりした!

マジでどうでもいいというか、まあいっか!ってなってくるんですよ。

思考回路がマヒしてくるのかな?

 

コツは、より恥ずかしい度数の低いものから順々にアップしていくことです。

わたしは合コン記事から、ギャンブル依存症、300万詐欺の順でいきました(笑)

 

もちろん、FACEBOOKには友達もいるし、みられたらやだなあ…って思ったけど、

えいやぁ~!ってアップしました(笑)

 

結果、‘友達も何気に自分のブログ読んでるけど、意外とひかない‘っていう結論になりました。

 

「詐欺にあったって、大変だったねえ…」って言われることはあっても、あいつアホやって笑われることもなかったし、仲のいい友達と今まで通り普通に過ごせてる。

 

むしろ、ブログすごいね!とか、がんばったね!尊敬する!なんて言ってもらえることの方が多くて、びっくりしてるくらいなのです!

 

これが本当の友達かぁって。

 

逆に、知らないところで距離を置かれていたとしても、そういう人は自分にとって初めからどうでもいい人なはずだから、問題ないのです!

気づいてないくらいだしね。

 

ということで、あなたもこれはネタになりそうだけど、知人に知られたくないぃ~!っていう記事を3つくらい考えて、より難易度の低いものから徐々に投下してみてください。

 

いつのまにか書いちゃお~的なノリで、いろんなことを書いてしまっている自分に出会えるはずです。

 

 

③自分の思いを際立たせるテクニックを使う

f:id:pilattu0730:20161217000144j:plain

 

自分の思い・感情を文章で伝えたいけど、うまく伝わらないことってありますよね。

わたしも初めはよくわからなかったです。

 

でもうれしいことに、最近は思いが伝わるって言ってもらえるようになって、考えてみると、自分の中で試行錯誤して、気を付けていたことが3つありました。

 

 

思いや感情は、自分が普段、実際に話すような言葉を使う

 

例:「なかなか成約しないよ~。アフィリむずかしい~」なんて、泣き言を言ってたのを思い出します。

 

例:いまでも本当に試行錯誤で、「全然、増えないよ~!なんで~!」なんていってますが、実はなんか楽しいです。

 

文章って気持ちが伝わりにくいからこそ、自分がリアルに言っていたフレーズやリズム感をそのまま入れてみると伝わりやすいです

 

本当は吹き出しデザインとかを使うと、もっと伝わりやすいんだろうなと思いつつ、へっぽこブロガー、うまく使いこなせていません…

 

専業になって時間を確保できたら、一番簡単なカスタマイズで挑戦しようと思っています…(ダメなやつ)

 

あとは本には語尾を統一しろ!ってよく書いてあるのですが、わたしはですます調に、時折、話し口調とか、である調とかをあえて入れてみてます

 

基本、ですます調で丁寧な雰囲気に見せたいけれど、たまに話し口調を入れて身近に感じてもらいたいっていう思いもあったりで。

 

である調はここぞとばかりに、最後きちっと締めたいとき、印象付けたいときに使います。

 

言葉遣いって悩みますが、自分がどんなイメージに見られたいかで決めればいいのか!って思って自由に書いております。

 

 

時々、疑問を投げかけて自分事としてとらえてもらう

 

これはよく聞くテクニックですが、あなたは〇〇と思ったことはありませんか?と疑問形で問いかけられると自分事と感じやすいことを知ってから、この手法はよく使っています。

 

冒頭で箇条書きで読んでもらいたい人についてあげて、問いかける、という手法もよく使っています。

 

 

自分が本当にいいと思ったサービス、人、モノについてしか書かず、楽しんで書く

 

自分が本当にいいと思ったことしか発信しない!

 

そう初期に決めてから、好きなものや本当に伝えたいことについてしかブログを書くことがないので、書いていてすごく楽しいんです。

 

やっぱり楽しんで書いた文章、伝えたいことについて熱く語る文章は伝わりやすいですよね。

 

 

とはいっても、わたしの伝わりやすい文章を書くという視点がすごく変わったのは、沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉という本がきっかけです。

 

共感を誘発するためには、何が重要なのかがわかりやすく書いてあったので、読んで即、取り入れられるところは取り入れました。

 

何度も読み返したい良本です!また読みかえさなきゃだな。

 

 

④アフィリエイトに夢中になる

f:id:pilattu0730:20161217003950j:plain

 

アフィリエイトって結構、難しくてですね。

 

試行錯誤してるうちになんだかだんだん、人に過度に好かれたいって思いが薄れてきたんです。

 

だって、アフィリを成約させるには、検索に強い記事をバンバン書いていかなきゃいけないじゃないですか。

 

初めはみんなに好かれたいっていう気持ちが強かったわたしですが、自由な時間を作るためにアフィリをがんばるんだ!って決めてからは、自分の思いを伝える記事よりアフィリの記事を書くことが多くなりました。

 

みんなに好かれたいなんて、無理に決まってるのにね…

 

結果、‘全部の記事をみんなに好きになってもらおう‘なんて無理なことは考えなくなったし、たまに書く‘自分の思いを伝える記事‘で、思いっきり自分を出してこう!って思えるようになりました。

 

そしたら自分の気持ちが楽になって、アフィリの記事も、過去の自分が感じたことをどう素直に表現するかっていうのを楽しめるようになって、どっちも好きになったんですよね。

 

アフィリでお金も稼げて、記事を書くのも楽しめて、一石二鳥です!

 

 

とはいっても、一番大事なのは続けること

f:id:pilattu0730:20161217003900j:plain

 

とはいってもですね。一番大事なのは、続けることなんじゃないかなって思います。

やっぱり体調が悪かったり、バタバタしたり、更新できないこともあります。

 

でも、自分ができる限りやめずに続けていくことで、ブログに文章を書くことになれてくるんですよね。

 

それが一番、自分を出す方法に近いのかもしれない。

 

わたしはあまりバズったこともないので、ほぼネガコメも経験していません。

 

そんなわたしがいつか、ネガコメの嵐にさらされてコテンパンにされたら、悲しくなるんだろうけど、それでもやめずに細々でも続けていけば、ネガコメにも慣れてくるのかもしれません。

 

そこは、いまのわたしには未知数ですが、それくらいずっとずっと、心を込めて、‘誰か‘に‘なにか‘を伝え続けていけたらステキだな。