いまのわたしにできること

美容外科看護師はメリットいっぱい?魅力・やりがいはどんなこと?

スポンサーリンク

f:id:pilattu0730:20180307095247j:plain

こんにちは。美容外科ナースのりえです。

 

美容外科のお仕事ってなんだか楽しそう!でも、実際どんな魅力ややりがいがあるの?

と思っている方は多いと思います。

 

今日はそんなあなたに向けて、美容外科歴9年目の私が、美容外科看護師の魅力・やりがいについてお話ししていきますね。

 

美容外科看護師のメリット・魅力は?

1.美容外科看護師として働くことで自分自身もキレイになれる

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/pilattu0730/20170810/20170810121454.jpg

美容外科で働く最大のメリットは、美容外科看護師として働くことで自分自身もキレイになれるということだと思います。
 
正直に言うと、美容外科で働いていると社員割引があったりします。(クリニックにもよります)
 
肌の機械や脱毛器はスタッフ同士で照射の練習をしたりするので、新人さんの練習台になったり、新しい治療をみんなで試したり。
 
注入系や手術も通常よりは割安でできることも多いので、すごくお得です!
 
それだけではありません。
 
美容の知識があると、コンプレックスを解消する方法がどんどん見つかって楽しいです。
 
例えばシミやそばかすなんて取れないものだと思っていたのに、レーザーで簡単にとれることを知って感動したり、長年悩んでいた肌荒れがプラセンタ注射で劇的に改善したり。
 
働いて勉強していくうちにどんどんキレイになれるので、年齢を重ねるのも楽しくなります。
 
これは病棟でボロボロになって働いていたときでは、想像できなかった感覚ですね。
 
実際に大きな整形をしていなくても、入社当時よりもキレイになっている看護師ばかりです。
 
美容に携わるということで、意識が変わるというのもあるかもしれませんね。
 

2.夜勤がない 

f:id:pilattu0730:20180122164937j:plain

美容外科の多くは夜勤がないクリニックが多いです。

 

そして、夜勤のないメリットと言ったら、体調や肌の調子がめちゃくちゃよくなることです。

 

私は病棟時代、夜勤で荒れまくってアトピーだった肌も改善し、今ではまったくわからなくなりましたし、体調や精神面さえも安定してきました。

 

夜勤特有の少人数で複数の患者さんを見るプレッシャーなどもないし、規則正しい生活が送れるのは大きな魅力ですよね。

 

3.給料が高い

f:id:pilattu0730:20171122153938j:plain

夜勤がないと給料は低くなるんじゃないの?と心配になりますが、なんと私は夜勤もなく仕事の負担も軽いのに、病棟時代よりも美容外科の給料のほうが年間手取り120万円も多くなりました。

 

りえの詳しい給料が気になる方はこちら↓

美容外科の平均給料は月25~35万。ボーナスは2~5か月分と言われています。

 

美容が好きだからこんなに楽しいのに、いいの?って感じですよね。

 

でも美容外科は自由診療。高額の治療もあるので、お給料は高めなんです。

 

ちなみにノルマがあるところとない所がありますが、うちのクリニックはノルマなしです。

 

なので、特に自分から商品や治療が成約しても、何も特典はありません。

 

ノルマに対し、プレッシャーを感じる人もやりがいを感じる人もいると思うので、自分に合ったクリニックを見つけるのがポイントですね。

 

また、美容外科は残業があるクリニックもあり、そういったクリニックは残業手当でかなりお給料がいいようです。

 

しっかり内部情報をチェックして、あなたの希望にあった職場を選んでくださいね。

 

4.患者さんがキレイになるのがうれしい

f:id:pilattu0730:20180308155217j:plain

病棟勤務では、病気でつらそうにしている人や亡くなってしまう人も多いですよね。
 
でも、美容外科では元気な人が来るので雰囲気が明るいです。
 
例えば大きなシミやひどいニキビで悩んでいた人が
 
「すごくお肌がキレイになってうれしいです!」
 
そうやって笑ってくれたとき。
 
コンプレックスだった目や鼻が施術をして、キレイになったときの笑顔。
 
そんなときは、私までうれしくなっちゃいます。
 
やっぱり中身はもちろん大事だけれど、オンナとして生まれたからにはいくつになってもキレイをあきらめたくない。
 
自分もコンプレックスなんていっぱいあるから、気持ちがすごくよくわかるんですよね。
 

5.死に直面することがないため、精神的にゆったりと働ける

f:id:pilattu0730:20171122132946j:plain

美容外科は病棟と比べて、急変などがほぼないのでそういった意味ではゆったりと時が流れていきます。
 
たとえ予約がいっぱいで忙しくても、忙しいようにみせないように努力。なるべく優雅に。
 
全身麻酔の手術の日や忙しい日はあるけれど、人が死んでしまうかもという救急のバタバタ感は皆無です。
 
私、病棟勤務の急変時が精神的につらくて。
 
ミスは許されないし、命の危険があるからプレッシャーがハンパない。
 
そんな看護師さんにはいいかもしれません。
 

ゆったり働ける環境によって、看護師にあるあるの性格のキツさがマシになります(笑)

 
私も外科のバタバタ時代より、だいぶ丸くなりました。
 
本当はミスは許されないぞ!って気を張ってるの、大変でした。
 
私はどっちかというとドジなところもあるし、ゆったりニコニコ接客があっているのかもしれません。 
 

6.興味がある美容の仕事だから勉強や練習も楽しい

f:id:pilattu0730:20180304142954j:plain

自分の好きなことや興味があることって、勉強も練習も苦痛なく取り組めますよね?

 

私はもともと美容が好きだったので、病棟の新人時代よりも美容外科の新人時代の方が楽しめたし、がんばろうと思えました。

 

学生時代、記録や実習が苦痛で仕方がなかった自分としては、こんなに楽しい勉強もあるのか!!!と衝撃を受けたほどです。

 

確かに、機械の照射は慣れるまでとても難しかったです。

 

何度も練習して、患者さまに初めて施術に入るときはそれはそれは緊張しました。

 

失敗して凹んだことだってもちろんあります。

 

でも、それでも上手くなりたい!がんばろうって思えたのは、多分美容が好きだったからなんですよね。

 

美容好きな方は美容外科看護師、とっても楽しいと思いますよ。

 

美容外科看護師のお仕事のやりがいを感じる時ってどんなとき?

患者さまの悩みに合う施術を提案して、喜んでもらえるところ

f:id:pilattu0730:20180220110205j:plain

例えば肌の機械の照射中に、患者さまが悩みをぽろっとお話ししてくれたとします。

 

そんな時に「こんな治療法もありますよ」と提案できるようになって、患者さんが喜んでくれたときは本当にうれしいし、やりがいを感じます。

 

案外、先生に聞きにくいようなことを看護師に質問してくる患者さまは多いので、そんなときは自分なりの意見をお話しするようにしてます。

 

こんな治療やってよかったよ!という生の体験談も聞きたい患者さまは多いので、美的好奇心が生きてきますよ!

 

大きな手術の介助につけるようになり、スムーズに器械出しや挿管介助につけた時の達成感はひとしお!

f:id:pilattu0730:20180213141511j:plain

美容外科は急変がないから、ゆったりしていると書きましたが、大きな手術の時はやはり緊張感が漂います。

 

私も実は慣れるまでは器械出しや挿管の介助に着くのが、憂鬱で仕方ありませんでした(笑)

 

でも、だんだん慣れてテキパキ動けるようになると、達成感を感じることは間違いありません。

 

これもまた大きなやりがいの一つと言えます。

 

キレイだね、あなたみたいになりたいって言ってもらえるとうれしい!

f:id:pilattu0730:20180118161129j:plain

入ったばかりの新人時代は「キレイね、あなたみたいになりたい!」って言われている先輩がうらやましかったです。

 

でも、不思議と美容外科治療や施術・接客にも慣れてきた頃、自分も同じようにいってもらえるようになりました。

 

「お姉さん、超キレイ。いいなあ。お姉さんみたいになりたい。」

 

これは美容外科看護師としての自信や余裕ができてきた証なのかな?と今では思います。

 

美容外科看護師としてキレイを提案する身として、いつまでもキレイでいられるのもやりがいの一つになっています。

 

効果が出るように患者さまに合わせた設定で機械を照射し、いい結果を出せた時

f:id:pilattu0730:20180221170053j:plain

美容外科での仕事の中でも、機械の照射は難易度の高いお仕事です。

 

看護師として普通に働いていたら、機械の照射なんて経験することはないですし、脱毛や美顔、痩身などたくさんの種類があります。

 

初めは覚えるのが大変で辛くなることもありますが、できるようになってくるととてもやりがいがあって、楽しいお仕事の一つです。

 

やり方一つで効果は変わってきますし、患者さまにあった方法を選択する難しさもあります。

 

意外と奥が深いのが、この機械の照射なんですよ。

 

美容外科看護師のお仕事のやりがいを感じられるのはいつから?

f:id:pilattu0730:20180130140607j:plain

たくさんのやりがいや魅力のある、美容外科看護師のお仕事。

 

とはいっても初めは覚えることがたくさんで大変だったり、なかなか覚えられない自分に自己嫌悪してしまうことも多いです。

では、美容外科看護師としてのやりがいを感じられるのは、一体どれくらいの時期からなんでしょうか?

 

これについて私は、仕事に慣れてきた2年目くらいからだと思っています。

 

特に入ってから半年は、機械の照射や手術介助など覚えることがたくさんあり、いっぱいいっぱいの方が大半です。

 

でも、だんだん仕事を覚え、自分が主体的に動けるようになり、アレンジを効かせられるようになってくるとやりがいを感じ、楽しめるようになってきます。

 

なのでもし、美容外科に入ってみて私は向いてないかも…なんて思うことがあったら、一通り仕事を覚えるまでは続けてみるといいと思います。

 

ちなみに入ったばかりは、練習しなければいけない身であるため、自分は施術をやってもらいづらかったりもします。

 

なので社員割などの恩恵を受けられるのも、慣れてからと思っておくといいです。

 

初めはできなくて向いてない、といっていた子も案外できるようになって長く働くケースもあったので、美容が好きで迷っている方は参考にしてみてくださいね。

 

あなたももし、美容外科看護師になろうか迷っているのであれば、お近くに条件の良い美容外科の仕事がないか探してみるといいですよ。

内部情報がびっくりするほどわかる!りえおすすめの転職サイトはこちら↓

美容外科看護師記事一覧はこちら↓