いまのわたしにできること

32歳、挫折を味わってやっと少しオトナになれた気がする

スポンサーリンク

f:id:pilattu0730:20170729054908j:plain

こんにちは。りえです。

 

実は、最近ずっと1人でもやもやしてました。

 

自分自身、キレイになることが好きだし、もっと自信をつけたい!

 

そう思って正しい姿勢を習い始め、このすばらしさを人に教えられるようになりたい…そう思って半年ほどかけて、ウォーキングインストラクターの資格を取りました。

 

いざ。資格も取れてめでたしめでたし!姿勢が変わってキレイになったってほめられるようになったしわたし、がんばったじゃーん!となるはずが、なんだかずっともやもやしていたのです。

 

ストレッチを毎日していて健康になるべきはずなのに、原因不明の肌荒れ、生理中のむくみやだるさが倍増、なんだかやる気の出ない日々。

 

そしてある日、首を痛めて動かなくなってしまい、精神的にも何も手につかなくなってから気づきました。

これ、完璧ストレスになってるな…

そして、このある意味挫折ともいえる経験から「苦手を克服するより、好きなことや特技を伸ばしていくほうが断然早い!」ということを痛感したのです。

 

‘人前苦手‘、‘教えるのが苦手‘は克服できなかった

f:id:pilattu0730:20170729055231j:plain

わたし、意外に見られますが人前がすごく苦手なんです。

 

グループワークみたいにみんなで意見を交換するのは平気なんですが、みんなが聞いている中、1人でしゃべるのをみんなに聞かれてるっていう状況がすごく苦手。

 

なにしろ説明も苦手だから、例えば2人で話をしていたとしても途中で何を言いたかったのかわからなくなってきて、あれ?ってなったりする。

 

これは親しくなっても変わらない。

 

たとえ旦那に今日あった出来事、感動したことを話すのですら、一生懸命、言葉に絞り出そうとするんだけど、とにかく説明がへたくそでうまく伝わらない。

 

口で話すよりも、こうやって文章にするほうがあっている性分なのだ。

 

でも他愛もないおしゃべりは好き♡

 

そんなわたしでも、このあがり症と説明下手を克服したかった。

 

割と「努力すれば何とかなる!!」という熱血派のわたしは、これを克服して自分に自信を持ち、いつか人前で自分の持っているスキルをわかりやすく人に教えてみたかった。

 

そんなこんなで習っていて楽しくて、自分自身、体型の変化もあったウォーキングインストラクターの資格を取ってみることにした。

 

週1~2回、往復2時間かけて通い、4か月ほど。費用は60万。

 

交通費だってかかるし、講座自体も決して安い金額ではないから、わたしは真剣だった。

 

セリフや体操を覚えるために毎日ブツブツいいながら練習したし、1日何時間もかけた。

 

いつのまにか、好きだったストレッチが楽しめなくなっていた

f:id:pilattu0730:20170729055921j:plain

でも、もともと運動嫌いでほとんど運動をしてこなかったわたしは体も堅かったし、振り付けを覚えるのも一苦労で、むいているとはお世辞にも言えない状態だった。

 

始めたばかりのころ、風邪から喘息になり、1か月間ほど咳で日常会話もできない状態になったのは、今思うとストレスだったのかもしれない(笑)

 

それでもなんとか一通り体操やセリフを覚え、いざ教える…!となったとき、楽しさややりがいは感じたけれど、必要以上に自分を追い込んでしまい、日常生活に支障が出ていることに気が付いた。

 

毎日やらないと忘れそうで怖い、教える立場なんだからもっと体を柔らかくしなきゃ!!

 

そうやって勝手に自分を追い込んで、子供が保育園に行っている日は毎日3時間は練習をしていた。

 

でも、わたしはブログも書きたかったし、家事もある。出かけたりもしたい。

 

そもそもブログの時間を取りたくて、正社員辞めた。

 

自由になりたくて正社員を辞めたのに、インストラクターの資格をとったら大幅に時間がなくなってしまった感じがした。

 

いくら練習したって納得できないし、自分自身楽しかったストレッチが楽しめなくなっていた。

 

美容外科治療でピカピカだった肌は荒れ、生理中のだるさやむくみがいつもより倍増し、なぜか首を痛めて動けなくなってしまい、精神的にも無気力になってしまい、ブログを書く気もおきなかった。

 

家事もやる気になれず、「ねえ、今日夕ご飯作ってくれたりする?」なんて旦那に甘えて数日ダウンした。

 

結局、好きなことでも自分に無理をするとダメなんだ

f:id:pilattu0730:20170729055320j:plain

心は正直だ。体も正直だ。

 

健康になるはずの体操を毎日やってるのに、なんで?

 

そう思ったら答えが出た。ああ、ムリしてるんだって。

 

キレイになることが好き。人に喜んでもらいたい。

 

だから自分にあってるかなって思ったし、理想の自分になりたかった。

 

初めからうまくできるわけないことなんて百も承知だし、経験を積めばできるようになるって思いたかった。

 

だから、「施設借りて練習しよう!コピーライティングはできるからチラシ書いて、置いてもらおう!広報とか出してもらってもいいかも!」なんて、自分の行動力を発揮していたのだけど、すればするほど行きたい方向とは別のほうに流されていってしまっている感覚だった。

 

「辞めてみます」って言ってみて楽になった

60万もかけたのに。せっかくがんばって練習したのに。時間かけてわざわざ通ったのに。

 

なんで?そう言われそうで、資格を取ったら働く場所もサポートしてくれている先生に辞めたいと伝えるのは、すごく怖かった。

 

せっかく教えてもらったのにって。

 

でもLINEで自分の気持ちをバーッて送って、返信がくるまではいてもたってもいられなかったけど、言ってしまったらすごくほっとして、ウソみたいに体が楽になった。

 

ああ、わたし本当は辞めたかったんだな…って思った瞬間。

 

本当に好きなこと、むいていることはあまり苦痛を感じないというけれど

f:id:pilattu0730:20170729060202j:plain

わたしにとっての‘それ‘はブログだった。

 

誰かに反対されても辞めるなんて1度も思ったことなんてなくて、用事が詰まっていてもやり始めると熱中して、つい時間ギリギリまで作業してしまう。

 

1人でこもって作業するのが好きだし、このブログを過去の記事、隅々まで全部お気に入りにできたらと思うし、コツコツやるのが向いている人間なんだ。

 

それがいい悪いじゃなくて、だったらそれを極めればよかっただけなのに、人に教えられたらかっこいいかもとかすごいなって考えてしまった。

 

だって、会社辞めてブログだけやってるとちょっと大丈夫?って思われそうだけど、ウォーキングインストラクターで正しい姿勢伝えてるって言ったら、かっこいいじゃない?

 

キレイになるのは好きだけど、人に教えたり人前は苦手なわたし。

 

運動ももともと好きじゃないから、やらなきゃって自分で強制しちゃうとすごくつまらなくなっちゃったんですよね…

 

それに、自分の時間がたっぷりほしい。

 

誰かに縛られるのはイヤ。

 

そんなわたしがコミュニティに所属して、いろいろ参加しなければいけなかったりして、ブログや自分のしたいことを制限せざるを得ない環境が苦痛だったんだなと。

 

自分が社会不適合者と気づいた瞬間でした。

 

自分のペースですすめばいい

f:id:pilattu0730:20170729060922j:plain

今回、誰かに「こんな感じなんだけど、辞めてもいいと思う?」って人に相談した時点で、ちょっと道が違うなって感じてたことがわかりました。

 

本当にやりたいことなら、わたしは辞めてもいいかな~?なんて人に相談するオンナじゃないんです(笑)

 

いろいろ悩んだけど、教えるのを今辞めたからといって、どうにかなってしまうわけじゃない。

 

資格はしっかり取ったことだし、憧れの先生から一生懸命学んだ技術。

 

今は自分のメンタルが弱くて先生として教えることは選ばなかったけれど、今メンタルを強くするために心理学を学んでいて、もっと成長したら人に自信をもって伝えられる日がくる…かもしれない。

 

正しい姿勢と体型を変えるストレッチを覚えたんだし、儲けもの!だよね?

 

体型を変えたい友達と一緒に体を動かすことはいつだって、できるわけだし!

 

スッキリした晴れやかな気持ちでつい、やってしまう体操は体も引き締まるし、悩んでいたのがウソのように楽しいことにビックリしたのでした。

 

32歳、今からでも自分の人生を生きようと思う

f:id:pilattu0730:20170729060025j:plain

振り返ると、今までわたしはいつも人の目を気にして生きてきたように思う。

 

「長女なんだからこうしなさい、こうあるべき!お姉ちゃんだから…!」

 

そう言われ続けて生きてきて、わたしはいつも母の言いなりだった。

 

看護師になりたいと言い出したのはわたしだけど、学校を辞めたくなったときや美容外科で働きたかったとき、いつも母の言葉を聞き、看護資格を取り、一般病院で3年間は働いた。

 

母の言葉で無事資格をとれたこと、一般病院で3年半経験を積めたことはすごく感謝してる。

 

母の言葉に従ってその道を選んで、よかったって心から思ってる。

 

でも、高校に入学したころから反抗するようになって。家に帰らなかったり、彼氏の家に半同棲したり。

 

…美容外科で働きたい。子供と一緒にいたいから、美容外科(正社員)を辞めたい。ブログで生活したい。

 

こんな風に自分の成長や環境の変化とともに、自分でやりたいことを決めて生きていくのって楽しいし、わたしはそんな人生を送りたい。

 

こういったら誰かに変に思われるんじゃないかとか、嫌われちゃうんじゃないかとか、そういうのもいい加減、卒業しようと思う。

 

コミュニティもやっぱり合わないみたいだから、やめてしまった。

 

わたしはわたし。

 

誰が何と言ったってわたしは自分を好きだし、自分が決めたことはたとえうまくいかなくても、自分で責任を取って生きていけばいい。

 

…そんなふうにちょっとずつ強くなろう、自分をもっと大切にしようって決めた32歳の夏でした。(今年のテーマにしました)

 

わたくしごとですが、7/30で32歳になりました~!

 

お祝いしていただける方はこちらから♡

www.amazon.co.jp

って、やってみたかったんだよね~!夢が叶いました(笑)

 

去年はほとんどブログ自体、誰にも知られてなかったからなんだか感慨深いです。

 

こうやってどんどん、死ぬまでにやりたいことをいっぱい叶えていきたいな。

 

そのためにも、まずは自分のしたいことに正直に生きる!

 

これが食べたい、あそこに行きたい!今、これをやりたい!あの人に会いたい!

 

そんな小さなことからでもたくさん自分を満足させてあげて、会いたくない人に会ったり、付き合いの集まりに参加したり、やりたくないことをイヤイヤやったり。

 

そういうのとは、もうさよならしていこうと思う。

 

時間は有限、限られています。

 

あなたも1度きりの人生、自分の好きをもっと大切に生きてみませんか?