保育園に子どもを預けるときのコツ

スポンサーリンク

やっと決まった保育園。

いざ、預けるとなると大丈夫かな?

と心配になったり、子どもが泣いてしまって、こっちまでつらくなってしまうことって、ありますよね。


心配で、家事や仕事が手につかない …

わかります。

 

わたしがそうだったので。


今回は、わたしが保育園に子どもを預けるときに注意した点ややったことなどを書いていきたいと思います。

 

f:id:pilattu0730:20160420094739j:plain

 お気にいりの物を持たせる 


あなたのお子さんはお気に入りのもの、ありますか?

うちはタオルケットでした。

結構かさばる…

保育園に聞いてみたら、ハンカチサイズのものじゃないといけない、と


でも、ハンカチサイズがいいなら、作っちゃえ!ってことで作りました。

 

f:id:pilattu0730:20160420095033j:plain

ミシンなんて久しぶり。

ガタガタだし、なんとかできた感じ。

 

でも、子どもはそんなの、気にしない(笑)

1枚のタオルケットから6枚くらいできました。

毎日、肌身はなさず、持って行ってます。

 

かわいい(笑)

 

ちなみに、切ったらなくなっちゃうので、同じ物を買ってきてから切りましたが

1点ものじゃなくて、どこにでも売っているものがお気に入りだとうれしいですね。

欲を言えばハンカチサイズのものが・・・(笑)

 

もちろんお昼寝用のタオルは、切っていないバージョンのおなじタオルケットです。

おかげでお昼寝も安心してできるみたいです

ママが子どもを信じる

ママが不安に思うと子どもに伝わります。

子どもさんや、保育士さんを信じましょう。
預ける状況や、場所などを決めるのは親であるあなたです。

自分で決めたことなので、大丈夫、と信じましょう。

子どもにしっかり伝える

まだ小さいからわからないだろう、と説明をしないでいると子どもは不安に思います。保育園楽しみだね、先生とお友達と遊んでいいね~など、気持ちをもりあげてあげましょう。

 

お迎えの時間もお昼寝したら迎えに行くね、帰りのあいさつしたら迎えに行くね、それまで楽しんでおいでね!と伝えてあげてくださいね。

まだ話せなくても、子どもって結構、親の言葉を理解してたりしますよ。

バイバイ、いってらっしゃいをしたらさっと立ち去る

心配なのはわかりますが、はじめは泣かなくても、いつまでもその場にいると泣きたくなったり、離れるのがいやになっちゃったりします。


バイバーイ、たのしんできてね~って手をふったら、さっと立ち去りましょう。

ごめんねより、ありがとう

お迎えに行って、ごめんねっていうと、なんだか悪いことをしているみたい。

ありがとね、ママもお仕事がんばれたよ。

楽しく遊べたかな?っていったほうが子どももうれしいはず。

一緒にいる時間を大切にする

預けてしまうと、一緒にいられる時間が減ってしまいますよね。

だったら、一緒にいられる時間はめいいっぱい大事にして、全力で遊んであげましょう。

ぎゅーってしてあげましょう。

毎日、大好きだよって言ってあげましょう。

子どもが愛されているんだという自信をもてるように、うちでは夜、こんなことをいっています。(笑)


「〇〇ちゃん、今日も一日おつかれさまでした。

ありがとうございました。また明日も一日、よろしくお願いします。

〇〇ちゃん、大好きだよ。おやすみなさい。」


1歳4か月の息子はお辞儀をしてくれて笑えます

f:id:pilattu0730:20160420102738j:plain


以上、わたしなりの保育園に子どもを預けるときのコツでした。

少しでも、参考になったらうれしいです。



よかったらこちらの記事もどうぞ。

www.pilattu.com

 


にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村