いまのわたしにできること

保育園で泣く子供はかわいそう?私が感じた保育園の5つのメリット

スポンサーリンク

f:id:pilattu0730:20170730151416j:plain

こんにちは。2歳半の息子の育児を楽しんでいるりえです。

 

子供って、本当にかわいいですよね。

 

わたしはもともと、あまり子供好きではなかったです。

 

でも、いざ息子が生まれるとかわいくてかわいくて、育休が開ける前は保育園に預けるのが、心配で心配で仕方がありませんでした。

 

だけど、さすがに1年半育休まで取らせていただいたので、職場復帰しないわけにもいかず、泣く泣く息子を保育園に預けることに…

 

預ける前は心配したりつらくなることも多かったですが、今では保育園に行ってくれてとっても助かっていますし、子供自身楽しめるようになってきたようです。

 

今日は子どもを保育園に預けるのは、そんなに悪いことばかりじゃなかったよ!というお話。

 

子どもを保育園に入れることに対し、つらい気持ちになっているママの気持ちが少しでも楽になったらうれしいです。

私が実際に保育園に預けてみてわかった5つのメリット

f:id:pilattu0730:20170730151739j:plain

①息子も私も社交的になった 

今までも支援センターなどに母子で通っていたのですが、そのときよりも格段に人に慣れました。

 

ほかの子に近づいて行ったりして、とにかく物おじしないです。

 

買い物やお散歩などで人に話しかけられても会話をしたり、手をふっている姿が成長を感じさせます。

 

大きくなったなあ…こうやって人との関わりあいを学んでいくんだな~と実感しました。

 

うちはまだ1人っ子なのでわがままにならないか心配していたのですが、同じクラスの同年代の子たちの関わりで子どもなりに社会性を学んでいるようです。

 

1歳くらいでもそんな感じでしたが、2歳半にもなると出先で一緒になった子とも一緒に遊んでいたりして驚きました。

 

友達の子は2歳くらいで、保育園ではなく自宅でみているそうなのですが、ほかの子や知らない場所が苦手だって言ってました。

 

たくましくなるっていうメリットがあるんだなと思いましたね。

 

②息子が優しくなった 

うちの子は男の子なのでとっても力が強く、今までわたしたち両親にむかってたたいてきたり、ブロックを投げてきたりしてちょっと手を焼いていました。

 

毎回「それはダメなことなんだよ」と言い聞かせてはいましたが、まだ小さいから仕方がないのかな?と思っていたのです。

 

でも、たたく回数もかなり減ってきたし、たたかれて「痛い~」と泣きまねをすると、よしよしと頭をなでてくれるようになりました。

 

ごめんねやありがとうも言えるようになりました。

 

保育園ではたまに大きいクラスの子と遊ぶこともあるため、お兄さん、お姉さんのマネをしているのかな?

 

その前に、たたかないでほしいんですけどね(笑)

 

おもちゃもほかの子に貸してあげたり、順番が待てるようになったり。

 

日々、成長を感じています。

 

③パパ、ママに自分の時間ができる

うちの息子は平日の8時30分から17時まで保育園に行っていますが、それだけでもだいぶ時間ができます。

 

(認可保育園に入れず、認証保育園に通っているため、仕事のある日に預けるのではなく平日のみ預けています。)

 

仕事の日だけ預けられるといった保育園もありますが、いつもべったり一緒にいた子どもと離れることで、仕事をしていても気分転換にはなると思います。

 

やっぱり、ずっと子どもと家にいて外部との関わりがなくなると、気分が落ち込んだりすることもありますし、自分の思い通りに過ごせないじゃないですか。

 

一人遊びがある程度できるようになれば楽になりますが、ママが大好きな子だと、家事をするにも、ちょっとトイレに行く時ですら泣かれたりしますよね。

 

そうするとなかなか自分の時間ってほとんどとれないし、思い通りに行動できないんですよね…

 

それが仕事をしていれば休憩時間はゆっくりご飯を食べられるし、トイレも好きな時に行ける。

 

自分のペースでいられるのがすごく久しぶりで、うれしくなりました。

 

あとは、保育園に行き始めるとママじゃなきゃダメだったのが緩和されるので、旦那に見てもらって出かけることもできるようになりました!

 

出産してから、子供連れではゆっくりいけなかったショッピングやランチ、エステもたまにはいいんじゃないでしょうか?

 

リフレッシュして、またがんばれます。新しく勉強をはじめるもよし!

 

家事もはかどりますよね。

 

自分だけの時間を過ごすって、ただぼーっと考え事をするだけでも、必要だったんだなと改めて感じます。

 

④子どもをさらにかわいがれる

長い時間お腹の中で時間を共にし、授乳期はずっと一緒にいた子ども。

 

離れるとやっぱりさみしいです。すごく気になります。

 

元気にしてるかな?楽しんでるかな?泣いてないかな?

そうやって考えていると、改めて子どもの大切さ、存在の大きさに気づかされます。

そして…帰ってきた子どもがすっごくかわいい!

 

せめて一緒にいる時間は子どものしたい遊びをして、全力で関わってあげたいと思えます。

 

自分の時間がとれていないと本を読みながら、メールを返しながら…

 

と、ながら作業で子供と過ごしてしまいがちだけど、自分の時間を少しでも確保できるようになると子どもに集中することができます。

 

最近は土日に仕事を休むようにし、お出かけするようにしています。

 

思いっきり子どもと遊べて、子どももうれしそうです。

 

2歳半にもなると「今日ね~、ブロックで遊んだんだ~」「プール好き~!入る~!」「大きな鳥さんがいたよ~」なんていっぱいおしゃべりしてくれます。

 

「今日は何したの?」ってお話しするのも楽しみのひとつです。

 

⑤成長が早い 

保育園に行くと、できるようになることがたくさんあります。

 

フォークやスプーンも前より上手になったし、コップも使えるように。


靴下やズボンを自分ではいたり(よくできなくて怒っているけど)

「オムツかえようね」というとオムツを持ってきたり、コロンと横になってくれる。

 

かばんも自分で持ちたがるし、お片付けをしてくれるときも。

 

ご飯も大きいものは食べれなかったのが、かじって食べられるようになってきたし、おしゃべりもすごく上手になりました。

 

いっぱい、いっぱい成長したね。

最近はトイレトレーニングも保育園でやってくれているので助かってます(笑)

 

みんなやっているとスムーズにいきやすいみたいだし、助かります。

 

歯磨きも嫌がらずに仕上げ磨きさせてくれるようになったし、保育園ってすごい。

 

保育園にいれるのがかわいそうかどうかは、親次第。

f:id:pilattu0730:20170730151911j:plain

今、子どもが保育園に入園して悩んだり、つらい思いをしている方も中にはいらっしゃるかと思います。

 

でも子どもはわたしたちがびっくりするほどに、日々成長しています。

 

保育園に通うということは別々な時間を過ごすということ。

 

泣いてないかな?ケガしてないかな?正直、わたしも心配はあります。

 

でも、心配ばかりしていても人生楽しめません。

 

せっかくなら「ママと離れたくない!」って大泣きして頼りなかった子が、パワフルに大はしゃぎする日を想像して、自分の時間を楽しく前向きに過ごしてみませんか?

 

ママが笑顔でいてくれることのほうが、子どももきっとうれしいと思うから。

 

なかには「保育園に行きたくない!」っていうときもありますが、園の様子を先生に確認したり、病気やケガなどしていないか確認して子どもの様子をよく観察します。

 

調子が悪い時はお休みするけれど大抵、行くまでは嫌がっても行ってしまえばスタスタと保育園の中に走って行ってしまうので、帰って来たらおかえり!ってぎゅってして、休みの日は思いっきり遊んであげよう!

 

そう思ってます。

 

2歳半にもなるとプールやお友達と遊ぶのが楽しいようで「保育園いく人?」っていうと大喜びで「はーい!」って走ってきます(笑)

 

だんだんと子どもが保育園を楽しめるようになってくれたら、うれしいですね。

 

今回は、保育園はいいところもいっぱいあるんだよってことをお伝えしてみました。

 

参考になったらうれしいです。