いまのわたしにできること

イヤイヤ期?赤ちゃんが嫌がることをどうこなす?覚えておくと便利な心構え

スポンサーリンク

f:id:pilattu0730:20160630152252j:plain

 

こんにちは。

1歳半の男の子の育児に奮闘中の、ぴーらっつです。

 

子どもって本当にかわいいんですが、最近、自我が芽生え始め、いうことを聞いてくれないことが出てきました。

少しならいいんですが、毎日のことだと、困っちゃいますよね。

 

今日は、わたしが悩んでいたことがちょっとした工夫で、解消されたのでシェアしたいと思います。

 

参考になったらうれしいです。

 

ちなみに、1歳半のうちの子が嫌がっていたのはこの3つ。

 

・おむつ替えのときに、仰向けに寝ること。

・歯磨き。

・お風呂に入ること。

 

どれも、毎日必ずしなければいけないことなので、とっても困りました。

 

とくにうちは、わたしが外に働きに出ていて、夫がお世話をしてくれることが多いので、ほとほと困っているようでした。

 

今では夫もこの方法で、息子の機嫌をうまくとり、仲良くやってくれているようです。

 

みなさんのおうちのお子さんにも、効果があることを祈ります。

 

共通して心がけること

必ず今から何をするのか、話しかけながら行う。

赤ちゃんだって、急に何かされたら嫌がります。

 

「おしっこでてるね。おしり気持ち悪いから、今からオムツかえようね。」

 

などと、わかりやすいように、いつも同じ声掛けをしましょう。

 

はじめは嫌がっていた赤ちゃんも、

 

繰り返されるたびにだんだん理解してきて、そこまで嫌がらなくなったり、自分からやろうとしてくれたりします。

 

決して怒らないこと。

赤ちゃんにも自我があります。

 

赤ちゃんにとって、仰向けになったり、歯ブラシを口に入れられたり、頭からお湯をかけられることは、大人が思っている以上に、いやなことなのです。

 

まずはそこを理解してあげましょう。

 

できたらほめてあげること

赤ちゃんはほめられると、とっても喜びます。

 

いつもより高めの声で、

 

「〇〇できてすごいね~!ありがとう!助かっちゃった!ママうれしいな~」

 

などと、いっぱいほめてあげましょう。

 

拍手してあげても喜びます。うちの子はもっとほめて、とばかりに自分で拍手してます(笑)

なるべく、子どものペースでやらせてあげること

自我が芽生えてきた子どもは、こちらのペースでやろうとすると怒ったり、ムキになったりします。

 

なるべく自分のペースでできるように、時間のある時は待ってあげましょう。

 

多くを求めない

まだまだ、小さな子どもです。

完璧を求めるのはやめましょう。

 

やろうとしてみてくれた。それだけでも大きな進歩です。

 

歯磨きだって、しっかり磨けてるわけないけど、やろうとしてるだけマシか。

そんな感じでゆったり構えましょう。

 

www.pilattu.com

www.pilattu.com

 

赤ちゃんが嫌がらないための具体的な方法

・おむつ替えのときに、仰向けに寝るのを嫌がる

赤ちゃんは仰向けに寝かされているのが苦痛みたいで、すぐに起き上がろうとしてきます。

なので、おしっこのときは寝かせずに、自分の膝の上に座らせ、パンツタイプのオムツをはかせます。

はけたら、赤ちゃんをたっちさせて、はいていたオムツを破って外し、新しいオムツをはかせて終了。

 

でも、うんちのときは寝かせないと替えれませんよね。

 

そんなときには、お気に入りのものを手に持たせると大人しくなることが多いです。

 

うちはお気に入りのタオルケットやぬいぐるみなどを渡して、気を紛らせます。

 

何度かやっていると慣れてくるので、今では

 

「うんち替えるから〇〇もって、コロンして。」

 

というとコロンと横になってくれるので、とても楽になりました。

 

じゃあ、横にはなってくれたけど、暴れだした!やばい!そんなときは?

 

そんなときは歌を歌ってあげましょう。

 

手遊び歌だと効果絶大!

 

うちの場合は、‘とんとんとんとんひげじいさん‘を歌うとやってくれるので、手で触ろうとしてくるときにはよく使います。

‘手はおひざ‘のところを、‘手はあたま~‘にして、手を上にもっていかせる作戦。

しめしめ。かわいいやつめ。

 

・歯磨きを嫌がる

歯磨きはかなり悩みました。本当に嫌がるんですよね。

 

もういいかな、ってあきらめてたけど、味のする歯磨きペーストをつけてあげたらお口に入れてくれるようになりました。

 

 

うがいができないので、歯磨き後はガーゼでふき取ってあげる必要がありますが、大変ならハミケアを使うといいかも。

 

 

ハミケアなら食品だから、お口にシュッとスプレーするだけで、歯垢が付着するのを防いでくれるそうで、だったら、歯磨き粉代わりにしてもいいかなと思い、使ってます。

 

味がするので、いいみたい。

 

お子さんの好きな味を探してみてもいいかもしれませんね。

 

はじめはそんな感じで、ただ自分で口の中に歯ブラシを入れて遊んでるだけでしたが、「ママがお手伝いしてあげようか?」ともう1本の歯ブラシで、ちょこちょこっと磨いてみました。

 
嫌がるときは無理せず、口を開けてやらせてくれた時はほめながら、楽しい雰囲気で磨きます。
 
時間はごく短時間。
 
コローンと横になってくれた時は、超ハイテンションでほめながら、ちょこちょこ磨きます。
 
ゴシゴシ磨きすぎたり、時間が長い、痛かったりすると嫌がるそうなので気を付けましょう。
 
歯磨きはうちもまだ、彼の気分でできたりできなかったりなので、もう少し慣らしていけたらな、と思います。
 
でも、初めに比べたら、だいぶマシになりました。これからもがんばるぞ!

 

・お風呂に入るのも、体を洗うのも嫌がる

お風呂はもともと好きだったのに、憎っくき、突発性発疹のプツプツ期で、お風呂嫌いになってしまいました。

 

 

www.pilattu.com

 

イヤイヤして、逃げ回るし、無理やり連れていくと怒るし。

 

で、試したのがおもちゃ。

 

砂遊びセット~!f:id:pilattu0730:20160630204437j:image

めちゃ小さい(笑)

百円均一でございます~。

 

これをみせて、「お風呂でこれで遊ぼう」っていったら、お風呂、入るって言ったんです。

 

で、いざ入っても、これで遊ばせながらだったら、泣かない。

 

あんなにギャーギャー泣いてたのに。

びっくりしました。こんな単純でいいのか?

 

パパもほとほと困っていたので、大喜びでした(笑)

これもお子さんの好みに合わせて探してみたらいいと思います。

 

いろいろかわいいのもでているけれど、100円でも十分かもしれません(笑)

ちょっといいやつは誕生日とかに、買ってもいいかも。

 

 

 

 

洗い方はおもちゃで遊んでる間に、立たせたまま手早く洗ってます。

 
頭もゴシゴシ。で、流す時だけ膝の上に座らせて、仰向けで目にかからないように流してあげてます。
 
仕上げの最後、数秒だけ、頭からかけちゃうけど。
 
こんな感じで楽しくお風呂にはいれるようになりました。
 
が、今度はお風呂を出るのを嫌がる(笑)
 
仕方ないからおもちゃを持たせたまま体を拭いて、
 
「明日また遊ぼうね」
 
って言い聞かせてます(笑)
 

まとめ

どうでしたでしょうか?

赤ちゃんって意外と単純ですよね。
 
とくにお風呂は毎晩泣かれて、本当にかなり悩んでいたんですが、お風呂を出たがらないほど好きになったので、驚きました。 
 
子育てってなかなか大変ですが、なるべく自分も、赤ちゃんも楽しく過ごせたらいいですよね。 
 
ほんの少しの工夫や、接し方で赤ちゃんの気分って変わるんだな~と思った、今日この頃です。 
 
さあ、今日もかわいい我が子と、かけがえのない一日を過ごしましょうね。
 
今日はもう、戻ってこないから。
 
 
ママにオススメの記事はこちら↓