読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てと仕事を両立して、夫婦がうまくやっていくために必要なこと

スポンサーリンク

f:id:pilattu0730:20160622162349j:plain

 

こんにちは。ぴーらっつです。

 

子育てしながら、仕事をするって、とってもとっても大変ですよね。

みんなどうしているんでしょうか?

 

世間では、多くの家庭が、‘パパがフルタイム勤務、ママが時短勤務や専業主婦‘という家庭が多いんじゃないでしょうか?

 

うちの場合は逆で、私がフルタイム勤務、旦那が自営業の傍ら、家事をしてくれています。ありがたすぎる…

 

以前は旦那も会社員だったし、私が育児休業中で、家事をしていたため、お互いに大変なことはわかっています。

 

せっかく、お互いの立場や気持ちが分かる状態になったので、どうすれば夫婦が協力して子育て、仕事、家事がうまく回り、お互いに不満なくやっていけるのか、考えてみました。

 

とはいっても、うちもこの生活が始まって1カ月なので、改善点ばかりです。

 

悩んでいてもしょうがない!イライラしてもしょうがない!

 

人生をよりよく生きるんだ!

 

 

ってことで、まずは。

 

わたしたちの生活リズムと、目指す生活。

わたし

美容外科ナース。

6時半に起き、支度。

 

朝8時半に子どもを保育園に送りがてら、出勤。だいたい9時半から18時半勤務。

職場から自宅まで距離があり、おわって帰ると19時半くらい。

たまに早く帰れるときは、19時前帰宅。

 

帰宅後、旦那子どもが家にいるときは、1人で用意してくれたものをささっと食べ、お風呂へ。

旦那たちが実家にいるときは(自分が残り番の日)コンビニやあるもので、適当に済ませます。

 

入浴し、少し子どもと触れ合った後、20時半から21時くらいの間に寝かしつけ。

だいたい21時半くらいには寝かしつけが終わり、ブログを書いたり、ほかの人のブログを読んだり、作業。

寝るのはいつも1時、2時になってしまう。

 

仕事はもともと働いていた職場なので、慣れてきて、特に負担はない。

夕飯がしっかり食べられないことが多いのは、少し、味気ないかな。しょうがないことだけど。

 

わたしが休みの日は、わたしがご飯を作ります。

子どもとあまりふれあえないのはさみしい。

 

初めは、稼げるようになるためにはじめたブログだけど、なんだかんだ楽しくてはまってしまっているだけなので、あんまり自分の時間はないし、大変だが、割と満足している。

充実しているというのかな?

 

ゆくゆくはブログで収入をとれるようになること、ウォーキングレッスンの先生をやることが目標。

 

やっぱりフルタイム出勤は自分時間が少ないから、自分のペースでできる仕事、人に前向きなパワーを与え、元気にできるような仕事がしたいと思っている。

 

今の職場は好きだから、週末バイトしようかな。

 

 

 

 

旦那

自営で物販をしている。洗濯、掃除、洗い物とがんばってくれています。

 

16時半の子どものお迎え後、お風呂に入れる、夕食の準備、夕食をあげるという仕事があるため、昼間に家事をしながら、仕事をしてくれています。

 

わたしが遅い日は(週2~3日ほど)実家に帰り、ご飯を食べて帰ってきます。

 

自営業でほかにも勉強していることがあるので、日々の家事であまり勉強時間が取れないことが悩みだそう。

 

確かに、家事って意外に時間がかかるんですよね。ご飯作るのって大変だし。

 

まあでも、家事は割と好きみたいで、こだわりたいみたいです(笑)

でも、今日、ふと聞いてみたら、ストレスはたまるといってました。

 

まだ慣れていないせいもあって、家事に時間がかかり、勉強が思うようにはかどらないそう。

 

せっかくがんばろうと思っているのに、家庭のことでストレスが溜まってるなんて、申しわけないな、と反省。

 

夫婦共通の目標としては、お互いが脱サラできるくらいまで稼ぐこと、マネーポケットを増やすことを目標としています。

 

(お互いの実家でお金の問題があるので、それも問題にならないくらい、稼ぐしかないという結論になったんですよね。また記事にしてみます。)

 

 

ストレスがたまりやすいのは、家事の負担の高い方かもしれない    

わかりやすくいうと、主婦。主夫。

わたしの体感的に、外で働く人よりも、家に早く帰ったり、専業で家事を多く負担する人のほうが、ストレスを感じやすいのではないか?

 

そこで、家事の負担の高いほうが、ストレスがたまる理由をいくつか考えてみた。

 報酬のもらえない仕事のわりに、大変。

 家事ってお給料でないですよね。でも、かなり大変です。なのに、あまり評価されない。嫌になっちゃいますよね。

ノルマが決まっていない。

イコール、おわりがない。

本当は全部きれいにしてあげたいけど…そんな優しい人こそつらくなりそう。

毎日、隅から隅までピカピカにするなんて、疲れちゃう。

ここの掃除は、2日に1回、とか決めると楽になるのかな?

思った以上に、時間を取られる&時間に追われる

頭の中では、簡単なんですよ。食洗器に入れて、回すだけ。洗濯機に入れて、回すだけ。

5分もあればできるじゃん!

でも実際は、洗濯が終わったらたたんでしまったり、食器も片づけないといけない。

食洗器や洗濯機に入れられないものもある。

 

掃除も、掃除機をかけるだけならまだしも、子どものおもちゃを片づけたり、食べこぼしを拭くなどしていると案外大変。

 

はあ、一息つくと、もうこんな時間。

あっという間に、夕飯の支度をしてお迎えだ。

 

結果、いつも時間に追われて落ち着かない。この気持ちはとてもよくわかる。

 

人に会う機会が少なく、自分1人でためこみやすい

 職場に行けば、仲のいい同僚なんかに相談したりグチったりもできるけど、1人だと知らず知らずのうちにため込んでしまうのかもしれません。

 

改善策を考えてみた

話を聞く

今までは、育児休業中で一日ずっと一緒にいて、いろんなことを話したけれど、最近はそんな時間も取れずにいたな。

週2日くらいは、一緒に布団にはいって、将来のことやお互いの勉強の進み具合、悩みなんかを話すようにしてみよう。

昨日は一緒に布団に入って話をしていたら、いつのまにか寝てしまいました(笑)

でも、思っていることを話すだけで、一人じゃないって思えるし、改善策も見つかるかも。

 

できるだけ楽に家事が進むように考えてみる

ポイントは、小さなことを習慣づけ、負担がたまらないようにするということだろう。

洗濯、洗い物、掃除機 をかける。流し・洗面所・お風呂 の掃除。

子どもの送り迎えに、夕食の準備。子どものお風呂、夕食。

書き出してみると、やることっていっぱいあるんですよね。

布団乾燥機やシーツを洗ったりもしたいし。

 

ここで反省したのが、自分は働いているから、時間がないし任せちゃお!っていう甘え。

確かに時間はあまりないけど、朝のうちに食洗器や洗濯機をセットしておくとか、子どものおもちゃを出かける前に拾い集めるくらいなら、できるかも。

 

なんか、全部任せちゃってたなぁ。旦那よ、ごめんね。

 

隙間時間の活用法を考える

共働き、家事の両立って、時間がないのが当たり前。

 

少しの時間でも有効活用したいですよね。

わたしはなるべく、休憩中に記事を少し書いたり、調べ物をしたり、ブログ読んだりしてます。

電車で行けば、電車の中でもできるんだけどなあ。

 

あとは買い物に行く時間ももったいないので、生協の宅配「コープデリ」・「おうちコープ」 で買い物をするようにしてます。

 

買い物行くだけで、1時間とかかかっちゃうんですよね。

週2回とかいっていたけど、時間がもったいないなと。ママなら送料も安いので、おススメです。

 

 

www.pilattu.com

 

あまり干渉しない

うちの旦那はドライブが好きなので、夜、ふらっとドライブに出かけていったり、自分が休みの日には、好きなことをしてもらったりしています。

お金を使うことも、出かけるのもあまり何も言わないんですけど、あんまり使わないみたいです。

 

昔はお小遣い制にして、かなり切り詰めてたけど、干渉しないほうがストレスもたまらないし、なぜかお互い物欲がなくなりました。

 

わたしもなんだかんだ、飲みに行ったりさせてもらってるしね。

 

子どもの寝かしつけを分担する

寝かしつけって、失敗するとあら不思議!朝になってます。(今日もなりかけた(笑))

これも分担したら順番に作業できるから、勉強もはかどるはず。

 

感謝の気持ちを伝える

これ、大事ですよね。

お互いに大変なんだから、お互いにお礼を言うべきだと思います。

ありがとうっていわれたらまたがんばれるし、やってよかったなって思える。

 

鏡みたいなもので、わたしのほうが大変、っていうと相手もそういいたくなると思うし、ありがとうっていわれたらこちらこそ、ってなりますよね。

 

まとめ

共働きの子育てと家事って、本当に悩みが多いですよね。

 

子どもにさみしい思いをさせているんじゃないか、って思ってしまったり、こんなんなら、働かないほうがいいんじゃないかって思ってしまったり。

 

でも、夫婦が協力して家事や育児に取り組めるなら、

共働きって、最高のリスク分散になると思うんです。

 

今はどんな大きな会社もつぶれてしまう可能性がある時代です。

 

一生安泰、そんな会社はありません。

 

だからこそ、夫婦が協力して、ともに稼ぎ、ともに育児も家事もして、やっていくべきなのではないでしょうか?

 

もし、どちらかが倒れてしまったら?

 

稼げなくなる。子どもの面倒が見られなくなる。家事のやり方がわからない。

結果、家庭がうまく回らない。

 

これじゃあ、困っちゃいますよね。

 

大事なのは、お互いがもし、残されてしまったときに1人で生きていけるか?

子どもを育てあげられるかです。

 

 

www.pilattu.com

 

夫婦関係は自立した者同士でないと、うまくいかなくなったときでも離れられなくなります。

暴力、浮気、ギャンブル…

それでも我慢して一緒にいる意味って、あるのでしょうか?

 

一緒に仕事や育児をがんばって、さらに収入を増やしたり、自分のスキルアップをするために学ぶ姿勢を忘れない。

 

そんなパートナーなら、信頼できるし、ずっと一緒にいたいですよね。

 

他に代わりのパートナーなんて、ちょっと考えられなくなります。

 

大変だけど、それぞれ違うことをやっているけど、同じ目標に向かってがんばるって、なかなか楽しいですよ。

 

 

www.pilattu.com

 

無駄なことなんて、きっとないはず。

 

がんばったことに対して、絶対、結果ってついてくるものだと思うから。

 

わたしはそう信じてる。

 

さあ、今日もパートナーと一緒に、一日一日、‘いまのわたしにできること‘をやっていこうじゃないか!