スキューバダイビングを一生に一度は体験してほしい、3つの理由

スポンサーリンク

f:id:pilattu0730:20160611130931j:plain

 

こんにちは。ぴーらっつです。

 

みなさん、キューバダイビングって、知ってますか?

 

わたし、キューバダイビングが大好きなんです。(体験ダイビングを何回もやってる程度のレベルですが)

 

※以下、ダイビングと書きます。

 

とはいっても、妊娠、出産でしばらく行けず、出産後は、喘息になってしまったので、悲しいことに治るまではできないんですが、地道に治療して、また潜りたいなあ。

 

いつか、Cカードを(ダイビングの免許)とって、いろんな海に潜ってみたい!

 

こんなこと言ってると、水泳とか得意そうなイメージつきません?

 

けど、わたしめっちゃ、カナヅチなんです。

 

25mクロールくらいはできるかもだけど、途中で立つかも(笑)

 

足がつかないところだと、おぼれちゃう(笑)

 

体って、脂肪だから浮くよ!っていうけど、わたし、沈みます。(脂肪はたっぷりあるんですけどね…)

 

海に行くときは、浮き輪がないと無理!そんなタイプでした。

 

そんなわたしが、なぜそんなにダイビングに惹かれるのか、よかったらのぞいてみてん。

 

きっと、読み終わったころには、あなたもきっと体験ダイビングをしてみたくなっているはず!

 ダイビングの魅力はこれだ!!

①非日常が味わえる

魚たちと触れ合える

一番の醍醐味はこれ!

もう、キレイな海って、本当に心が洗われるくらい、キレイなんですよね。

 

水族館で魚を見るのも好きだけど、潜ってみて、近くで見るのはすごい迫力です。

f:id:pilattu0730:20160612140112j:plain

赤、青、黄…

色とりどりの魚たちをみていると、本当に癒されます。

クマノミ(ニモ)とかいたら、すっごいテンション上がる!

かわいい~

f:id:pilattu0730:20160612141042j:plain

しかも、魚たちにえさをあげたりもできるんですよ~!!

(ダイビングショップにもよるのかな?)

 

こういう小さい魚もかわいいけど、当時、わたしはこんなでかいやつにゾッコンでした!

かわいくないですか?

f:id:pilattu0730:20160612141836j:plain

この魚がなんかめっちゃ気に入って、えさをあげたんですけど、人の顔よりでかいくらいの魚なので、

 

なにしろ食べるスピードが速い!! 

 

あっという間になくなっちゃったんで、名残惜しくて、おいでおいでってやってたら、つけてた手袋の指先がほつれて、ピロピロしてたので、えさと間違えたのか、

 

ガブリとかまれたんですよ!

 

もうね~、そんなに痛くなかったけど、意外に力があったのでびっくりしました。

 

でもうれしかった(笑)

 

こんなふれあいができるのも、ダイビングのメリットですね。

 

その分サンゴを折ったり、魚たちを傷つけないよう、気を付けないとですね。

マナー大事!

 

f:id:pilattu0730:20160612143017j:plain

 

他にもウミガメとか、エイとかも近くで見てみたいな~

 

f:id:pilattu0730:20160612143225j:plain

本当に、こんなきれいな魚たちを間近で見てると、体験ダイビングの時間なんて、あっという間に終わっちゃいます。

 

みたことのない生物がいっぱいで、もう興奮しかしない!

 

ああ~、潜りたいなあ~(ため息)

 

海の中の景色は、海を外から見るよりも、はるかに幻想的です

海って、きれいですよね。大好き。

f:id:pilattu0730:20160612144101j:plain

でもね、中からみると、また雰囲気が全然違うんです。

 

浅い所だと、太陽の光が届くので、透き通った、透明のような水色のような色。

上を見上げると、光がキラキラ反射して、とてもキレイ。

f:id:pilattu0730:20160612144458j:plain

反対に、深い所に行くほど、光が届かなくなり、濃い青、そして暗くなります。

 

青の洞窟って聞いたことありますか?

 

沖縄にもあって、何度か潜ったことがあるんですが、洞窟なので、行くまではちょっと暗くて、怖いんです。

 

わたし怖がりなんで。

 

でもね、スポットまで目をつぶって、連れて行ってもらって、いいよっていわれて、

 

目を開けるととても幻想的な世界が広がっています。

 

f:id:pilattu0730:20160612145355j:plain

画像引用元:クーランマランダイビングセンター

 

幻想的過ぎて、なんだか夢の中にいるような、不思議な気持ちになります。

 

覚えてるわけないんだけど、お母さんのおなかの中にいたときのような、包み込まれてるような感覚。

 

これはぜひ一度、体験してみてほしいな。

 

心が洗われるというか、悩みなんてちっぽけに感じるし、なんか生きてるって感じがする。

 

人間って、たまには、キレイすぎるほどステキなものを見て、心を揺さぶられるような思いをしないといけないんじゃないか。

 

だから、仕事に追われる現代人は、心を病む人が多いんじゃないのかな、そう思っちゃうくらい。

 

なんか、わたしの下手な文章じゃ実際、潜ったあの感動は伝えられないや。

ごめんなさい。

 

シュノーケルじゃなく、ダイビング

シュノーケルでも魚たちと触れ合えるし、いいんじゃないの?

 

わたしもそう思うけれど、違うんだな~

 

シュノーケルはこういうやつ。ボンベがないから深くは潜れない。

f:id:pilattu0730:20160612150429j:plain

 

ダイビングはこんな感じで、酸素ボンベをしょってるから、

 

深く潜れる=幻想的な世界を多く見れる。

 

f:id:pilattu0730:20160612150645j:plain

だけど、それだけじゃなく、ダイビングの潜ったときの、酸素を吸ってる音が、わたしは好きだ。

 

スー…シュパー…みたいな。

 

はっきり思い出せないんだけど、水の中じゃしゃべれないので、インストラクターさんも筆談だ。

 

そんな静かな水中に、酸素ボンベの音だけが鳴り響いて、日々、雑音の中で生活しているわたしたちの耳はとても癒される。

 

キレイな景色と、ボンベや水音しか聞こえない感覚で、なんとも満たされた、癒された気持ちになるのだ。

 

②酸素ボンベをしょっていれば、カナヅチの君でも無敵だ。

冒頭でも述べたように、わたしは足がつかないところは泳げない。

息も続かないし、足がつかないところは恐怖なのだ。

 

でもね。

 

ダイビング機材をしょっていれば、あなたは無敵だ。

 

そりゃあ、重いよ?終わった後は疲れるし、めちゃくちゃのどが渇く。

 

でも、怖い存在だった海の中を悠々と散歩し、楽しめる手段なのだ。

 

はじめてでも、しっかりしたダイビングショップで体験すれば大丈夫。

 

持病がなく、注意事項をしっかり読んでくれれば、インストラクターさんがステキな場所に連れて行ってくれる。

 

そうすればもう、めったに楽しむことのできない、水の中を楽しむだけだ。

わたしのように、カナヅチの人ははまるかもしれないですね(笑)

 

 ③感性が磨かれる

ダイビングはそれなりにお金もかかるし、疲れるし、スポットに行くのも遠いなど手間がかかることかもしれない。

 

でも、上記にあげたように、海の中には素晴らしい世界が広がっている。

 

現代人は疲れていると思う。

 

意識しなくても、しないようにしていても、やっぱり、心がかたくなるというか、最近、無関心とか、感情を感じにくくなったかもしれない!

 

とハッとすることがたまにある。

 

そんなときにあの癒しの空間をぜひ、体験してみてほしい。

 

海は、生命の源とかっていうけれど、そうなのかもしれない。

 

そう思わせてくれる何かが、あそこにはある。

 

ザザーッという波の音を聞くだけで、癒されるけど、それともまた違う癒しがある。

 

わたしは子どもが大きくなったら、キレイなものをたくさん見せて、いろんな体験をさせて、いろんなことに感動できる心を育てたいなと思っている。

 

www.pilattu.com

 

ダイビングはその手段の一つだ。

 

 

 

とはいっても、事故とか、こわいんじゃないの?

 

わたしもビビりなので、はじめはすごくこわかったです。

 

今でも、やっぱり毎回久々にやるって感じになっちゃうので、緊張もします。

 

でも、20代前半に無理やり友達に誘われて、やってみてよかったです(笑)

 

感謝してる。

 

だってこんなに心に残る体験って、あんまりないもの。

 

それにね、このドキドキ感がまた良かったりもする♡

 

ドキドキしながら、海に入って、たくさんの魚たちやきれいな海を見ると最高にキレイに見えます!

 

ダイビングショップを選ぶコツ

確かに、いいこといっぱいのダイビングですが、やっぱり危険はあります。

 

持病や体調の悪いときはやめるなど、しっかり自己管理をしましょう。

 

ダイビングショップは、口コミをよく読んで、しっかり対応してくれるところを選びましょう。

 

・参加者2、3人につき、1人インストラクターがつく、などサポートがしっかりしているところがおすすめです。

 

・はじめにしっかりと機材の使い方の練習をしてくれるところを選びましょう。

 

・酔うことがあるので、海に入る1時間前くらいに、酔い止めを飲んでおきましょう。

 

・船に乗って移動するようなところより、海岸から直接、海に入る方を選んだ方が無難です。(わたしと旦那は、船酔いでさんざんな目にあいました)

 

・できたら天気のいい日を選びましょう。海のキレイさがまったく変わってきます。雨だと寒いときもあるし、波も揺れるので酔いやすくなります。

 

ちなみにわたしが沖縄に行ったときはいつも「マリンクラブナギ」にお世話になっています。青の洞窟おすすめですよ。

沖縄体験シュノーケリング|沖縄青の洞窟でダイビングならナギ

 

教え方が親切、丁寧だし、スタッフさんもノリよく楽しい!

 

ランランはすごくいい子だったなあ…

 

他のダイビングショップでもやったことあるんですが、久々だからしっかり教えてほしいのに、あまり丁寧に教えてもらえず。

 

そもそも大人数に対し、インストラクターさんがあまりいなかったような…

 

船でいくタイプだったんですが、小雨で、船酔い、あまり教えてもらえない…で、2度とそこには行かない!ってレベルでした。

 

ダイビングショップって大事だな。

 

 

まあでも、そんな苦い体験しても、やっぱり忘れられないんですよ。

(旦那はそっから、ダイビング嫌いになっちゃいました、シクシク)

 

好きなんですよ。

 

 

わたしは沖縄でしか潜ったことがないんですが、世界中にはもっともっと、きれいな場所がたくさんあるんだろうな。

 

今はがんばって、稼いで、将来いろんなスポットに行ってみたいな。

そして、世界中のきれいなもの、い~っぱいみたいなあ。

 

以上、わたしの大好きなダイビングの紹介おしまい。

 

もし、海がきれいなところに旅行に行く人がいたらダイビング、無理ならシュノーケリングだけでも体験してみてくださいね。