読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

押さえておきたい、子どもの熱性けいれんの症状と対応【まとめ】

育児 育児-1歳 育児-0歳

スポンサーリンク

f:id:pilattu0730:20160608211841j:plain

 

みなさん、こんばんは。

まだ小さなお子さんが、高熱を出したら、とっても心配ですよね。

 

ぴーらっつも、今回、1歳半の息子が生まれて初めて、40度越えの高熱が出て、かなり心配になりました。

 

40度なんてめったに出ない熱だし、ふうふういって、かわいそう。

 

それに、熱性けいれんなんて言葉もあるみたいだし、実際、自分の子どもが熱性けいれんになったら、どうしよう。

 

そんな思いから、熱性けいれんについて、まとめてみました。

 

小さいお子さんがいる方は、参考にしてみてくださいね。

 熱性けいれんって、なあに?

熱性けいれんは

乳幼児期に起こる、38℃以上の発熱にともなって起こるけいれんを言います。

 

風邪やインフルエンザなどの感染症で、熱が上がりかけているときに、よく発症します。

 

通常の熱性けいれんであれば、そんなに心配する必要はないのですが、

熱が出たときに起こるけいれんが、全て熱性けいれんではなく、脳の感染症や、脱水症、電解質の異常など、ほかの原因でも、けいれんが起こることがあるので、

初めてけいれんが起きた場合は、必ず受診しましょう。

 

生後6ヶ月~6歳までの乳幼児に多く見られ

両親や兄弟などの身内に熱性けいれん経験者がいると、発症率が高まるといわれています。

 

いつでやすいの?

急激に熱が高くなったときに起こりやすく、多くは発熱してから24時間以内に起こりますが、時には高熱がつづいているときにも起こることがあります。

どんな症状が出るの?

・手足やからだがかたく突っ張る

・ガクガクと手足が動く

・力が抜けたようにだらりと脱力する

・皮膚やつめの色、唇などが青紫になる

・白目をむく

・泡をふく

 

などの症状があります。

 

けいれんを起こし、2~3分ほど意識を失うのが典型的な症状で、長くて10分以内でおさまり、元に戻ります。

 

通常は、1度の病気で、ほとんど1回しか起こらないようですが、約3割程度が2回以上繰り返すそうです。

もし、起こってしまったらどう対応すればいいの?

まずはパパ、ママが落ち着くこと

熱性けいれんは長くて10分以内におさまり、脳に悪影響を与えるものでもありません。落ち着いて対応することが大事です。

 

熱性けいれんが起こったら

・まわりの危険なものをどかす

・吐いてしまうこともあるので、体、顔を横に向ける

・けいれんが続いた時間、意識が戻るまでの時間を計る

・呼吸がしやすいように、衣類を緩め、呼吸のしやすい態勢をとらせる

・飲食物は窒息の恐れがあるので、口から取り出す

・けいれんがおさまったら熱を測り、安静にさせる

 

してはいけないこと

・大声を出してたたいたり、ゆすったりする

・舌をかむからといって、口の中に割りばしなどのかたいものを入れる

(口の中を傷つける危険性があります)

病院に連れていく基準

次の項目のどれかひとつでも当てはまる場合は、

すぐ救急車で病院へ行ってください。


(1)初めてのけいれん
(2)2度目以降でも、今までの発作とは様子が違う
(3)10~20分以上もつづく
(4)何回も反復して起こったり、発作と発作の間に意識が戻らない

引用元:ウィメンズパーク

 まとめ

熱性けいれんの大部分は、後遺症を残すことなく、自然に治まります。

 

しかし、100人の熱性けいれんの子供のうち、3人程度がてんかんになるといわれています。

てんかんは、慢性的にけいれんを引き起こす病気です。

 

てんかんになると、高熱が出なくても突然けいれんが起きるため、日常生活に支障をきたしてしまうので、もし、けいれんを繰り返すような場合は、しっかりと医師の診断を受けてくださいね。

 

大切なわが子が急にけいれんになったら、

かなりびっくりすることと思いますが、

 

高熱が出たら、熱性けいれんの危険があること

 

初めて出た場合は救急車を呼んだ方がいいこと

 

を知っておけば、そんなに慌てずに済むのではないでしょうか?

 

備えあればうれいなし、で知っておきたいですね。

 

とにかく、初めてのけいれんは救急車です。

 

 

覚えておいてくださいね。

わたしもドキドキしながら、熱が下がるのを待っています…