いまのわたしにできること

育児休暇中にやっておくべきこと。復帰後、後悔しないために

スポンサーリンク

f:id:pilattu0730:20160509145657j:plain

 

長いようで短い、育児休暇期間。

 

わたしはありがたいことに、1年半の育児休暇を取らせていただきましたが、終わりが近づいてきています。

 

とってもさみしいです…

人間じゃなかったら、ずっと一緒に居られるのにね。

ああ、もう、おわってしまう。

 

6月の復帰に向けて

復帰後、後悔しないために、育児休暇中にやっておくべきこと’

をまとめていきたいと思います。

 

わたしが、やっておいてよかったこと

・子どもとたっぷり触れ合っておく。家族の絆を深めておく

復帰してしまったら、必然的に一緒に居られる時間は減ってしまいます。

わたしの職場は定時が19時なので、

下手したら1,2時間しか一緒に過ごせないことに。

 

そう思うと、息子がかわいくて仕方なかったです。

育児休暇中は、なるべく一緒に遊ぶ時間をとり、いっぱい甘えさせました。

 

復帰してからも、平日、あまり一緒に居られない分、休日はいっぱい遊ぼうね。

 

旦那さんとも、なかなか時間が合わなくなります。

旦那さんは、自営になったので、育児休暇中、ほぼ毎日家族で過ごし、今後の働き方や、子どものこと、夢についてなど、いろいろなことを話し合いました。

 

夫婦で子供の成長を間近で見ることができたこの1年半は、わたしたち家族にとって、かけがえのない時間となりました。

 

・保育園の情報収集をしておいてよかった

認可保育園に落ちてしまったけれど、無認可保育園をすぐにあたったおかげで、無事入園することができました。

 

認可保育園を希望されている方も、落ちた場合の無認可保育園を決めておくといいです。

見学だけでもしておくと、いざ落ちてすぐに電話を掛ければ入園できることもあります。

 

・慣らし保育の期間を長めにとってよかった

これは職場にもよると思うんですが、もし、職場がOKなら、慣らし保育期間を長めにしておくと安心です。

 

わたしはちょうど育休1年半が6月だったので、キリよく1年半取らせてもらえました。

1か月間、半日コース、2か月間、一日コースと、かなり長い期間慣らし保育できたので安心して、復帰することができます。

 

やっぱり、

初めは大泣きするし、本当に毎週のように風邪をもらって大変でした。

 

子どもの風邪って大人にもうつるし。

復帰してから毎週のようにお迎えになっちゃうと、肩身が狭いですもんね。

とれるなら、長目にみておくことをおすすめします。

 

・自分の体力を回復させておく

妊娠、出産すると体力落ちますよね。

疲れやすかったり、体調が悪かったり。

わたしは出産後、

喘息にかかり、吸入薬が手放せなくなってしまいました

 

ただでさえ、

家事と育児って大変なのに、仕事と両立するなんて、かなりの労力が必要なはずです。

復帰前から、子どもと外で体を動かして遊んだり、体調で不安な面は病院にかかって、治療しておくことをおすすめします。

 

・育休中から旦那さんと家事を分担しておく

全部抱え込むと大変です。

うちは復帰に向けて、洗い物、洗濯、掃除、を分担してやってくれるようになり、とても助かっています。

 

あとは料理が心配なんだけど、朝2人で1時間ほど早起きして、夕飯の準備をしておこう、と話し合ってます。

 

・電化製品で時短できるものは、購入を検討する。

食洗器と、全自動の洗濯機を買いました。

はじめは購入を悩んで、

「晴れた日は自分たちで干そうか」

なんて言っていたのもウソのように、雨の日も晴れの日も活躍しています(笑)

 

だって、干すのもしまうのもないし、花粉もつかないしで、かなりいいです。

もっと早くほしかった~

 

食洗器もちゃんと洗えてるの~?って思ってたけど、かなりきれいになります。

食べ残しはさっと流さないといけないけど、それくらいなら楽チン!

むしろ高温で油汚れがきちんと取れるので、助かってます。

 

電気代はかかるんだろうけど、水に関してはドラム式とか、食洗器使用のほうが節水になるみたい。

ルンバは子どものジョイントマットが敷いてあるため、あんまり機能しなそうなのでやめました。

 

 こういうやつ。フローリングなら、便利なのかな。

CBジャパン ジョイントマットシリーズ カラーマット 8枚組 チョコレート

CBジャパン ジョイントマットシリーズ カラーマット 8枚組 チョコレート

 

 

 ・料理の腕を磨いておく

というより、時短。

レシピをある程度決めておいて、圧力鍋で時短。

 

圧力鍋って、火にかけている時間が短いから、放置時間中にほかの下ごしらえや、キッチンまわりのお掃除ができたりなんかしておすすめ!

 

 うちはこの鍋を使っているんですが、思ったより簡単で便利で、追加で小さい鍋も買っちゃいました。

 

 

中までやわらかくておいしいしね。

黒豆や煮物系は、息子の大好物です。

 

ホームベーカリーも材料を入れて、朝、パンを食べるだけにしておけば楽だし、焼き立てかなりおいしいです。

 

 

この本のレシピはおいしいし、丸ごと焼くだけのレシピが多いのでおすすめです。

 

ほかの本、成形がめんどくさい。

 

・資格取得や、自分で稼げる何かを勉強しておく

正直、これが

一番やっていてよかったことかも。

 

うちの場合、育児休業中に夫婦でせどりの勉強を始めて、コンスタントに稼げるようになったので、旦那さんが独立しました。

 

なぜ旦那さんがやめたのかというと、わたしのほうが看護師で給料が多いし、勤務時間も少なくて済むから。

旦那さんのほうが物販向いているし、で。

 

キャッシュポイントが一つになると、もし何かあったときに困る。

なので、わたしはリスクヘッジで復帰することにしました。

 

わたしの脱サラはブログとか、旦那のコンサルとか、そういうので継続的に稼げるようになったら、かな~。

 

なにかしら、

正しい人に教えてもらって、まじめに取り組めば、絶対、結果って出る

と思うんです。

 

これについては、また詳しくどこかで書きたいと思います。

 

とにかく、

役に立つものを学び続けることは、自分たちの武器になります。

 

このブログも、復帰前にカスタマイズとかをして、一応書くだけの状態まで持ってこれて、よかったなって思います。

 

とにかく

育児休業中は、自分たちをスキルアップするための最高の期間です。

 

やるかやらないかは自分次第。

 

・予防接種は復帰前にできるだけ行っておく

復帰したら、なかなかスケジュールを組むのが大変になります。

あとあと困らないよう、いけるときに行っておきましょう。

 

・旅行に行っておく

復帰したら、まとまって取れなくなる、休み。

 

子連れ旅行、大変かもだけど、平日のすいているときにいける、今こそ、チャンス!

1年半の子育てお疲れさま!

リフレッシュも兼ねて、今日から沖縄に行ってきます(*^^*)

 

・自分の身なりを整える

出産後は、ほんと、ぼろぼろでした。

太るし、抜け毛、むくみ、服もな~んにもない。

復帰したら忙しくなるから、自分の服を買ったり、手入れをゆっくりしたりする時間はなくなる。

 

でも、女である以上、子供のためにも自分のためにもきれいでいたい!

出勤に向けて、服を買ったり美容院に行ったり。

自己満足だけど、しておいてよかったです。

 

わたしがやっておけばよかったと思うこと

・後回しにしがちな情報の整理

子どもの写真。

たまるばかりで、整理してません。

USBとかにいれておけば災害時にも持ち出せるし、入れておきたい。

 

でも、あと少しで間に合うかなあ。

できればやりたい。

 

・大掃除的な掃除と断捨離

いらないものを捨てて、もう少しスッキリさせておきたい。

食洗器の下とか、テレビ台の下とか。

なかなかさっとお掃除できないところを掃除しておきたい。

 

・毎週の献立つくりとネットスーパーの利用を確実にする。

まだ習慣化しきれてなくて。

たまに注文し忘れて、旦那さんと買い物に。

でも確実に買い物って時間の無駄だから、しっかり頼み忘れのないようにしたい。

 

なんだかんだ行って帰ってで、1時間とか、かかっちゃうし。

 

生協の宅配「コープデリ」・「おうちコープ」

 

www.pilattu.com

 

 まとめ

こうやって振り返ると、結構やり切った感があるかもしれない。

いろいろ書いたけど、一番はやっぱり、

大切なお子さんとの時間を楽しむ

ことだと思います。

 

育児休暇、たのしんでくださいね!

わたしも残りわずか、たのしみたいと思います。

 

 

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村