離乳食って大変!を吹き飛ばす、おすすめ便利グッズと無添加茅乃舎だし

スポンサーリンク

f:id:pilattu0730:20160507160956j:plain

 

かわいい赤ちゃん。初めての離乳食。

 

がんばるぞ~!と意気込んだものの、初めての離乳食って、わからないことばかりで、すごく悩みますよね。

 

まず、形状。どうやってすりつぶすの?

 

何をあげればいいの?あげちゃいけないものは?

 

毎日のことだし、回数が増えて2回食、3回食になってくると、いつも同じものになってしまう…と悩む方も多いはず。

 

そして、悩んで一生懸命作ったメニューを全然食べてくれなかったりすると、自信もなくなっちゃいますよね。

 

おいしくないのかなって。

 

食べるようになったらなったで、つぶす手間が増えるし。そして、今度は味がないと食べない、なんてことに。

 

どうすればいいんだ~!!

 

今回は、悩みの多い離乳食について、わたしが実際に困ったことや、解決方法をいくつかご紹介していきたいと思います。

 

赤ちゃんが、一生懸命作ったご飯を食べてくれたときって、とってもうれしいですよ。

 

ちょっとの工夫で変わることが多いので、ぜひ参考にして、楽しくラク~に子育てしていきたいですね。

 

 

 

レパートリーがない!何を作ったらいいかわからない…

 

わたしがまず、ぶつかった悩みはこれでした。離乳食を始めたほうがいいといわれてもどうしよう…って、途方に暮れちゃうんですよね。

 

結局、遅めでいいか!と、半年たってから始めましたが、この悩みは月齢別にまとまっている本を1冊購入することで、だいぶ軽減します。

 

こちらの本は、5カ月~1才6カ月ごろまで、この本1冊でOKなところがすごくおすすめです!


「離乳食ってどんなもの?」「いつ頃から始めるの?」という疑問や、赤ちゃんの体調が悪いときの離乳食、フリージングの仕方などものっているので、1冊持っているとすごく安心できますよ。

 

離乳食!っていうと、すごく難しく感じちゃうけど、実際はご飯をとろとろに煮たものをだんだん形状を固くしていく、という感じなので、あんまり堅苦しく考えなくてよかったのか!って、今となっては思います。

 

初めての育児って、わからないことだらけで余裕がないから、気持ち的にもつらくなっちゃうんですよね。

 

写真も載っていてわかりやすいので、安心できますよ。

 

 

毎日、手作りは大変!すりつぶし、裏ごし、後片付けが簡単になればいいのに!

 

この悩みも多くのママが感じていると思います。

 

まだ小さく、あまり量を食べないうちはこうしたグッズがすごく便利なんですが、だんだん量を食べるようになってきて、回数も増えてきます。

 

するとやっぱり、手ですりつぶすのってなかなか時間もかかるし、大変なんです。

 

子どもがいるとゆっくり準備もしてられないし、こちらの都合お構いなしに泣いたりするし。

 

あんまり時間もかけていられません。

 

おかずも食べるようになってくると、別でゆでて裏ごしって正直、めんどくさいな~って思っちゃってました。わたし、ママ失格だ…

 

でも、そんな悩みはこのコードレスのハンドブレンダーを買って、すっかりなくなりました。

 

もう、本当に早く買えばよかった!

 

ハンドブレンダーを買うまでは離乳食を毎日作るのって大変だし、レパートリーもそんなになくて、つい、市販の離乳食を使ったりして、後悔したこともありました。

 

やっぱり日持ちするってことは、保存料は入っているだろうし、体の為には手作りがいいんだろうなって思ってたから。

 

こういうお弁当タイプのものとか、かなり重宝してましたけどね。

でかけるときなんかは便利だし。

 

でも、家にいるときなんかは極力作ってあげたいな~と思うようになったわけです。

 

 
それが、ハンドブレンダーを買ってからは、かなり楽になりました。
 

これは充電式で、キッチンの片隅においておけるところが、本当に便利なんです。

 

コードがついている物だと、いちいちしまったり出したりするのが面倒で、ついつい使わなくなりがちです。

 

ハンドブレンダーをお考えの方は、絶対にコードレスタイプがおすすめですよ。

 

やわらかい具材や、ジュースにしたいものはブレンダーで、おかずをキザミっぽい感じにしたいときはチョッパーで、と使い分けられたのも重宝した理由です。

 

だって、自分たちのおかずの味付けをする前に取り出して(赤ちゃんの食べられる具材のもの)チョッパーで刻んであげれば、できあがり。

 

別メニューを作らなくてよくなって、離乳食から解放された~と思いました(笑)

 

洗いやすい形なので、毎食使って、さっと洗って、という感じで楽ちん。

 

もし、悩んでいる方が居ましたら、量が増えてくると、あとあとほしくなると思うので、先に買ってしまうのがおすすめです。

 

その際は、レビューを見て、洗いやすい形のものをおすすめします。

 

もちろん、離乳食で使わなくなっても、ブレンダーはかぼちゃ、にんじんなどの野菜ポタージュやバナナジュース、マッシュポテトなどなどに。

 

チョッパーは玉ねぎなどのみじん切りで、大活躍してくれています。

 

 

こまめに作るのは大変!一度に作って保存したい!

 

そんなときは、フリージングパックやタッパーが大活躍です!

 

 

 

毎回作り直すのは大変ですし、わたしも小分けにして冷凍保存していました。

百均にも売っていますよね。

 

でも、なんとなく、ご飯はできたてをあげたい気もして。

 

わざわざ、1合ずつ炊いて、必要最低限の冷凍で済ませていましたが、今はこんな便利グッズもあるそうです。

 

これがあれば、うっかり、炊き忘れて、冷凍も切らしていた!なんてときも安心ですね。

 

 

 

次の妊娠時は買おう!

 

 

自分で食べられるようになると、食器を投げたり、落としたり。ストレスたまります。

 

自分で食べ始めるようになってくると、お皿をひっくりかえしたり、投げたりすることも。

 

割れたり、かけたりしない、プラスチック製が安心です。

 

うちは出産祝いでいただいたベビー食器があったので、とても重宝しました。

 

食洗器のあるおうちは、食洗器対応だとうれしいですね。

 

 

1歳過ぎて、自分でスプーンなどを持ちたがるようになってきたら、こんな食べやすい設計のスプーンとフォークもおすすめです。

 

このシリーズは使いやすいようで、うちの息子は毎回これを使って上手に食べています。

 

とくにフォークのギザギザに麺類などがうまくキャッチされて、ずりおちないところがよし!

 

洗いがえように、3セットも持っています(笑)

 

子どもさんに合うスプーンが見つかるといいですね。

 

 

せっかく作った離乳食、食べてくれない!味がついていないと嫌みたい…

 

うちの息子、ある日、味のしないご飯やおかず、食べなくなっちゃったんですね。

 

離乳食は薄味で、って習うじゃないですか。それが嫌だったみたいで。

 

市販の離乳食は味が濃い目なので、喜んで食べるんですよ。それに悩んでいて。

 

おまけに、だしは出産前は味の素を使っていたんですが、こんぶとかつおぶしからとるようにって言われまして。

 

そんなの無理だし、と。

 

だって、本の通りやっても、手間がかかる割に、おいしくない。

 

そこで、市販の無添加と書いてあるだしを使っていましたが、これまたおいしくない

 

でも、大阪の友人に相談したら、うちは子どもにも安心な無添加のだしを使っていて、すごくおいしいよ~と教えてもらって。

 

一緒に買いに行ったんですが、本当においしい。

 

茅乃舎だしって知ってますか?

 

店舗がある地域では大人気で、行列の茅乃舎だし、なんだそうですが、田舎者のわたしは全然知りませんでした。

 

食の意識の高い人や、グルメな芸能人もこぞって使っているとか。

 

自然食レストランにお食事に来るお客さんから、だしの問い合わせが多かったことから、生まれた商品で、素材は国内産にこだわった、真昆布、鰹節、うるめいわし、焼きあご。

化学調味料・保存料無添加で身体に優しく、小さなお子様からご年配の方まで、安心して食べることができます。

使い終わっただしパックの粉末は、魚を骨も丸ごと粉砕しているので、捨てずに乾燥させて、ふりかけにするとカルシウムの補給にいいとか。

袋を破って炒め物なんかにも使えます。

 

わたしは栄養補給もかねて、お味噌汁にも、そのままだしパックを破って使っちゃってます。簡単!


初めて茅乃舎だしでお料理をしたときは、本当に感動ものでした。

 

なるほど!だしが違うだけでこんなに変わるのか、と。

 

味噌汁、豚汁、お雑煮、里芋の煮つけ、など普通にだしを使うものに入れるだけで、すごくおいしいんです。

 

料理にうるさい旦那も、料理が上手になったんじゃない?と(笑)

 

お値段はちょっとお高めですが、子供も喜んでパクパク食べるし、安心だしで、手離せなくなっちゃいました。

 

 

他にも煮干し、減塩、野菜など種類があって、はじめは野菜だしはいらないかな~と思っていたんですが、こちらも絶品。

 

コンソメ代わりに使うようです。

 

今ではコンソメは一切使わず、ハンバーグや野菜炒め、野菜スープなどなど、重宝しています。

 

というより、こんなにおいしいならほかの商品もおいしいはず…と、このお店の調味料をいろいろそろえたくなってしまって、お味噌、海苔の佃煮、減塩タイプのだし…

といろいろ試してみたのですがどれもおいしい!

 

リピートしております。(笑)

 

もし、おなじように、無添加だしがおいしくない、だしを取るのが面倒だという方は、一度だけでも試してみるといいと思います。

 

赤ちゃん、意外とグルメです(笑)

 

パクパク食べちゃうかもしれません。(笑)

 

うちも、おいしくなった途端、たくさん食べだして、なんだか笑えました。

 

そして自分たちもハマります(笑)

 

 美味しい料理で、離乳食の悩みから解放されたら、最高ですね。

 

 

 まとめ

 

どうだったでしょうか?この記事が、悩んでいるあなたの参考になったら幸いです。

 

毎日作らなければいけない離乳食だからこそ、簡単にできるように便利グッズを使ってみることで、気持ちがグッと楽になるかもしれませんよ。

 

赤ちゃんが離乳食を食べる期間は、そんなに長くありません。

 

これが食べられるようになった!って、日々の成長を楽しみながら取り組めたら、最高ですね!