いまのわたしにできること

子どもの爪が弱い理由と、対処法

スポンサーリンク

f:id:pilattu0730:20160502134233j:plain

 

子どもの爪って、

薄くて、折れたり、はがれたり、すぐにぼろぼろ

になってしまいますよね。

 

なんだか痛そうだし、栄養状態が足りていないのではないかと、心配になる人もいるのではないでしょうか。

わたしも、もうすぐ1歳半になる息子がいるのですが、新生児のころから息子の爪のぼろぼろ具合が、気になっていました。

 

調べてみると、同じような声が。

 

 息子は8ヶ月です。2週間ほど前からはいはいが始まったのですが、はいはいをし始めてから、足の親指のつめが割れます。

引っかかっているのかと思い、毎日チェックして、少しでも伸びたら、切っているのですが、今日、また割れてました。
つめの角が折れて、めくれて、痛みはないようですが、とても気になります。

 

 

6ヶ月の子供です。
 うつ伏せができるようになってから、色々なものに興味しんしんです。

 特に、爪で引っかいてバリバリ音がするのが楽しいらしく、ソファーや畳、ベビーベッドの柵などをひっかいて、爪がぼろぼろになっています。ひどいときには爪の先がはがれて深爪状態になっていて、とても痛そうでかわいそうです。 

  ①子どもの爪は、なぜ割れやすいのか?

赤ちゃんの皮膚は大人と比べて、デリケートなように、

爪も未熟でデリケート

 

そのうえ、とても薄いため、伸びる途中で割れたり、剥がれたりしやすいのです。

 

赤ちゃんが成長し、しっかりした固い爪が生えてくるようになれば、割れたり、剥がれたりといったダメージを受けることも少なくなるでしょう。

 

まだ小さいから、爪が弱いのは普通のことなんですね。

 

うちの子だけじゃない、って思うと、安心できますよね。

 

二枚爪や、爪がそり返ってしまうのも、爪が薄いという理由からだそうです。

 

栄養不足や貧血を気にしてしまったりしますが、出産後は検査もしていますし、乳幼児健診などで、聞いてみて、異常がないようであれば、気にしなくてもよさそうですね。

もちろん、遺伝で弱い、ということもあるようですが、小さいうちはいろいろなところを触ったり、ぶつけたりしがち。

 

もし、割れてしまったところが、炎症を起こして腫れてきてしまったら、病院で診てもらいましょう。

 

②赤ちゃんの爪の手入れの方法

・爪を切るときは、約1mm残すよう切る

切りすぎると爪に覆われている皮膚が露出され、感染しやすくなったり、爪や指の形がいびつになりやすい。

真ん中からバチンと切ると、割れやすくなるので、サイドから少しずつ切る。

切った後はやすりで磨いて、引っかからないようにしてあげてください。

・割れてしまった場合は、引っかからないようにカットする

絆創膏はとってしまう赤ちゃんや、指を吸う赤ちゃんも多いので、誤嚥の危険性があり、注意が必要。

・赤ちゃんが寝ているときに、指をしっかり固定して、カットする。

・お風呂上りに切らない

お風呂上りは爪がふやけて柔らかくなりすぎ、深爪しやすいそうです。

③もしも、切りすぎたり、傷つけてしまったら?

わたし、新生児時代にやっちゃいました。ごめんよ…

大泣きして、すごくかわいそうでした。

 

ちゃんと新生児用の爪切りタイプを使ったんですが、赤ちゃんの爪、いや、指自体が小さくて、見えているつもりが見えていなかったみたい。

少しだけ、切ってしまった場合は、そんなに気にしなくてもいいそう。

っていっても気になるけどね!

 

絆創膏は飲み込んでしまうと危険なので、なるべくつけないほうがいいかもです。

 

基本、出血した時は圧迫止血。

 

3分ほど強めに抑えていると、ほぼ止まります。

それでも、止まらないほど大きな傷は、病院に連れていきましょう。

 

 赤ちゃんの爪切り、こわいですよね。

対象年齢が書いてあると思うので、しっかり見て、新生児用は新生児用、というように年齢にあったものを使ってあげてくださいね。

 

うちは切るのがトラウマになってしまったので、削るようにしています。

これなら安心。

 

 ほおっておくと、ひっかき傷ができちゃったりしてかわいそうなので、こまめにお手入れしてあげたいですね。

 

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村