読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なかなか治らない乳幼児のアレルギー、もしかして、あれが原因かも

育児 育児-1歳 育児-0歳

スポンサーリンク

f:id:pilattu0730:20160430211313j:plain

 

かわいい赤ちゃん、お肌はしっとり、すべすべが当たり前。

 

と思いきや、生後1か月後くらいから乳幼児湿疹に悩まされ、小児科を転々とし、アトピーと診断されはしなかったものの、ドライスキンといわれ、ステロイドをわが子に毎日塗っていたわたし。

 

ステロイドを塗ることで、ウソのようにきれいになったものの、離乳食を開始し、小麦や卵を与えるようになると、またプツプツ。

 

ひどいと目が腫れたり、体中に湿疹が出ることもあり、うちの子は、卵と小麦アレルギーなのかな。と思っていました。

 

医者にかかって、相談をしてみても、

「まだ小さいから、検査してもよくわからないよ。もう少し大きくなれば自然と収まることも多いし」

といわれ、様子を見るしかなく。

食事や体の調子で、症状が出たり出なかったりだったので、症状が出たら薬を塗る、という繰り返しでした。

 

でも、ふと気づいたことがあったんです。

もしかして、洗濯用洗剤が原因なのかなって。

 

うちでは出産後、すべての洗濯物をベビー用と大人用と分け、ベビー用は’アラウ’という洗剤を使っていました。

 

 でも、乳幼児湿疹が出て、なかなか治らず、ステロイドを塗ることで、症状は落ち着きました。

乳幼児湿疹は、ホルモンバランスで出るともいわれているので、どの洗剤を使っていても、月齢的に仕方なかったのかな、と思います。

 

問題はそのあと。

ステロイドを塗り、落ち着くようになったので、薬もほとんど必要なくなったんですね。

1歳過ぎてるし、症状も出てないし、もう大人と一緒の洗剤でいいんじゃない?

って、においの好きだったボールドと、ソフランロマリッチで、まとめて洗濯し始めたんです。

 

友達でも、1歳過ぎたら一緒に洗濯しちゃってるという子が多かったし。

 

ボールド 洗濯洗剤 液体 香りのサプリイン ジェル 本体 850g

ボールド 洗濯洗剤 液体 香りのサプリイン ジェル 本体 850g

 

 

 

 それくらいの時期に、保育園に行き始め、腕やおなか、背中にまた、ひどく湿疹が出るようになってしまいました。

 

「やっぱり環境が変わったからか、最近すごく湿疹が出るようになっちゃったね、なにか変わったもの食べたっけ?」

って、旦那と話していたんですが、もしかしたら、

 

洗剤変えたせいなのかな?と。

 

おしりはきれいだったし、服って、肌に直接触れるものだから、洗剤が原因なんじゃない?って思ったんです。

 

そこで、オーガニック系の洗剤を調べてみることに。

 

旦那は、今まで使っていた’アラウ’は、生乾きのにおいが気になるとのことで、そのほかの洗剤を使い、大人用も子供用も一緒に洗ってしまおう、と提案してきました。

 

ちなみに参考にしたのはこのサイト。

www.senzai-atopy.net 

評判のよかったソネットを使ってみることに。

 

 合成保存料、蛍光増白材など、アレルギーを誘発し、健康に悪影響を及ぼすような原料は、一切不使用

 

というところにひかれ、購入。

 

自然にかえる、というのも、体によさそうで気に入った理由です。

 

www.eco4u.jp

 

ソネット ウォッシュリキッド 2L

ソネット ウォッシュリキッド 2L

 

サイトに載っていたお店より、 Amazonのほうが少し安かったので、アマゾンで買うことに。

使ってみた感想は、やっぱり、ボールドの強い香りに慣れているせいもあり、においは物足りなく感じる。

洗濯物が濡れているときは、普通にいいにおいがするのだが、乾くとかすかに香る程度に。

においがないほうがいい人には、ちょうどいいかもしれない。

 

だいたいは気にならなかったが、生地の厚いものは、少し生乾きのにおいがするものも。

ソネット ランドリーリンス 1L

ソネット ランドリーリンス 1L

 

 

 そこで、こちらの柔軟仕上げ剤も買ってみました。

使った感じは、生地の厚いものも、嫌なにおいが残ることもなく、仕上がりもやわらかい。

が、こちら、計量カップが付属していないので、少しびっくりしました。

画像を見るとわかるのだが、食器用洗剤のような形状の注ぎ口で、少しいれづらい。

 

うちではたまたまあった、ほかの計量カップを使用することにしたが、みんな計量カップは洗剤のものを洗って、使っているのだろうか???

 

 そんな疑問は残ったが、この洗剤に変えてから、

 

ウソのように湿疹がなくなり、わが子のお肌はプルプルの赤ちゃん肌に戻りました。

 

薬もしばらく塗っていない。

小麦や卵を食べても、なにも症状は出ていない。

小麦や卵を食べたときに出る症状は、大きくなったから改善してきたのもあるかもしれないが、洗剤を変えたとたんに消えた湿疹は、やはり洗剤が原因だったとしか思えない。

 

こんなに簡単に治るのなら、もっと早く変えてあげればよかったな。

 

そんな後悔さえ出てくる。

 うちはにおいで、’アラウ’は除外しましたが、’アラウ’でも、ある程度、症状は抑えられていたと思います。

ソネットのほうが、きれいにはなりましたが)

 

一旦、大人の洗剤を使ってみたことからやはり、

大人用の洗剤は、小さな子どもには刺激が強すぎるんだと実感しました。

 

 (追記)洗剤を選ぶときに避けるべきもの

危険な化学物質は、500種類以上も、国から指定されているそう。

 

中でも、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(略称LAS)

 

という化学物質は、合成界面活性剤の中でもトップクラスの危険度だそうです。

 

・人の健康や生態系に悪影響を及ぼす恐れがある。

・自然の状況で化学変化を起こし、容易に有害な化学物質を生成する

オゾン層破壊物質

 

非常に恐ろしい化学物質ですね。

 

さらに「非イオン系合成界面活性剤」も注意が必要です。洗浄力の強い洗剤に使われる「ポリオキシエチレンアルキルエーテル」には、たんぱく質の変性作用があり、アレルギーを起こすと指摘されています。

また、「白さ」を強調する洗剤類には、「蛍光増白剤」がよく使用されています。これは洗濯物を白く輝かせる染料の一種です。洗濯物に付着しないと用をなさないので、「すすぎ」をしても落ちません。経済産業省は蛍光増白剤について、「乳幼児用製品にはできるだけ使用を避ける」よう警告をしています。

 ヘルスプレス より引用

 

知らなかったです…なんかショック。もし気になった方は、見てみるといいです。

 

tenkabutu01.com

healthpress.jp

 

人それぞれ、あうもの、あわないものなど、個人差はあると思いますが、もし、子どものアレルギーが気になる人は、洗剤を刺激の弱いものに変えてみるのも、1つの手かもしれません。

こうやって調べてみると、なるべく安全なものを、子どもだけでなく、自分たちも使いたいなと思うようになりました。

 

アトピーで悩んでいる親御さんがいたらぜひ、洗剤の検討をしてみてほしいです。

金額的にも高いものもあるので、なるべく添加物の少ないものにしたり、柔軟剤の使用自体をやめるのもいい方法だと思います。

 

気にし始めるとキリがないですが、知らずにいたらどんどん侵されていく健康。

守る力が弱い子どもは、なおさら、気にかけて守っていってあげたいですね。

 

 

 にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村