乳幼児にイライラできなくなる、7つの考え方

スポンサーリンク

f:id:pilattu0730:20160420201526j:plain

こんにちは。

全国のママさん、パパさん、今日も育児にお仕事、お疲れ様です。

子どもって本当にいたずらですよね。

 

何度言っても聞かなかったり、悪気はないけど、すぐに具合が悪くなったり、くしゃみを噴水のようにはきかけてきたり。

 

今日は、そんな手を焼く乳幼児に、イライラしたときに考えてみてほしいことを書いてみたいと思います。

 

1. 赤ちゃんは発達の第一歩をふみだしたばかりである

よーく、考えてみてください。

小学生でも、中学生でも、悪いことはしますよね。

相手はまだ赤ちゃん。

生理現象はまず、怒っちゃダメダメ。

うんちがたくさんでてもれた、くしゃみがでて、ママの顔にくしゅん!

よだれがべト~。

でも、これはしょうがない。

大人でも我慢できないときはあるのに、子どもじゃ我慢できません。当たり前。

 

風邪ひかないように自己管理?

無理無理、そもそも、あんたたちが風邪菌が豊富な保育園につれてっているんでしょ?

うがいもマスクもできないし、うつるのは当たり前。

大人だって、気を付けてても風邪ひくでしょ?

 

ねむいのも、おなかがすいたのも、まだ我慢できないんです。

あまりに眠いのに寝れないとぐずっちゃうのは、どうしたらいいかわからないからなんです。

自分の30分の1しか生きてないって考えたら、わかりますよね?

レベル30の自分に対し、生まれたてのレベル1のわが子。

 

そりゃ、まだわからないこと、できないことだらけだ。

2.すべて成長するために必要だから、やっている

例えば、おもちゃをいつも盛大に散らかす。

おもちゃ1つを出すのも、しまってみるのも、勉強勉強。

こうやって、手の運動をしているんです。ほら、ボールを投げるのも上手になってきたでしょう?

ティッシュをなぜか何枚もだして、こまかーくちぎるのも、手先の運動ですよ。

器用でしょ?

上手にできたよ。なんでこまかくなるんだろう?ふしぎだな。

 

よくみて。熱中してるでしょう?

ご飯をぐちゃぐちゃにするのも、ぐちゃぐちゃの感覚を手で感じ取っているんだよね?

うん、そのへんでやめておこうか(笑)

f:id:pilattu0730:20160420094730j:plain

でも、人をたたくのは?

赤ちゃん、悪気はないんです。

相手の反応がおもしろかったりして、ついついたたいたり、ひっぱったり、いやがらせ的なことをしてしまうけど…(笑)

 

痛くて、イラッとしてもこらえて、こらえて。

赤ちゃんだから、まだコントロールや力の加減もわからないんですよ。

まちがっても、たたいちゃだめですよ!

でも、そのうち、お友だちとやって、やられて、痛みがわかってくる。

そりゃあ、ケガするまで見てはいませんよ、けど

「ごめんね」「いいよ」

もそのうちわかってくるはず。

3.困ることをされたら、その都度、教えるチャンスだと思うこと

おもちゃを散らかして困る。→片づけの練習をする。

 

ティッシュをちぎる→1,2枚だけわたして、ちぎり終わったらごみ箱に捨てさせてみる

 

ご飯をぐちゃぐちゃ→ある程度見守り、「べとべと、気持ち悪いね」とふいてあげる。

食事の前後は手をふくということを教える

 

たたく、物を投げる→痛い、危ないということを教える。ごめんなさいを教える

 

4.赤ちゃんに期待をしない

赤ちゃん。まだ記憶が発達していません。

教えられても、すぐに理解できたり、わかることばかりではないでしょう。

でも、繰り返すことでだんだんわかってきます。

親の話も、結構理解していてびっくりしたりします。

 

はじめから、わからなくて当然、できなくて当たり前、という広い心を持ちつつ、何度でも教えてあげる気持ちでいれば、いらいらすることも少ないのではないでしょうか?

5.すべては大人の工夫次第

例えば、狭い部屋にコードやら、大事な書類やらを置きっぱなしにしていたら、それは大人が悪いのではないでしょうか?

 

目のつくものすべてを触って、なめて確かめたい赤ちゃん。

危険なものや触れてほしくないものは、大人が片付けておくべきです。

みつかって、とりあげて、エーン!!じゃ、なんだか赤ちゃんもかわいそう。

引き出しの中にしまう、ロックを付ける、高いところにしまう、ベビーゲートを付けるなど、意外とできることはあるものです。

 

うちではこんなものを使っています。

 

 

 6.成長を喜ぶ

いままでできなかったのに、こんないたずらをするようになった。

困る。

ではなく、その対策をしつつ、おおきくなったんだな~と別の視点でみると、イライラしません。

成長って、とっても喜ばしいこと。

無事ここまで大きくなってくれたことにほっこりしながら、向き合っていったらいいのではないでしょうか?

7.’今しかない時期’と思う

こんないたずらも、大きくなってしまったらしなくなります。

それはうれしいんですが、反対に言えば子供はどんどん自立していってしまいます。

今だからこそ、こんなに密にかかわれて、こんなに甘えてきて、くっついてきて…

って考えると、ジーンときませんか?

歩けるようになったら、手なんてつないでくれないし、ご飯を食べさせるのも自分でできるようになれば、スプーンをひったくってきます(笑)

 

ママがトイレに行くために離れるだけで大泣きするのも、夜うざいくらいにくっついてきてうまく眠れないのも、今だけなんだと思ったら大切に思いませんか?

 

 

以上、乳幼児にイライラできなくなる、7つの考え方でした。

忙しかったり、体調が悪かったりすると、どうしてもつらくなったり、やさしくできなかったりしますが、今しかない時間を大切に、楽しんで育児ができたらいいですね。

子育て中のみなさん、一緒にゆるーく、がんばりましょ☺

 

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村