しゃべれない乳幼児が風邪をひいたとき、病院に連れて行く4つの目安

スポンサーリンク

f:id:pilattu0730:20160421233229j:plain

 

子どもって保育園に行き始めると、本当によく体調を崩しますよね。

 

鼻水、咳、熱、発疹…

 

でも、まだしゃべれない乳幼児は、どのタイミングで病院に連れて行くべきなの?

迷いますよね。

わたしも1歳半の男の子がいて、よく鼻水が出たり、咳が出るんですが、いつ病院に行くべきなのか、迷いました。
 
ちょっとしたことで病院かかりすぎかな?とか。
 
今回は、乳幼児が風邪をひいたときに病院に連れていく目安を、小児科の先生にアドバイスをいただいたのでシェアしたいと思います。

 

1.高熱が出たとき

38度以上の熱が出た場合、体力の消耗が激しくなります。

早めにお医者さんにみてもらいましょう。

また、普段36.5℃くらいの子が、37.5℃以上の熱が続くなど、いつもより高い状態が続いている場合も、感染症の疑いがあるので、受診がおすすめです。

 

2.食欲がなく、ご飯やミルクを受け付けないとき

いつもはよく食べる子が、なかなか食べない、食べても吐いてしまうときは要注意です。

下痢や嘔吐で、おしっこの回数や量が減ったり、ぐったりしてしまった場合は、脱水を起こしている可能性があります。

すぐに受診しましょう。

 

3.鼻水、鼻づまりや、咳で夜、寝るのがつらそうなとき

眠れないのは本当にかわいそうですよね。

鼻水はのど元に落ちてくると、咳の原因になるため、鼻水吸引機で吸ってあげたほうがいいようです。

うちは手動のママ鼻水トッテを使っています。

なかなかとれますよ☺押さえつけるのが心苦しいですが…

ごめんね。

先生が言うには、夜、お風呂に入った後に鼻水を取ってあげてから、寝かすと寝やすいようです。

 

ママ鼻水トッテ

ママ鼻水トッテ

 

 4.黄色い鼻水が長く続いたら

黄色い鼻水は、風邪が治りかけの時に出るみたい。

黄色い鼻水が3日くらい出ると、普通は治っていくそうなのですが、それ以上続いたら、感染を起こしている可能性があるので、受診したほうがいいそうです。

知らなかった!!

 

 

以上、しゃべれない乳幼児が風邪をひいたとき、病院に連れて行く目安でした。

小さなわが子が苦しんでいる姿を見るのはつらいですし、保育園に通っているお子さんも多いと思うので、できればこじらせたくないですよね。

ひどくなったら仕事を休まないといけないし。

できたら、病院や仕事のお休みなどを考えて、あまり症状がひどくないうちに見てもらったほうがいいかもしれません。

 

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村