いまのわたしにできること

稼ぐ人は知っている!アフィリエイトで物を売るにはルールを攻略せよ!

スポンサーリンク

f:id:pilattu0730:20170907140315j:plain

こんにちは、ブログの収入で生活しているりえです。

 

最近よくブロガー仲間からこんな質問をいただきます。

ねえ、どんなふうに記事を書けばブログで稼げるの?この記事、どこを直せば稼げるようになる?

うーん…ここはこうした方がいいんじゃないかな?

わたしはその都度、記事を読んでみてここをこうしたらいいんじゃない?って意見はお伝えしていたのですが、ふと思いました。

 

直したらいいことを伝えることはできるけど、そもそも記事の情報量が足りない。はじめからモノを売るためのルールに沿って書けば楽だし、もっと成約するようになるのに。

なんて実はこんなえらそうなことを言っているわたしも、ブログを始めて5カ月間は同じようにまったく収益が出ない…と悩んでいました。

 

でも、モノを売るにはルールがある!ということに気づき、売れる型について勉強しはじめるとともに収益は上がっていったんです!

 

初めは試行錯誤でした。

 

でも、型をかじり始めた翌々月にはブログ収入約10万円、さらに意識し勉強を重ねると収益は右肩上がりに伸びていき、2017年7月はなんと月収70万円になったのです。

 

あなたはブログの収入がなかなか伸びない…とお悩みではないですか?

  • どうすれば売れる文章が書けるの?
  • アフィリエイトがうまくいく人は才能だ
  • 文章を書いて生きていくなんて無理だ
  • 読まれている記事なのに全然アフィリエイトが発生しない
  • もっとアフィリエイトの成約率を高めたい

そんな風に思っているあなたはぜひ、騙されたと思って『モノが売れる型』について勉強をしてみてください。

 

自己流で文章を書いて消耗していたのがウソのように、おもしろいくらいアフィリエイトが発生して、記事を書くのが楽しくなりますよ。

 

本当は教えたくない気もするけれど、1年前の自分のように悩んでいるブログ仲間にこの事実を知ってほしいし、この本をプレゼントしてくれたogawaさんに「書評楽しみにしてます」と言われちゃったので書きますね!

 

今日はこの『モノを売るためのルール』をだれでも簡単に理解できる方法についてです。

売れるルールに沿って記事を書けば、誰でもおもしろいほど物が売れるようになる

f:id:pilattu0730:20170830141405j:plain

モノを売るにはルールがある。そして、ルール通りにやれば誰でも売れるようになる。

これはバズ部著の10倍売れるWebコピーライティング ーコンバージョン率平均4.92%を稼ぐランディングページの作り方という本の冒頭に記載されているメッセージです。

 

お客様に興味を持ってもらうとき、興味を持ったお客様に「欲しい!」と思ってもらうとき、ほしいと思ったお客様に決断してもらうとき。

 

なんとそれぞれの段階で言うべき言葉、伝えるべき情報が決まっているというんです。

 

それがセールスの化学、モノを売るためのルール。

 

そしてそのルールを知ればどんな商品でも売れ、対面でも文字上でも通用する…

 

もしこれが本当だというのならそのルールを学んで、ブログの記事作成に活かしてみたいと思いませんか?

 

売れるルールをたった1時間で知る方法

f:id:pilattu0730:20170830141515j:plain

でもそのルールってどんな風に学ぶの?お金も時間もかかる、何十万もするセミナーなんじゃないの?

まさか!私が真剣に読み込んでもたった1時間で読み終わった、1480円(税抜)で買える本を紹介するよん☆

それがこちら。

 

コピーライティングの本って内容が難しかったり、読んで「さぁ、書くぞ!」といざコピーを書こうとしても結局、よくわからずうまく書けない…ってなったりしますよね?

 

でもこの本は、誰がやっても必ず同じ結果が出る「売れるセールスコピーの作り方」のルールがわかりやすく例えも交えて書かれており、実践するためのワークシートがついています。

 

この本を読みこんで、ワークシートを使いながら売りたい商品の記事を書く、ということを繰り返していけば、きっと文章力も向上するはずです。

 

ちなみに口コミはこんな感じ。

セールスページを書きたいけど、何をどうやって書いていいかわからない。そんなあなたも、すぐに書くことができるようになります。
ウンウン唸って、何を書けばよいのか、または書いたけど全く結果が出ないなどの悩みを解消できるでしょう。
書けない人は、何をどうやって、どんなふうにとライティングの型がわからないんだと思います。
この本では、わかりやすい事例を元に、ライティングの型を教えてくれます。
ですので、あとはその型に文章をあてはめるだけで、あなたもセールスページを書くことができます。
コピーライティングの本としては、他の有名なライティングの本の、基礎中の基礎が書かれている感じです。
すでにそのようなコピーライティングの本をいくつか読んでいる人には、当たり前の内容しか書かれていません。
しかし、全くコピーライティングの知識がない人には、とても取っ付き易く、わかりやすい内容になっています。
逆に、いきなり専門的なものを読むより、実践しやすいでしょう。
書けなくて悩んでいる暇があったら、買って読んでみることをオススメします。Amazonカスタマーレビューより

 

著者のバズ部とは?

バズ部とは、株式会社Ⅼucyが運営するブログ。

 

SEO、ブログ運営の教科書ともいわれ、WEBマーケティングのノウハウをこれでもかと提供してくれている月間100万PVを達成している人気ブログです。

 

なんと、紹介した本と同じ内容の記事も無料で見ることができます。

 

わたし自身、売れる型を意識するようになったところから報酬が発生しだした

f:id:pilattu0730:20170830141245j:plain

実はわたしは数カ月前からコピーライティングの勉強をバズ部を読み込んで、記事の構成、型を作って記事を書いていたのですが、そこからアフィリエイトがどんどん発生するようになり、読んだ人から役に立ったと言ってもらえるようになりました。

 

それはこの型が『自分のいいたいことばかりを並べるのではなく、ユーザーが求めている情報をリサーチすることを大事にしているから』だと思います。

 

正直に言うと、この無料ブログだけでもすごく勉強になる内容なのですが、多くの人は参考になるブログだけでは勉強が続かないはずです。

 

さらっと読んで勉強した気、理解した気になるのがオチでしょう。えらそう(笑)

 

本にはブログには載っていないワークシートがついており、初心者が1からユーザー目線にたつのを助けてくれます。

 

『リサーチが大事』これは稼いでいるアフィリエイターさんが口々におっしゃってますが、初心者がリサーチをしようと思ってもなかなかむずかしいんですよね。

 

実際わたしも読み手が何を必要としているかを調べたり想像して書く、というのを数カ月続けてきましたが、この本と出会ってワークシートを埋めていくとまだまだ全然ユーザー目線に立てていないんだな、と痛感しました。

f:id:pilattu0730:20170830145522j:plain

また、この本は『売れるコピーの書き方』について情報がひと目でわかるようになっているので、本を購入し、読み込み、ワークシートに沿って記事を繰り返し書くのがアフィリエイトで上達する近道です。

 

ぜひ手に取ってみてください。

 

わたしもこれからワークシートを使ってたくさん記事を書いて、もっともっと成約率を高めようと思っています。

 

さいごに

f:id:pilattu0730:20170830141633j:plain

モノを売るにはルールがあり、それを当てはめるだけで自然とモノが売れていく。

 

信じられないかもしれませんが、これはブログアフィリエイトを1年4か月試行錯誤、挑戦してみてわたしも実感しています。

 

読まれていなくて売れないのは仕方がないけれど、読まれているのに売れないというのは自分次第ですぐに改善できます。

 

たった1480円で学べるルール。

 

知っているか知らないかで悲しいほど差がついてしまう、この事実を受け入れ、あなたも誰でも簡単に売れる型を勉強してみませんか?

 

時間がない?

 

このまま型を知らずに記事を書き続けても、売れないことに本当は気づいているんでしょう?

 

毎日、自分なりに時間をかけてがんばって記事を書き続ける。

 

書いても書いても売れない。…悩む。

 

そんなふうにせっかくのあなたの努力がムダになってしまわないように、稼ぎたいブロガーのあなたは今すぐに読んでほしい良書です。

 

ただし、売れるからと言って、本当におすすめできる商品しかすすめないでくださいね?

 

お金のために粗悪な商品を売りつけたら、あなた自信の信用が落ちてしまいます。

 

本当におすすめしたいいい商品をガンガン売って、感謝されながら楽しくお金も稼げたら最高ですね!

 

さあ、あなたも早速ワークシートを使って一番読まれているページを直して売れる型を試してみてください。

 

練習すればするほど、どんどん上達していきますよ。

 

この本を知れてよかった!と言ってくれる人がいたら、とってもうれしく思います。